紀州新聞 THE KISYU SIMBUN ONLINE

和歌山県の御坊市と日高郡をカバーする地方紙「紀州新聞」のウェブサイトです。主要記事、バックナンバーなどを紹介。

緊急消防援助隊紀中ブロック中隊訓練、大規模災害想定し連携深める 〈2016年9月27日〉

2016年09月27日 08時30分00秒 | 記事

車両から傷病者を救出する隊員


 県消防長会主催(会長・出口博一和歌山市消防局長)の平成28年度緊急消防援助隊和歌山県大隊紀中ブロック中隊訓練は25日、日高町萩原、(有)ワコー産業敷地内で実施。紀中ブロックの5消防本部が、他府県で発生した大規模災害を想定し、本番さながらの救助救出を行い、消防機関相互の連携を深め、消防力の強化を図った。

 紀中ブロックの、日高広域、御坊市、有田市、有田川町、湯浅広川消防組合の5消防本部から車両11台、42人が参加。各本部の消防長はじめ、県内の消防関係者が見学した。
 想定は、他府県で局地的な短時間大雨で住宅地後背の山が崩れ、同時多発的に大規模な土石流が発生。この土石流で家屋損壊、埋没多数の負傷者を出し、河川も氾濫し、被害は甚大-とした。災害発生後、和歌山県に緊急消防援助隊の派遣要請があり、すぐに緊急消防援助隊県大隊を結成し、被災地へ。同県大隊長から紀中ブロック中隊に救助及び救急活動を実施するよう指示した。
 同時に発生した、損壊家屋、土石埋没車両、土砂埋没の3つ災害現場で、各消防本部が連携し、救助活動にあたった。損壊家屋では、御坊市と有田市消防が倒木や岩盤を排除し、家屋の屋根の部分をチェーンソーであけ、閉じこめられた3人を救出。土石埋没車両には子どもを含む3人が閉じこめられ、日高広域が土石を取り除きながら、車両の掘り起こし、車両の助手席から順に救出した。土砂埋没者の救助には、湯浅広川消防組合、有田川町、日高広域の3消防組合が連携。土砂を掘り、埋没者を救出した。各現場での傷病者の救出時は、プライバシー保護のため、ブルーシートで報道機関などから隠しながら搬送した。各現場での作業が終了すると、次の現場へ応援に駆けつけた。
 訓練終了後、出口会長が「スムーズで迅速。有意義な訓練だった。非常に熱心に取り組んでいただいた。災害では想定どおりにいかないこともある。今後より一層相互の連携を図り、消防力を強化し、一致団結して被害を最小限に抑えていきたい」と講評、日高広域消防本部の山西良一消防長が「緊急消防援助隊の活動も年々、増え、その即応性がますます求められている。災害規模が大きくなればなるほど、強い消防力が必要。今回の訓練を通し、紀中ブロック相互の連携強化を図れたことは、被災地での迅速な人命救助につながると確信している。今後も一致団結して取り組んでいきたい」とあいさつした。


その他の主なニュース

 日高川町でキイジョウロウホトトギスの出荷時期迎える

 秋季近畿地区高校野球で日高が18年ぶり2次予選へ

 糖尿病&メタボ撲滅県民講座、日高地方初の開催に150人

 第11回高齢者健康麻雀大会で玉置雄二さん(日高川町)優勝


第5回舞妃蓮フォトコンテスト入賞作品決まる 〈2016年9月25日〉

2016年09月26日 08時30分00秒 | 記事

鍋島さんの「桃色の匂い」

小松さんの「仲良く一緒に咲こうね」

田中さんの「精霊」

阪口さんの「ファミリー」


 御坊市塩屋町の舞妃蓮(まいひれん)保存会(阪本尚生会長)=塩屋文化協会加盟=主催の第5回舞妃蓮フォトコンテストの入賞作品が決まった。日高地方や県内、大阪市、奈良市から34人75点の応募があり、審査会で最優秀賞(市長賞)1点、特別賞(塩屋文化協会長賞)1点、優秀賞2点、入選3点を選んだ。6月に北塩屋中山団地東のハス池(約820平方メートル)で写真撮影会を開き、日本とアメリカ、古代と現代を結ぶ「御坊生まれの舞妃蓮」をアピールした。
 
