IPO・新興市場株日記

IPOの上場承認・初値分析・セカンダリーまで徹底分析。株価予想ブログは必見。

IPO初値予想

2016-12-31 | IPO初値予想
 
          公募(想定)   予想     注目度    初値
2/24 はてな    800円  2200円 3.5 3025円
3/02 バリューゴルフ 1280円 3000円 3.5 3215円
3/03 中本パックス 1470円 1400円 2.5 1480円
3/04 ヨシムラ・フード・ホールディングス880円 1600円 3.5 1320円
3/09 ブラス 4370円 4500円 3 4650円
3/11 フィット 1890円 1800円 2.5 1741円
3/14 LITALICO 1000円 1300円 3.5 1880円
3/15 富士ソフトサービスビューロ 890円 950円 2.5 1010円
3/15 ユー・エム・シー・エレクトロニクス 3100円 2800円 2.5 2480円
3/15 富山第一銀行 470円 500円 2.5 500円
3/16 昭栄薬品 1350円 1400円 3 2001円
3/17 アカツキ 1930円 1850円 3 1775円
3/18 ヒロセ通商 830円 1000円 3 830円
3/18 アイドママーケティングコミュニケーション 1440円 1500円 3
3/18 フェニックスバイオ 2400円 2700円 3 1230円
3/18 グローバルグループ 2000円 2000円 3 3200円
3/18 アグレ都市デザイン1730円 2000円 2.5 3505円
3/18 イワキ 2000円 2000円 2.5 2050円
3/22 チエル 810円 900円 3 2151円
3/24 ベネフィットジャパン 1980円 2700円 3.5 3310円
3/24 ウイルプラスホールディングス1880円 1880円 2.5 1729円
3/31 エボラブルアジア 1800円 2600円 3.5 2670円
3/31 PR TIMES 1340円 1500円 3 2130円
4/05 ハイアス・アンド・カンパニー 950円 2200円 3.5 2750円
4/08 丸八ホールディングス 680円 700円 2.5 757円
4/15 エディア 1630円 5000円 3.5 3165円
4/19 グローバルウェイ 2960円 11000円 4 14000円
4/21 ジャパンミート 1010円 1050円 3 1040円
6/15 ホープ 1400円 3500円 3.5 3220円
6/15 アトラエ 5400円 14000円 4 12720円
6/16 農業総合研究所 1050円 3000円 3.5 1870円
6/17 やまみ 1690円 1750円 3 1751円
6/21 AWSホールディングス 2490円 12000円 4 8350円
6/21 ストライク 3440円 7500円 4 7770円
6/22 ジェイリース 3100円 3800円 3 4170円
6/23 バーチャレクス・コンサルティング 1090円 1600円 3.5 1235円
6/27 キャリア 1950円 4500円 4 3870円
6/28 ベガコーポレーション 1600円 3500円 3.5 2000円
6/29 ソラスト 1400円 1350円 2.5 1222円
6/29 コメダホールディングス 1960円 1960円 3 1932円
7/01 セラク 1500円 2300円 3.5 3900円
7/15 LINE 3300円 3600円 3.5
7/21 デュアルタップ 1100円 2500円 3
7/21 インソース 520円 750円 3
7/28 リファインバース 1700円 2400円 3.5
8/31 デファクトスタンダード 1630円 2700円 3
9/02 ベイカレント・コンサルティング 2360円 2200円 2.5
9/14 デジタルアイデンティティ 1540円 2000円~3500円 3.5
9/14 カナミックネットワーク 2760円 3500円~6500円 3.5
9/14 串カツ田中 3610円 4000円~5000円 3
9/16 ノムラシステムコーポレーション920円 1300円~2300円 3
9/26 バリューデザイン 1860円 2500円~6000円 4
9/27 チェンジ 1150円 2000円~6000円 4
9/27 シルバーエッグ・テクノロジー 850円 1200円~2500円 3.5
9/29 シンクロ・フード 1960円 2500円~4000円 3.5
9/30 G-FACTORY 3080円 3500円~4600円 3.5
9/30 オークネット 1500円 1300円~2000円 3





