IPO・新興市場株日記

IPOの上場承認・初値分析・セカンダリーまで分析。

IPO分析(ユニフォームネクスト)

2017-06-28 | IPO分析
【事業内容】
 当社は、「ユニフォームを使用するお客様に最高の満足を提供する」を経営理念とし、国内の事業者を中心とした顧客に、仕事場で使用するための業務用ユニフォームを販売する事業を行っております。
 ユニフォーム業界においては、従前より、メーカーから委託を受けた販売代理店による販売形態が主流でありました。全国各地に点在する販売代理店の多くは訪問・来店形態での販売を各商圏において行っておりますが、労働集約的な事業形態であったため、購買金額が大きく、販売代理店にとって採算性の高い顧客はきめ細やかなサービスを享受する一方、購買金額が小さい顧客においては、必ずしも十分なサービスが提供されていない可能性があると当社は考えておりました。
 当社は、設立以来、販売代理店として、本社所在地である福井県内の顧客に対し訪問・来店による対面販売を行ってまいりましたが、上記のサービス環境をインターネット通信販売により改善することが可能であると考え、平成20年10月に自社サイトを開設し、以来、中小規模事業者(含む個人事業主)を主要顧客層として、全国販売のビジネスモデルを展開しております。
 当社における営業形態は、通信販売を主とし、インターネット、ファクシミリ及び電話等により受注を行うとともに、インターネット広告、カタログの郵送、電子メール等によりマーケティングを実施し、新規獲得、追加販売に努めております。平成28年12月期において、インターネット通信販売の全体売上に占める割合は9割超となっております。また、福井県内の顧客に対して、訪問方式での営業も継続して行っております。
 当社のインターネット通信販売は、飲食店・医療機関向けユニフォームを販売するサービス部門及び作業服・事務服を中心に販売するオフィスワーク部門から構成され、国内のメーカーから仕入れた製品を取扱商品群毎に設定された各販売サイトにおいて販売しております。
 主な販売サイトの取扱商品は下記表記載の通りであり、平成29年3月末現在における取扱商品数は約47万点となっております。

[ビジネスモデルの特徴]
・対象顧客層の絞込み
 商品をインターネットで販売する利点として、全国の潜在顧客に対し、豊富な品揃えを低コストで一律に提供できる点が挙げられます。
 上記利点は、訪問型のアプローチでは、費用対効果等の阻害要因により必ずしも十分な訴求が出来ていなかった中小規模事業者(含む個人事業主)において、より効果を発揮すると、当社は考えております。
 従って、当社は、インターネット通信販売における主たる対象顧客層を、全国の中小規模事業者(含む個人事業主)とし、当該顧客層の購買選択肢を増やし、購入後のサポート品質を高めることにより、顧客満足度の向上及び顧客基盤の拡大に努めております。

・自社スタッフによるサービスの差別化
 ユニフォームは、日々の仕事で使用されるものであるため、色、形状に加え、耐久性、保温性、透湿性、速乾性、ストレッチ性等、機能面での違いが継続使用時の快適性に影響を及ぼします。
 このため、商品の購入に際しては、色、形状に加え、機能性の観点から、使用する環境に即した適切な提案が求められます。
 当社は、インターネットを主たる販売チャネルとしており、自社サイトにおいて見やすいサイトレイアウトの構築、品揃えの充実及び利便性の高いユーザーインターフェースの提供といった、インターネット通信販売全般に通ずる共通課題に取り組んでおります。また、サイト掲載商品についての適切な機能特性の説明記載並びに自社スタッフによる電話サポート体制を整え、商品詳細情報の問合わせ対応、欠品時の代替商品の提案、販売後のアフターケア等の商品購入時及び商品購入後におけるサポートサービスの提供等、ユニフォーム独自の商材特性に関連する付加価値の提供に取り組むことが、顧客満足度向上に資すると考えております。
 このため、当社は、訪問販売を通じて培われた現場環境及び商品特性に関する知見に基づき、接客、サイト制作及び販促資料作成等に携わるスタッフを、自社にて採用・育成し、顧客ニーズに応じた、適切な接客、サイト制作、販促活動に取り組む体制を維持・拡大することで、他社との差別化を図っております。