 平成20年に「御坊生まれの舞妃蓮を育て名所にしよう」と、北塩屋中山団地近くの休耕田にハス池を作り、毎年、池一面に薄ピンク色の華麗な花を咲かせている。今年も6月に写真撮影会、フォトコンテストを行い、舞妃蓮を作った元日高高校教諭の故・阪本祐二氏=御坊市=の長男・阪本会長をはじめ、地元関係者や専門家らがアングルやバランス、舞妃蓮らしさが表現されているかなどを審査した。
 最優秀賞(市長賞)には鍋島尊道さん(68)=奈良市=の「桃色の匂い」が選ばれた。鍋島さんは昨年、NHKの番組で舞妃蓮のことを知り、初応募したが、時期が遅かったこともあり、今年はシーズンにあわせて来坊。虫との共生をイメージして写した写真が選ばれ「良いタイミングで写せた。選んでいただき、とてもうれしい」と話した。
 今年、新設した特別賞(塩屋文化協会長賞)には小松雅也さん(85)=美浜町和田=の「仲良く一緒に咲こうね」が選ばれた。優秀賞は田中嘉宏さん(60)=紀の川市=の「精霊」、阪口成次さん(67)=御坊市湯川町財部=の「ファミリー」の2作品。入選は田中悦子さん(57)=紀の川市=の「夕映えに舞う」、後呂保治さん(85)=有田市=の「太陽の恵み」、上野山順子さん(71)=同=の「心の絆」の3作品が選ばれた。
 10月に市役所で表彰式を行うほか、市役所1階ロビーで入賞作品を展示する。事務局の平井俊哉さんは「今年もたくさんの応募をいただき、ありがとうございました。夕方、夜に咲くめずらしい舞妃蓮の作品もありました。技術が高く、選考するのがとても難しかった。来年も撮影会、フォトコンテストを継続し、御坊生まれの舞妃蓮をさらにアピールしていきたい」と話した。
 舞妃蓮は昭和41年に故・阪本祐二氏が、故・大賀一郎博士が発見した約2000年前の古代ハス「大賀蓮」とアメリカの黄花ハス「王子蓮」を交配して作り、昭和48年に皇太子ご夫妻(現天皇・皇后両陛下)に献上し、皇居で毎年、華麗な花を咲かせている。阪本氏が「舞」と美智子妃殿下の「妃」から「舞妃蓮」と名付けた。


その他の主なニュース

 魅力発信拠点「御坊寺内町会館」12日 オープニングセレモニー

 県ジュニア美術展立体部門で岡本亜樹さん(御坊小4年)最優秀賞

 日高町シルバー人材センターがのぼり作成、専門部会設置

 JOC陸上県選手団発表、管内男女8選手が代表入り


日高港に大型客船にっぽん丸寄港、園児ら出迎え海の玄関口PR 〈2016年9月24日〉

2016年09月24日 08時30分00秒 | 記事

御坊幼園児がダンスで歓迎

ペンライトを振りお見送り


 大型客船「にっぽん丸」(全長166・6メートル、総トン数2万1903トン)が「世界遺産めぐりと瀬戸内クルーズ」で22日、御坊市の日高港に寄港した。平成25年6月以来3年ぶり6回目の入港。市と市観光協会が日高広域観光振興協議会と連携し、歓迎イベント、お見送りイベントを行い「日高地方の海の玄関口」をアピールした。乗船客約400人は寺内町や道成寺をはじめ白浜、高野山などオプションツアーを楽しんだ。