当選銘柄・・・ラサールロジポート投資法人、フェニックスバイオ、ベネフィットジャパン、エディア、スターアジア不動産投資法人、タカラレーベン・インフラ投資法人、アトラエ、AWSホールディングス、キャリア、デュアルタップ、LINE、三井不動産ロジスティクスパーク投資法人


 
↓ネットショッピング
アマゾン
amazon


ヤフー


楽天




↓以下、管理人が使っているIPO獲得目的に使っている証券会社・銀行。
<IPO目的>
マネックス証券

SBI証券

楽天

カブコム
カブドットコム証券
コメント (38)
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(オークネット)

2016-08-26 | 上場承認
9/30 オークネット 3964 情報・通信業 東証 野村證券
事業内容:インターネットを利用したオークションの主催および運営等の情報流通支援サービス事業
公開株数合計:6,320,000(95億)
公募株数:4,000,000 売出株数:2,320,000
発行済み株数⇒31,069,000 (466億)
ブックビルディング9/12~9/16
引受証券会社名 野村證券 みずほ証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 エース証券 いちよし証券 マネックス証券
想定価格:1500円 予想レンジ1300円~2000円 期待度3
業績は良いのですが、業種と規模の大きさからやや厳しいでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(G-FACTORY)

2016-08-26 | 上場承認
9/30 G-FACTORY 3474 不動産業 マザ SMBC日興証券
事業内容:飲食店等の店舗型サービスを展開する企業への経営サポートと飲食店「名代 宇奈とと」の運営
公開株数合計:219,000(6.7億)
公募株数:150,000 売出株数:69,000
発行済み株数⇒1,270,000(39億)
ブックビルディング9/13~9/20
引受証券会社 SMBC日興証券 いちよし証券 岩井コスモ証券 エース証券 SBI証券
想定価格:3080円 予想レンジ3500円~4600円 期待度3.5
小型で特化している点は良いのですが、VCの1.5倍のラインまででしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(シンクロ・フード)

2016-08-26 | 上場承認
9/29 シンクロ・フード 3963 情報・通信業 マザ 野村證券
事業内容:主力サイトである「飲食店.COM」を中心とした飲食店出店・開業者及び飲食店運営者と、飲食店に関わる各事業者とを繋ぐメディアプラットフォームの運営
公開株数合計:700,000(13.7億)
公募株数:400,000 売出株数:300,000
発行済み株数⇒2,800,000(55億)
ブックビルディング9/09~9/15
想定価格:1960円 予想レンジ2500円~4000円 期待度3.5
業績と需給は良いので適度な人気にはなると思いますが、急成長する分野ではないでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(シルバーエッグ・テクノロジー)

2016-08-23 | 上場承認
9/27 シルバーエッグ・テクノロジー 3961 情報・通信業 マザ 大和証券
事業内容:AI(人工知能)技術をベースにしたウェブマーケティングサービス
公開株数合計:520,000(4.4億)
公募株数:320,000 売出株数:200,000
発行済み株数:2,732,900(23億)
ブックビルディング9/08~9/14
引受証券会社 大和証券 みずほ証券 SBI証券
想定価格:850円 予想レンジ1200円~2500円 期待度3.5
AI関連としての面白さはあるものの、やや飽きられた感のある業種がどう影響するか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(チェンジ)