・物流及び流通加工の迅速な対応
 ユニフォームは、顧客の仕事場で継続的に使用され、従業員の新規採用時や現在使用されている作業服等の損耗時に追加需要が発生します。また、初回導入時に社名・ロゴなどの刺繍・プリント加工が施されている場合は、追加注文時においても同様の加工が必要です。
 当社は、物流の一部を外部業者に委託しており、また、繁忙期において流通加工の点数が自社稼働能力の上限を上回ることが見込まれる場合などには外部加工業者に対し一部商品の加工を委託しておりますが、委託に際しては、自社施設との物理的な距離に加え、サービス品質、対応の早さ等を確認し、加工過程を含めた納期、サービス品質を損ねることの無いよう努めております。
 また、物流及び流通加工の内製化比率を一定以上に維持し、受注から納品までのリードタイム、流通加工を含むサービス品質の面で、迅速かつきめ細やかなサービスを提供することにより、他社との差別化を図っております。



【業績等】
     売上高 営業利益 経常利益 純利益
2015.12 2,552 280 282 192
2016.12 2,934 313 314 218
2017.12 3,386 325 325 201
1Q 701 32 33 21
EPS BPS※ 配当
2017.12 186.66 1,186.96 20

上場時発行済み株数 1,208,581株 (別に潜在株式45,800株)
公開株数 230,000株(公募200,000株、オーバーアロットメント30,000株)

PER:15.0
PBR:2.4
配当利回り:0.7%
公募時吸い上げ資金:6.4億(OA含む)
公募時時価:34億


【株主構成】
主幹事証券 野村 - -
引受証券 みずほ - -
引受証券 大和 - -
引受証券 SMBC日興 - -
引受証券 SBI - -
引受証券 岡三 - -

ディマウス(合) 役員らが議決権の過半数を所有する会社 340,000 32.25
横井 康孝 代表取締役社長 318,000 30.16
ジャフコSV4共有投資組合 ベンチャーキャピタル(ファンド) 73,781 7.00
横井 亜希子 代表取締役社長の配偶者 66,000 6.26
横井 孝志 代表取締役社長の血族 56,000 5.31
横井 勇神 代表取締役社長の血族 46,000 4.36
横井 杜王 代表取締役社長の血族 46,000 4.36
前田 和彦 常務取締役 22,000 2.09
塚田 久治 取締役 20,000 1.90
社員持ち株会 特別利害関係者など 19,200 1.82
岩田 百志 取締役 12,000 1.14
ゲンキー(株) 特別利害関係者など 12,000 1.14


本募集に関連して、貸株人である横井康孝並びに当社株主であるディマウス合同会社、横井亜希子、横井孝志、横井勇神、横井杜王、前田和彦、塚田久治、岩田百志及び鷲田久美子は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成29年10月16日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びグリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること等は除く。)を行わない旨合意しております。
 当社の株主であるユニフォームネクスト社員持株会は、主幹事会社に対して、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成30年1月14日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等を行わない旨合意しております。
 また、当社株主であるジャフコSV4共有投資事業有限責任組合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成29年10月16日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、その売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う売却等は除く。)を行わない旨合意しております。
 加えて、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成30年1月14日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社株式に転換若しくは交換される有価証券の発行又は当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行等(ただし、本募集、株式分割及びストックオプションとしての新株予約権の発行等を除く。)を行わない旨合意しております。
 なお、上記のいずれの場合であっても、主幹事会社はその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除できる権限を有しております。


【私見】
 業種としては一見地味ですが、ユニフォームに特化し、ネット販売ということで参入障壁は高くありませんが類似業種はないので悪くはないと思います。問題は、業績で、直近の利益の伸びが大きくないので、成長性に関しては小さいと思います。PERは低めの水準で、需給も良いので初値段階で人気になる可能性は高いと思いますが、地方のユニークなビジネスモデルの会社なので、安ければセカンダリーも考えたい銘柄です。


仮条件上限:2800円
初値予想:6800円
ブック申し込み度・・・強気
セカンダリー期待度・・・中立
総合評価3.5

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« IPO分析(ソウルドアウト) | トップ | IPO分析(ジェイ・エス・... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
セカンダリー (りょう)
2017-07-20 00:21:22
管理人さんの予想した初値くらいで付きそうですね。5000円代で付いたら、面白いと思いましたが。様子見です。
Re:セカンダリー (こた)
2017-07-20 08:10:45
品薄なので売りが少ないですからね。
マネーゲームはあるかもしれませんが、私もパスですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

IPO分析」カテゴリの最新記事