なでのひとりごと

ひとりごとでは無くなっている?

被災地の視察を終えて

2016-12-07 20:33:00 | 外出
山武地区指導農業士会と山武市の共同参画合同の視察を終えて戻りました。
3・11の震災から5年と8か月・・・
被災地をこの目で見たのは初めてでした。
復興と言うにはまだまだほど遠い世界がそこにはありました。

1日目 宮城県山元町のいちご団地とやまもとファームみらい野
津波で肥沃な大地は姿を消し、集約された農地はただ広く耕作する野菜も手探りの状況です。
国の補助を受け町が立ちあがっても現状は追いつけない・・・
施設、設備は良くても労働力が足りない・・・
先のことを考えたら問題は山積みのように感じました。

2日目 福島県富岡町 語り部の方に案内していただきました。
来年春には帰還困難地域を残したまま避難指示が解除になると言います。
道路一本挟んで立ち入りが禁止されている帰還困難地域が存在する場所に何人の人が戻ってくるのでしょう。。。

         
     緑のシートの下には除染で出た物質が・・・遥かかなたまで緑のシートは続いています

          
     太陽光発電に姿を変える田んぼ  ここもただただ広かったです
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いちご狩りを始めます | トップ | 片付けと掃除 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

外出」カテゴリの最新記事