 4泊5日のクルーズで21日に横浜港を出港、22日午前11時前に日高港に入港した。歓迎セレモニーで柏木市長は「皆さんを歓迎します。メモリアルデーとして良い思い出を作ってください。今後もたびたび訪れていただきたい」とあいさつ。第4代宮子姫の岩崎理沙さん=御坊市薗=、岸本佳緒里さん=日高川町熊野川=が久保滋弘船長、川野恵一郎ゼネラルマネージャー、ツアーを企画実施した日立埠頭(株)日立ポートサービスの寺門達也観光開発室長に花束を贈った。
 柏木市長が入港記念の盾、久保船長が土産品をそれぞれ贈り、谷口卓司市観光協会副会長と龍神康宏市総務部長が芋焼酎「紀州宮子姫」24本と南高梅のジュース300本を贈った。乗船客全員に花のまち(ハマボウ、スターチス、舞妃蓮)御坊祭、日高別院の3枚組を1セットにした「絵はがき」もプレゼント。久保船長は「熱い歓迎、温かいおもてなしを受け、感謝します」と謝辞を述べた。
 御坊幼稚園の年長児12人がダンスで乗船客をもてなし、御坊市の「みーやちゃん」など日高地方、県のゆるキャラも集合し、記念撮影するなど乗船客とふれあった。テントブースでは市観光協会員が物産販売、市や日高広域観光振興協議会が観光PRを行った。乗船客はバス9台に分乗し、寺内町・道成寺・白崎海洋公園をめぐるツアーをはじめ、高野山や白浜などのオプションツアーを楽しんだ。
 午後6時30分の出港にあわせて行ったお見送りイベントでは、パートナーシティ協定を締結している徳島県阿南市から取り寄せたペンライト300個を配布。今夏、阿南市との交流事業に参加した塩屋少年野球クラブをはじめ、家族連れらが参加し、ペンライトを振りながら光のイルミネーションで見送った。
 日高港は大型客船が入港しやすく、紀伊半島中央部の立地条件等から高評価を得ている。市は今年から全国クルーズ活性化会議に入会し、情報収集やポートセールス強化に力を入れており、今後も大型客船の定期入港が期待される。


その他の主なニュース

 10月2日 白崎海洋公園で「元気ゆら!ふるさとフェスティバル」

 由良町で古里見つめ直すゆらづくり部発足

 小学生陸上記録会、上畑真由さん(川辺西6年)800メートルで県新記録

 JA旗学童野球開会式、主将ら3人が宣誓


秋の全国交安運動開幕、初日から街頭啓発に取り組む 〈2016年9月22日〉

2016年09月23日 08時30分00秒 | 記事

日裏町長も参加しドライバーらに安全運転を呼びかける


 秋の全国交通安全運動は21日に開幕。日高地方でも初日に通勤・通学時間帯に合わせて主要幹線道路で関係機関などが街頭啓発を行った。「子どもと高齢者の交通事故防止」を運動の基本に(1)夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故防止(2)全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底(3)飲酒運転の根絶-を重点項目に30日まで実施する。

 印南町では初日の21日、町交通安全運動推進協議会(会長・日裏勝己町長)が古井郵便局交差点と国道42号印南漁港埋め立て地前交差点の2カ所で行い、交通指導員や交通安全協会、御坊署員、学校関係者らが街頭啓発に取り組んだ。古井郵便局交差点の街頭啓発には交通安全協会切目川分会(鈴木正美分会長)の会員や交通指導員ら20人のほか日裏町長も参加し、チラシやばんそうこう、ポケットティッシュの啓発グッズを配布し「安全運転でお願いします」と一声かけながら交通安全を呼びかけた。 

22日  日高川町皆瀬地内でライダーに啓発活動

 21日から始まった秋の全国交通安全運動に伴い、御坊警察署は、22日午前10時から日高川町皆瀬地内でツーリング中のライダーに対する啓発活動を実施する。
 皆瀬地内から高野龍神スカイラインへツーリングに行くライダーを呼び止め、安全運転を呼びかけ、チラシを配布する。
 昨年10月、日高川町串本地内の国道424号で、大型バイクでツーリングをしていた男性が普通乗用車と衝突し、バイクの男性が死亡する事故が発生した。


その他の主なニュース

 台風16号再上陸時に沿岸部で記録的豪雨 時間雨量由良72ミリ、三尾68ミリ

 御坊総合運動公園に新たに幼児ゾーン遊具設置、子育て世代交流の場で来春供用

 学童野球・印南黒潮が逆転勝ちで3年ぶり優勝、県大会へ

 24日 交安功労・優良運転者等表彰式、退任者やポスター入賞者も


御坊市で「敬老の日」式典 模範7人、篤行5人を表彰 〈2016年9月21日〉

2016年09月21日 08時30分00秒 | 記事

柏木市長が模範市民を表彰

園児が元気いっぱいダンスを披露


 御坊市は19日、市民文化会館で「敬老の日」の式典を開き、平成28年度模範市民表彰(市長表彰)7人、敬老篤行者表彰(市社会福祉協議会長表彰)5人に賞状と記念品を贈った。市健康福祉まつりや市社会福祉協議会主催の敬老の日アトラクションも同時開催され、終日にぎわった。