2016-08-23 | 上場承認
9/27 チェンジ 3962 情報・通信業 マザ SBI証券
事業内容:モビリティ、IoTビッグデータ、クラウド、セキュリティなどのテクノロジーを活用したサービス及びIT人材育成のための研修の提供(NEW-ITトランスフォーメーション事業)
公開株数合計:490,000 (5.6億)
公募株数:280,000 売出株数:210,000
発行済み株数:3,160,000(36億)
ブックビルディング9/07~9/13
引受証券会社  SBI証券 マネックス証券 みずほ証券 SMBC日興証券 エース証券 藍澤證券 SMBCフレンド証券 極東証券 東海東京証券 東洋証券
想定価格:1150円 予想レンジ2000円~6000円 期待度4
やや分かりにくいが、IoT・フィンティック関連としてテーマ性があり短期では面白そうな銘柄。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(バリューデザイン)

2016-08-23 | 上場承認
09/26 バリューデザイン 3960 情報・通信業 マザ SMBC日興証券
事業内容:サーバー管理型プリペイドカード、ギフトカードシステムの提供及び関連する機器、カード等の販売
公開株数合計:293,000(5.5億)
公募株数:268,000 売出株数:25,000
発行済み株数:1,408,600(26億)
ブックビルディング9/07~9/13
引受証券会社 SMBC日興証券 みずほ証券 SBI証券 エイチ・エス証券 東洋証券 岡三証券 いちよし証券 岩井コスモ証券
想定価格:1860円 予想レンジ2500円~6000円 期待度4
業種妙味があり、小型で割高感はないので人気化するでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(ノムラシステムコーポレーション)

2016-08-16 | 上場承認
09/16 ノムラシステムコーポレーション 3940 情報・通信業 JQS みずほ証券
事業内容;SAP ERPの導入コンサルティング及び保守サービス等のERPソリューション事業
公開株数合計:476,500(4.4億)
公募株数:342,000 売出株数:134,500
発行済み株数⇒1,774,500(16億)
ブックビルディング8/30~9/05
引受証券会社 みずほ証券 SMBC日興証券 いちよし証券 SBI証券 岡三証券 エース証券 岩井コスモ証券 マネックス証券
想定価格:920円 予想レンジ1300円~2300円 期待度3
小型で需給は良いものの、JQで業種の新規性がないので初値以外はそれほど人気とならないでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

IPO分析(ベイカレント・コンサルティング)

2016-08-16 | IPO分析
【事業内容】
 企業の経営・業務・ITに関する知見を有するコンサルタントを擁し、幅広い業界に渡って企業の戦略立案から課題解決・実行までをワンストップで提供することで、企業価値の最大化を支援する総合コンサルティングファームです。支援するクライアントの多くは各業界の大手企業であるため、抱えている課題は多岐に渡りますが、プロフェッショナルな意識を持った1人1人のコンサルタントが、最大限の顧客満足を得られるサービスを提供することを心掛けております。クライアントの抱えている課題や要望に応じたプロジェクトチームを適宜編成し、カスタマイズしたサービスをクライアントに提供することで、その対価として報酬を受取っております。
 戦略・ビジネスプロセスコンサルティング及びITコンサルティングのサービスは、クライアントに成果物を引き渡した時点、又は契約期間に基づく期間における役務提供を完了した時点で収益を獲得しております。システムインテグレーションのサービスは、クライアントに成果物を引き渡した時点、又は取引の進捗度を報告期間の末日において信頼性をもって測定した時点で収益を獲得しております。
 当社は、コンサルティング事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載はしておりませんが、主たるサービス内容の特徴を整理すると以下のとおりであります。

