IPO・新興市場株日記

IPOの上場承認・初値分析・セカンダリーまで徹底分析。株価予想ブログは必見。

IPO分析(イノベーション)

2016-12-07 | IPO分析
【事業内容】
(1) オンラインメディア事業
 主に、勤怠管理システムや会計システム等の法人向けIT製品の比較・資料請求サイトである「ITトレンド」と、研修、人事、採用、給与計算など法人向けアウトソーシングサービスの比較・資料請求サイトである 「BIZトレンド」の運営をしております。また、株式会社日経BPが提供するオンラインメディアを中心としたサービスの営業代行を行っております。
 「ITトレンド」及び「BIZトレンド」は、当社の顧客となるIT製品やアウトソーシングサービスの提供企業(以下「掲載企業」という。)にとっては、自社のIT製品やアウトソーシングサービスを掲載することができ、サイトへ来訪するユーザが掲載情報を閲覧することによって認知を得ることができます。また、ユーザからの資料請求によって見込み顧客の社名や氏名等の情報を入手することができます。一方、サイトを閲覧し利用する企業内個人であるユーザにとっては自社の課題に適したIT製品やアウトソーシングサービスを複数の製品や会社から比較検討ができ、その場で資料請求が一括でできるサイトです。
 法人向けIT製品やアウトソーシングサービスを販売している掲載企業にとっては、1件毎の成果報酬課金にて見込み顧客情報を入手することができます。また、検索エンジンでユーザ自ら検索し、商品への問い合わせがなされることに伴い、効率よく見込み顧客情報を入手することが可能となります。また、ユーザにとっては情報が欲しいタイミングで、インターネット上の検索エンジンを通じて自社の課題に適したIT製品を複数の種類から比較検討ができ、その場で資料請求やお問い合わせが一括でできるという点において利便性が高まります。
 また、法人向けのIT製品やアウトソーシングサービス市場においても、クラウド・コンピューティングの普及により、物理的なサーバやネットワーク機器の設定等の専門的な知識を必要としない、より低単価で利便性の高い製品やサービスの活用が広がりを見せてきていることで、専門的な知識を有する人材がいない企業においても利用を検討できる製品やサービスに注目が集まってきております。そのため、掲載企業側においては、より効果的かつ効率的な見込み顧客入手を従来志向しており、一方、ユーザ側においてはインターネットを活用した効率的な情報収集や比較ニーズがあると考えております。こうした背景から、「ITトレンド」は、平成28年10月時点において197サービスカテゴリー、391社、1,395製品の掲載があり、「BIZトレンド」は、62サービスカテゴリー、131社、290サービスの掲載があり、各サイトへの訪問者数(延べ人数)も順調に増加を続けております。

(2) セールスクラウド事業
 法人営業に特化したマーケティングオートメーションツールである「List Finder」の提供、オンライン商談システム「bellFaceの代理販売、及びこれらを基軸としたWebサイトへの集客施策等に関するコンサルティングサービスを提供しております。
 「List Finder」の導入企業は、自社のWebサイトへの閲覧状況を把握した上で適切なタイミングで営業活動を行うことが可能になると考えております。適切なタイミングになるまでは、「List Finder」を通じてメール配信によって情報提供を継続することで見込み顧客を顧客へと育成する活動に役立たせることが可能になると考えております。
 これらの「List Finder」の機能により、導入企業の営業担当者は、自社のWebサイトを閲覧している企業や過去に名刺交換や自社セミナーに参加した企業内個人が、自社のWebサイトのどのページを閲覧しているのかといった企業や企業内個人の自社のWebサイトにおける行動履歴を把握することができるため、見込み顧客情報の入手活動や見込み顧客の育成活動、アップセルやクロスセルといった法人営業活動の効率化に役立たせることが可能になると考えております。また、見込み顧客である企業や企業内個人の自社のWebサイトにおける行動履歴を組織的に把握した上で営業活動を行うことが可能になると考えております。
 「List Finder」は、平成28年10月時点において500アカウント以上の契約があり、法人営業に特化した機能に絞込み、サービス力とコンサルティングサービスも含めた製販一体の体制によるサポート力、及び当社のクライアント基盤を背景に順調に増加しております。