 柏木征夫市長が「平均寿命と健康寿命の差を小さくすることが重要。市民の皆さんの暮らしにつながる政策を実現させるため、責任ある市政運営を続けたい。いつまでもお元気で生涯現役の気概を持って元気に過ごしてください」とあいさつした。来賓の西本和明市議会議長、中村裕一県議も「豊かな地域社会づくりにご尽力下さい」と祝辞を述べた。
 オープニングでしらゆり保育園年長児13人が鼓笛演奏、エンディングで市立4幼稚園年長児65人がダンスを発表し、式典に花を添えたほか、園児から表彰受賞者に「いつまでも元気でいて下さい」とプレゼントが贈られた。
 閉式後、市社協主催のアトラクションを行い「輝け充実世代」をテーマに市民大学「はまぼう学園」の舞踊、コーラス、大正琴、創作ダンス各クラブが日ごろの活動成果を発表したほか、愛徳保育園がダンスと歌、夢屋舞組がよさこい踊りを披露し、観客を楽しませた。


その他の主なニュース

 全日本ジュニアソフトテニス選手権大会U-14で林李々花・畑中望来組(美浜Jr)3位

 日高町小中王子神社で古式ゆかしくお湯祭り、無病息災や五穀豊穣を祈願

 御坊市の自主防災会「至誠会」が防災訓練、購入した発電機使い炊き出し

 台風16号上陸で日高地方も豪雨、山間部で累積200ミリ超える


御坊小学校北校舎有効活用へ耐震補強工事完成 〈2016年9月18日〉

2016年09月20日 08時30分00秒 | 記事

耐震補強工事が終わり、屋外階段も設置


 御坊市が、約1億8千万円を投じた御坊小学校北校舎の耐震補強工事が完成した。津波避難対策で屋外階段を新たに設置し、地域住民が屋上(高さ15メートル、広さ700平方メートル)に避難できるようにした。来秋から御坊医療圏域初のファミリー・サポート・センター(子育て援助活動支援事業)を開設するとともに、南校舎にある学童保育「御坊子どもクラブ」を移転させて定員、対象年齢ともに拡充し、地域での子育て支援の拠点として有効活用する。

 北校舎は鉄筋コンクリート造3階建。昭和40年築で耐震度が低く、一時取り壊しを検討したが、耐震補強工事を行い、子育て支援などで有効活用することにした。すでに耐震補強を終えている南校舎と北校舎をつなぐ東西の渡り廊下棟のうち、東棟は耐震度が極端に低かったため、取り壊して地上部に新しい渡り廊下を設置済み。西棟は北校舎とあわせて耐震補強した。市内小中学校の耐震補強工事はこれですべて完了した。
 津波避難対策で北校舎東側に屋外階段を設置し、災害時はドアを破って屋上まで登れるようにし、屋上には転落防止用の手すり(フェンス)も設置。700人以上が避難でき、高い建物が少ない市街地(旧御坊町内)では貴重な緊急避難場所になる。あわせて校舎、体育館の老朽化した火災報知器やスプリンクラーなど消防設備も改修した。
 施工は耐震補強が(株)谷口組=谷口光代表取締役社長、湯川町財部=で契約額は1億4655万6000円。消防設備改修が伸和電設(株)=谷本宗城代表取締役、湯川町丸山=で契約額は2772万1440円。設計監理が(株)岡本設計御坊事務所=佐藤和夫所長、薗=で契約額は771万9840円。
 今後は、北校舎1階の工作室と工作準備室の2部屋をファミリーサポートセンター、図書室と家庭科室、相談室・宿直室、沸騰室・用務員室の4部屋を学童保育に活用する。約3000万円かけて部屋やトイレの改修、駐車場整備などを行う。ファミリーサポートセンターは6月議会、学童保育は3月議会でそれぞれ設計費を計上済み。29年度当初予算に工事費を計上し、29年の夏休みに工事を行い、29年秋から開設する。
 ファミリー・サポート・センターは、子育てをサポートしてほしい人(利用会員)に、支援できる人(スタッフ会員)を紹介する事業で、保護者のニーズも高い。利用会員とスタッフ会員を募り、サポートセンターが仲介し、地域で子育てを支援する。保育施設や習い事の送迎、残業時のお迎えと預かり、発熱時のお迎えと受診、病児の預かり、ちょっとした息抜き-などの際、有料で利用できる。運営は県内で実績のあるNPO法人に委託する。
 学童保育は現在、南校舎1階で「御坊子どもクラブ」を開設しているが、これを北校舎に移転させる。今は1教室を使い、小学1年~3年44人が利用しているが、定員40人を超えているほか、対象年齢拡充のニーズも多いことから定員を90人に増やし、対象年齢を6年生まで拡充する。4教室を1年用、2~3年用、4~6年用の各保育室、職員室として利用する。