(1)戦略・ビジネスプロセスコンサルティング
 トップマネジメントの意思決定サポートや経営企画部門の課題を解決するため各種支援を行います。具体的には、経営戦略・事業戦略立案、マーケティング戦略立案、新規事業立上げ、M&Aに係るPMI、中期経営計画策定、組織改革、ビジネスプロセス変革、事業継続計画策定、コスト削減等のサービスを提供しております。
(2)ITコンサルティング
 事業戦略を実行する各業界の大手クライアントの事業部門や情報システム部門に対して、情報システムの導入検討から企画設計、導入までの支援を行います。具体的には、IT戦略立案、システム化推進の構想策定、ITデューデリジェンス、ITガバナンス策定、RFP作成、要件定義等のサービスを提供しております。
(3)システムインテグレーション
 当社コンサルタントの有する技術力を活かし、情報システムの開発フェーズから保守運用フェーズまでのシステムインテグレーション領域の各種支援を行います。具体的には、システム基本設計・詳細設計、ソフトウエア開発、ソフトウエア導入、インフラ構築、保守運用等のサービスを提供しております。
 また、上記(1)-(3)のサービス内容に捉われず、国内企業の海外進出、あるいは外資系企業の日本進出、及びその後のグローバルマネジメントを支援する「海外関連コンサルティングサービス」も提供しております。
 なお、当社のコンサルティング事業の特徴は以下のとおりであります。
(総合性)
 経営戦略策定から業務推進、IT実装まで、業界内外での様々なスキル・経験を持ったコンサルタントを有しており、戦略・計画立案からその実行までを包括したサービスを提供することができます。それにより短期・案件ごとのプロジェクトで終わることなく、継続的なサービス提供へと繋げることで安定した収益を獲得するよう努めております。また、約1,000名の多様なスキルを持った当社コンサルタントによる柔軟なプロジェクトチームを編成することにより、幅広い業界の多様なテーマに対して支援できる体制の構築を心掛けております。
(柔軟性)
 特定の企業や系列グループに所属していない国内独立系コンサルティングファームであることから、クライアントのニーズや時勢の変化に応じた柔軟な意思決定を強みとしており、受注可能なプロジェクト規模、ITベンダー・機器の選定等、ビジネス上の各種制約等はありません。また、日々変わる経営環境や経営課題に対して、適宜コンサルティング内容を変更しながら、柔軟な支援が可能となっております。
(効率性)
 当社コンサルタントをクライアントの業界やサービス領域で区分しないことでプロジェクトチームを柔軟に編成できるよう心掛けております。こうした試みを通じて、クライアントが求めるニーズと人材をマッチングすることで最大限に効率性を高めるよう努めております。
 また、一般的なコンサルティングファームの上位職のコンサルタントは、営業活動の責任を負うとされますが、当社では営業活動を行う専門のチームを有しております。それにより当社コンサルタントはサービス提供と品質の維持向上に専念し、営業担当は営業活動に集中することによって、高いサービスの品質を追求しつつ、提案活動から受注・プロジェクト開始までのリードタイムを最小限に抑えることで、経営効率を高めることが可能と考えております。
(協働性)
 クライアントの想いとコンサルタントの知見による双方向の「共同検討スタイル」でサービスを提供します。これにより、一方向型でかつ、従来型のベストプラクティスに基づく、「美しいが実効性に欠ける」コンサルティングではなく、「実現可能で、クライアントの経営陣の期待に応え、担当者の納得度の高い」コンサルティングサービスの提供が可能と考えております。また、クライアントにおける実行・推進上のボトルネックに対して、必要なスキルを持った当社コンサルタントが適宜常駐し、クライアントと協働することで単なる課題抽出や打ち手策定などのコンサルティングを超えるプロジェクトを集中的に推進しております。
(収益性)
 ビジネスの最上流工程である戦略決定に関する支援から、IT実装・運用支援といった長期的な実行支援まで一連のサービスを提供できることを特徴としております。それにより、ITコンサルティングにおけるIT実装サービスやシステムインテグレーションにおける運用支援サービスを提供することで長期安定的な収益を得ながら、当社のサービスを評価したクライアントに対して、戦略・ビジネスプロセスコンサルティングにおける高付加価値な戦略決定に関する支援サービスを提供することで収益性を高められると考えております。同様に、戦略・ビジネスプロセスコンサルティングにおけるサービスを評価したクライアントに対して、ITコンサルティングやシステムインテグレーションにおけるIT実装・運用支援サービスを提供することで安定的な収益を継続することができると考えております。
 また、当社は、独立系コンサルティングファームであることから、外資系コンサルティングファームのような海外本社へのロイヤリティや親会社への負担金等の支払が無いことや、独自の社内オペレーションによる固定費圧縮により、収益性の向上を図っております。
 