(3) マーケティング代行事業
 営業活動におけるアポイントメント獲得を電話を活用して代行するテレマーケティングとGoogle及びYahoo! Japan等の検索エンジン連動型のインターネット広告の出稿管理を代行するリスティング広告及びWeb制作等の代行サービスを行っておりました。本事業は、オンラインメディア事業とセールスクラウド事業に注力するため、テレマーケティング代行サービスについては平成27年3月に撤退し、リスティング広告代行サービスについては平成27年12月に譲渡しております。

【業績等】
    (百万円) 売上高 営業利益 経常利益 純利益
(単独実績)2015.3 1,564 46 44 6
(単独実績)2016.3 1,303 3 4 13
(単独予想)2017.3 1,164 140 160 121
(単独中間実績)2017.3 601 92 126 83
          EPS  BPS  配当
(単独予想 )2017.3 163.30 827.75  - 

PER:16.9
PBR:3.3
配当利回り:
公募時吸い上げ資金:6.3億(OA含む)
公募時時価:23億

上場時発行済み株数 852,600株 (別に潜在株式146,100株)
公開株数 228,300株(公募153,600株、売り出し45,000株、オーバーアロットメント29,700株)


【株主構成】
富田 直人 代表取締役社長 497,000 58.81
(株)NTI 役員らが議決権の過半数を所有する会社 100,000 11.83
(株)日経BP 特別利害関係者など 70,000 8.28
岸本 真行 取締役 45,000 5.32
(株)リンクアンドモチベーション 特別利害関係者など 21,000 2.48
遠藤 俊一 取締役 20,000 2.37
長谷川 正和 取締役 10,000 1.18
関口 陽一 従業員 8,000 0.95
斉藤 和馬 従業員 7,000 0.83
宮村 佳祐 従業員 7,000 0.83
川上 明 従業員 7,000 0.83
安部 弘樹 従業員 7,000 0.83
内田 雅人 従業員 7,000 0.83
沢田 統吉 従業員 7,000 0.83
山北 正晃 従業員 7,000 0.83

 本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、貸株人かつ売出人である富田直人、売出人である岸本真行、当社株主かつ当社役員である遠藤俊一、当社株主である株式会社NTI、イノベーション社員持株会、関口陽一及び鈴木陽三、当社新株予約権者かつ当社役員である長谷川正和、並びに当社新株予約権者である齊藤和馬、宮村佳祐、川上明、新田克也及び前山奈津子は、SMBC日興証券株式会社(主幹事会社)に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の平成29年6月18日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等を行わない旨を約束しております。
 また、当社は、主幹事会社との間で、ロックアップ期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、当社普通株式及び当社普通株式を取得する権利あるいは義務を有する有価証券の発行又は売却(本第三者割当増資に係る新株式発行並びに株式分割及びストック・オプション等に関わる発行を除く。)を行わないことに合意しております。
 なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社は、その裁量で当該合意内容の一部若しくは全部につき解除し、又はその制限期間を短縮する権限を有しております。


【私見】
 業種としては特段目新しものではないのですが、クラウド関連で人気化が予想されます。業績も大きく伸びているわけでもなく、今後も大きな成長とまでは期待できませんが、PERは高くはないので上値は十分あると思います。さらに、VCが存在せず、吸収金額も小さいので初値で人気になることが予想されます。

仮条件上限:2770円
初値予想:7500円
ブック申し込み度・・・強気
セカンダリー期待度・・・中立
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« IPO分析(フォーライフ) | トップ | IPO分析(エイトレッド) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

IPO分析」カテゴリの最新記事