その他の主なニュース

 桃山学院大生が日高川町で貴重な体験

 日高平野に秋の訪れ、彼岸花が開花

 中学硬式野球・紀州由良リトルシニア監督に原政隆さん就任

 青年海外協力隊参加の溝口景子さん(御坊市)を柏木市長激励


御坊市が介護保険料過誤納、人的ミスで謝罪 〈2016年9月17日〉

2016年09月17日 08時30分00秒 | 記事

執行部が議会全協で謝罪し、対応を説明


 御坊市は16日、今年8月分の介護保険料特別徴収(65歳以上で年金から天引きしている人)で人的ミスから過誤納事案があったことを発表した。同日開いた議会全員協議会で経緯や今後の対応、再発防止策を説明。該当者は本来の徴収額より過払いとなった人が301人、本来の徴収額に満たなかった人が242人のあわせて543人にのぼる。301人には過払い分を還付し、242人には満たない分を追加徴収することになり、市は「お詫び申し上げます」と謝罪するとともに再発防止の徹底を約束した。

 介護福祉課の説明では特別徴収の対象者は6600人おり、年間を通じて可能な限り保険料を平準化しようと、昨年から8月徴収分で被保険者の資格確認や保険料額の変更など平準化の作業を行い、変更分に関してはそのデータを日本年金機構に送信。今回は546人について保険料額の変更があったが、変更額のデータが同機構に正しく送信されず、4~6月徴収分の保険料額で徴収したために過誤納が発生した。
 14日に収納担当者が月次業務で納付額に異常があるのに気付き、同機構に問い合わせた結果、変更額が送信されていなかったことが判明。保険料額の変更処理など作業は正しく行われていたが、同機構にデータを送信する作業の中で「変更額対象者の抽出処理」のボタンを押し忘れたことによる人為的なミスが原因であることが分かった。全員協議会で米倉市民福祉部長が「市民の皆様にご心配をおかけし、ご不審を招いたことにお詫び申し上げたい」と謝罪した。
 作業に当たっては「ボタン一つでミスをするとの危機感を持ち、2人一組でチェックしていたが、チェック体制に甘さがあった」とし、再発防止策として「チェックシートをつくり、2人以上で確認するよう徹底したい」とした。
 過払い分は301人で306万4100円、不足分は242人で252万4000円ある。過払いの人への還付金額は一人6000円~2万5000円、満たない人への追加徴収額は一人6000円~2万5900円となり、20日をメドに該当者全員に経緯とお詫び、今後の処理方法を記した文章を送付する。還付対象者は還付口座届出書と返信用封筒を同封する。追加徴収の人への対応は還付金詐欺が危ぐされるため、非公開とした。

還付金詐欺に注意、早期収束を
議会「市役所全体で対応」要望

 全員協議会では、議員から「還付金詐欺が心配だ。短期間で収束させることが最も大事」「責任は当然、介護福祉課にあるが、事後対応は市役所全体でやってもらいたい」「どうしてもヒューマンエラーはついてまわる危険性があり、これを教訓に再発防止の徹底を図ってほしい」との意見があった。
 特に還付金詐欺が心配されることから市は御坊警察署にも情報提供し、協力を要請。介護福祉課は「金融機関のATMまで誘導し、操作するよう求めたりすることは絶対にありません。不審な電話など何かあれば市役所か、御坊警察署に連絡してください」と呼びかけている。西本議長も「議員の皆さんも市民の皆さんに注意を呼びかけてほしい」と求めた。問い合わせは介護福祉課(電話23・5851)へ。


