goo

アサヒビール大山崎山荘美術館


緑の木々に囲まれて坂を上っていきます。緑色に染まりそう。
木漏れ日がライスシャワーのように~(ユーミンの歌詞より)


名古屋ボストン美術館でモネの睡蓮に出会った
その流れで二日後、前々から行きたかった
京都のアサヒビール大山崎山荘美術館
yyさんを誘って出かけました。

本館は大正から昭和初期に建てられたという
イギリスチューダー様式のステキな洋館。
もとは加賀正太郎という関西の実業家の別荘
だったそう。


本館は民芸運動の工芸作品が展示。
河井寛次郎やバーナード・リーチなどの器etc.

新館は安藤忠夫氏設計、円形の地中の美術館。
この美術館が所蔵するモネの睡蓮5点は
日本国内では一番多いそうです。
今回は3点の展示。晩年の作品なので、
タッチが荒く、かえって迫力があります。
(カンディンスキーやジャコメッティの作品も)
※いつか直島の地中美術館へ行きたい…

モディリアーニの「少女の肖像(ユゲット)」
大阪の国立国際美術館「モディリアーニ展」
へ貸し出し中で会えませんでした(残念)

美術館で落ち合ったゲストと共に
本館の2階テラス席でティータイム。
ちょうどその時マダムNからメール。
いまテラスでお茶してるでしょ。
お天気も良さそうね。 …と。 
ひーっ、近くにいるの?見えてるの?(笑)


英国風にティーで。器はミントンですね。ワインケーキと共に

オープンエアのテラスはとても見晴らしが良く
鳥のさえずりも聞こえ、のんびりできます。
京都の三川合流(木津川・宇治川・桂川)が
一望、春は桜並木が素晴らしいそう←ゲスト談

本館の庭にはモネが愛した「睡蓮の池」もあり、
山荘美術館は自然の中に静かにただずんで
います。季節毎に訪れたいところです。

アサヒビール大山崎山荘美術館HP←ここをクリック
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« クロード・モ... 祇園いづ重で »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ジグ)
2008-07-08 02:03:44
いいですね ココ!
私も先日 京都に行って来たのですが
また次回行きたい場所が増えました!!
参考にしていろいろ行ってみます
妹が住んでいるので行きやすいのです
お弁当も買いたかったのですが予約を忘れout
今度はお土産に買って帰りたいです☆
 
 
 
天下分け目のあの天王山をバックに (ks-ij)
2008-07-08 09:51:23
オススメです。ジグさんはきっと気に入られると思います!

テラスでティータイムORビールも(?)オススメ。
テラスから眺める景色が素晴らしいです。
平日の方がのんびりできそうです。

地中の展示室、モネの作品は必ず3~4点は
展示されるそうです。
ここから直島へ続く…ってかんじですね(笑)

山荘は天王山をバックに京都三川合流を眼下に、
とてもステキです。

妹さんが京都在住、ラッキー(!?)ですね(笑)

ぜひ行ってらしてくださいね!
 
 
 
やっと行ってきました! (ジグ)
2009-01-18 23:36:52
先日やっと出かける事が出来ました
ks-ijさんの記事を拝見してからずっと行きたかったんです
思った通りの素敵な場所でした
裏へ回って坂をあがりお寺にも寄って来ました
今度は春に行ってみたいなー
(さすがks-ijさんの記事は写真もキレイでスゴイです!)
 
 
 
民芸も再ブームの兆し (ks-ij)
2009-01-19 10:13:17
ジグさん 行かれたんですね!寒かったでしょう?
でも、空気が冷えていると景色も澄み渡ってきれいでしょうね。
ホント、季節毎に訪れたいところですよね。
春はテラスから三川合流あたりの桜並木がとても美しく見渡せるようです。
※ジグさんのブログ拝見させていただいています。
 コメントを書こうとしたのですが、
 文字化けして書けないのです!???(なんでかな?)
 調べて、またコメントさせていただきますね!
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。