その他の主なニュース

 御坊祭ムード漂い始め、乗り子の稽古も熱が帯びる

 かわべ天文公園で18日まで日本画家・佐々木経二さん来場し個展

 山口和起さん(由良町)らインスタグラムで日高の魅力を世界へ発信しPR

 御坊市消防団塩屋分団が全国操法大会に向け猛練習


2代目「中村相撲道場」スタート、相撲人口を増やし強い御坊復活を 〈2016年9月16日〉

2016年09月16日 08時30分00秒 | 記事

やる気満々のスタッフ。後列右が中村さん、左は林監督


 御坊市の相撲道場「中村道場」が、自営業、中村直樹さん(43)を2代目として再スタートする。相撲人口の裾野を広げるとともに、強い御坊の相撲を取り戻したいと経験者でコーチ陣をそろえて再編。まずは相撲の楽しさを感じてもらえるようにし、将来は大相撲への夢を持つ力士が現れてほしいと期待している。

 直樹さんの父・義嗣さん(67)が28歳の頃に全国大会で優勝した後、若い世代を育成しようと、同道場を35年ほど前に立ち上げた。当時は自宅に相撲場を設けて、道場生のけいこに励み、30年ほど前には全国や近畿レベルの大会で上位を独占するほどの強さを誇り、大相撲へも元小結、和歌乃山や元前頭、大輝煌を輩出。義嗣さんが年齢を重ね、そろそろ後任をと、直樹さんが引き継いだ。
 スタッフは小学校、中学校、高校、大学での経験者や道場OBで構成。監督に林勝也さん(47)、コーチに蛯子諒さん(27)と林洸輔さん(24)を招いて運営をスタートさせる。
 今は自宅に相撲場はないため、御坊市立相撲場を借りて開くことにしており、直樹さんは「昔の厳しいスタイルも大事だが、今の時代にあった環境の良い道場にしたい」と話す。
 道場生がいないため、幼児から中学校まで募集。時間的には調整中で週2回程度開くことにしており、中村さんは「相撲は体力的に力がつくとともに日本の国技で礼儀を重んじるため、子どもの成長にも良い。さまざまな大会への出場も考えたい」。
 林監督は「達成感を感じられるのが相撲の魅力。関心を持って相撲をやってもらえたらうれしい。将来的に強い中村道場を復活できれば」と話した。
 問い合わせは中村直樹さん(携帯電話090・1585・1070)へ。


その他の主なニュース

 10月1日 高級魚クエが味わえる「クエ・フェア」開催、解体ショーなど多彩な催し

 御坊市商連フォトコンテスト、「御坊祭り」テーマに10月7~31日まで作品受け付け

 田中達也日高振興局長らが100歳を迎えるお年寄り宅を訪問、長寿を祝う

 県秋季ミニバスケットボール大会紀陽銀行杯で御坊BBCjr男子優勝


改修後の南山陸上競技場利用、半年で1万人の大台突破 〈2016年9月15日〉

2016年09月15日 08時30分00秒 | 記事

陸上競技やサッカーを中心に半年で1万人以上が利用した
(写真は今春)


 日高川町和佐、南山スポーツ公園陸上競技場の利用者がわずか半年で1万人を超え、リニューアル前の数倍になった。人工芝生化や全天候型舗装などの大規模改修が完了した今年2月下旬から8月末までの半年間で1万1143人が利用。このうち1735人が県外などからの合宿利用者で、合宿を含めて改修前には利用が少なかったサッカーなどを中心に、陸上以外に多種目に広がっている。

 改修完了後、学生の春休みと夏休み中は、関西方面からの合宿利用で連日満杯となり、3月は1462人が利用し、うち569人が合宿。8月も1780人で、合宿は650人の利用で、4割を合宿の利用が占めた。月下旬から夏休みに入った7月の利用者が最も多い2423人で、春休みや大型連休のある4月が2038人、5月も2078人で2000人を突破。月間の利用者数が最も少ない6月でも1147人で1000人を超えている。
 競技別では、陸上競技とサッカーで9割以上を占め、陸上は5040人、サッカーは5172人が利用しており、フィールド内の人工芝生化で、改修前には利用が少なかったサッカーの利用者増加が大きく寄与しているのが分かる。両競技以外では、わかやま国体の競技会場にもなったアーチェリーやグラウンドゴルフなどの利用があった。
 学生の長期休暇などの期間以外の平日は、日高高校陸上部や丹生、大成中など地元学生が利用しているほか、昼間は同公園内に今春開校した和歌山南陵サッカー部の利用。週末には日高地方や県サッカー協会の大会、日高地方陸上競技の大会が開かれたほか、地域総合型の「南山スポーツクラブ」や地元アスリートクラブが週1、2回程度の割合で利用している。
 県内では田辺スポーツパークの陸上競技場が合宿などで人気。施設的には同競技場が優れているが、南山陸上競技場の1日の利用料は半値以下の1万2960円(町内の小中学校は無料、日高地方は半額など)で、利用しやすさも合宿利用の増加につながっていそうだ。すでに来年2月末から春休み期間中にかけて約7割が仮予約で埋まっている状況で、合宿人気は当面続きそうな勢いだ。
 合宿では1団体が平均して3~4日の日程で利用しているほか、普段は地元小中学生などの利用が多く、湯川宗一・町教育長は「スポーツの振興、教育的な面からも効果があると感じる。南山スポーツ公園を拠点に地元小中学生のスポーツ力向上に大いに期待している」と話している。


その他の主なニュース

 SGH認定で日高高生らカナダ研修へ出発

 由良町の新教育長に寒川正美氏、議会で任命同意

 御坊市議会が活性化で12月、15年ぶりにサンデー議会開催へ

 ユース女子ホッケー日本代表入りかけて阪本宝、山口舞両選手(紀央館)最終選考に挑戦


全日本Jr柔道大会で久保井仁菜さん(印南町出身)念願の全国制覇 〈2016年9月14日〉

2016年09月14日 08時30分00秒 | 記事

初の日本一に輝いた久保井仁菜さん


 印南町出身で京都文教高1年、久保井仁菜さん(15)=切目小-松洋中卒=が10日、11日に埼玉県立武道館で開かれたJOCジュニアオリンピック平成28年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会女子44キロ級で優勝を飾った。昨年の全国中学校柔道大会、今年4月の全日本カデ柔道体重別選手権大会ではともに決勝で敗れ涙を飲んでおり、久保井さんは「全国大会で初めて優勝することができてうれしいです」と念願の全国制覇を喜んでいる。

 同大会は全日本柔道連盟主催で、全国10ブロックから選抜された15歳から20歳まで(1996年1月1日~2001年12月31日に生まれた人)の選手が男女16階級で競う。久保井さんが出場の女子44キロ級は19人がトーナメント戦で競った。全中やカデ大会準優勝の成績から第1シードとなった久保井さんは2回戦から出場。初戦の2回戦で中村選手(東京女子体育大3年)を一本背負いと縦四方固めの技あり2本の合わせ技一本勝ちで勢いに乗ると、3回戦の柏葉選手(白鵬女子高2年)には縦四方固め、準決勝の藤崎選手(環太平洋大1年)には崩れ上四方固めと、ともに得意の寝技で一本勝ちを収め、決勝へと駒を進めた。
 決勝は中学3年の伊與久選手と対戦し、肩固めを決め見事な一本勝ちで優勝を決めた。初戦から決勝まですべて一本勝ちでの優勝は、今大会男女16階級で久保井さんだけ。また15歳での優勝は男女通じてこれまでの最年少記録でもあり初優勝に花を添えた。
 久保井さんは「多くの人が応援に来てくれ、そのおかげで最後まで自分の柔道をして勝つことが出来ました。期待に応えることができて本当によかったです」と初優勝を喜ぶとともに「これからは全国のライバルが私の得意な寝技を研究してくるので、勝つのは大変になると思いますが、今以上に精進して夢を実現できるように頑張ります」と意欲を燃やす。応援に会場へ駆けつけた恩師で松洋中教諭の三原史也教諭は「3度目の正直で日本一を勝ち取った。本当によく頑張った。優勝を一つの自信にして48キロ級でも勝てるようさらに上をめざして頑張ってほしい」と話した
 今回の優勝で11月に開催される柔道界で最も権威ある大会とも言われる講道館杯全日本柔道体重別選手権大会への出場がほぼ確定。久保井さんは今回より1階級上となる女子最軽量の48キロ級での出場となる。世界選手権大会の予選を兼ねた大会でもあり活躍を期待したい。


その他の主なニュース

 全国ママさんバレー冬季県予選で美浜クラブ優勝、全国大会へ

 御坊市花火大会実行委員会が会場整備協力で建設業組合に感謝状贈る

 第43回御坊市民総体で湯川が地区対抗3競技V

 森下誠史・美浜町長ら西川整備事業の早期着工を仁坂知事に要望