【業績等】
     売上高  営業利益 経常利益 純利益
2015.2 5,564   1,155   627  372
2016.2 15,833  3,215  2,581 1,550
2017.2 18,282  4,045  3,915 2,507
1Q    4,328   916   876 584
     EPS  BPS  配当
2017.2 162.32  815.99  -

上場時発行済み株数 15,470,000株 (別に潜在株式580,660株)
公開株数 13,489,900株(公募50,000株、売り出し11,680,400株、オーバーアロットメント1,759,500株)

PER:14.5
PBR:2.9
配当利回り:
公募時吸い上げ資金:342億(OA含む)
公募時時価:365億

【株主構成】
江口 新 旧会社の創業者 5,140,000 32.12
Sunrise Capital II,LP ベンチャーキャピタル(ファンド) 3,332,720 20.83
Sunrise Capital II(Non-US),LP ベンチャーキャピタル(ファンド) 2,967,600 18.55
EHRS LP ベンチャーキャピタル(ファンド) 1,720,000 10.75
(株)R-ファンド ベンチャーキャピタル(ファンド) 1,400,000 8.75
Sunrise Capital II(JPY),LP ベンチャーキャピタル(ファンド) 599,680 3.75
萩平 和巳 代表取締役社長 383,520 2.40
池平 謙太郎 取締役 61,740 0.39
阿部 義之 取締役 49,400 0.31
小塚 裕史 取締役 49,400 0.31
中村 公亮 取締役 49,400 0.31

 本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である江口新、Sunrise Capital Ⅱ, L.P.、Sunrise Capital Ⅱ(Non-U.S.),L.P.、株式会社R-ファンド及びSunrise Capital Ⅱ(JPY),L.P.は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の2016年11月30日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う売却等は除く。)は行わない旨合意しております。
 また、当社の株主である萩平和巳並びに新株予約権者である池平謙太郎、阿部義之、小塚裕史、中村公亮、関口諭、北風大輔、金山豊、三浦大地、山際龍太、髙橋友紀、中林裕樹及び島田伊織は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の2016年11月30日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等を行わない旨合意しております。
 加えて、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の2017年2月28日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社株式に転換若しくは交換される有価証券の発行または当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行(ただし、本募集、株式分割及びストックオプションとしての新株予約権の発行等を除く。)等を行わない旨合意しております。
 なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間中であってもその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除できる権限を有しております。

【私見】
 業績の伸びは著しいものがあり評価出来ますが、コンサル業種で吸収金額の大きさとVCの多さで投資意欲がなくなります。GCAの時のようなM&Aの助言等の初物感があれば別ですが、大きな特徴があるわけではないので初値・セカンダリー共に厳しいと思います。


仮条件上限:2360円
初値予想:2200円
ブック申し込み度・・・弱気
セカンダリー期待度・・・弱気
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

IPO分析(デファクトスタンダード)

2016-08-15 | IPO分析
【事業内容】
 リユース品の買取及び販売のための路面店舗を設けず、買取は自社サイト等における受付及び宅配便の利用により、販売は自社または他社が運営するオークション・ECサイトを通じた事業展開を行っており、インターネットを活用した非対面によるサービスであることに特徴があります。
(1)商品仕入(宅配買取)について
 ユース品買取のための自社店舗等を保有せず、個人を主たる対象として、インターネットを活用した宅配便利用によるリユース品買取(宅配買取)に特化したサービスを展開しております。
 リユース品買取については、当社が運営するリユース・ブランド、ファッション買取専門サイト「ブランディア」を中心として実施しており、ユーザーが同サイトに直接アクセスし申込みを行うことにより買取を行っております(自社型)。同サイトにおいては、リスティング広告、アフィリエイト広告及びSEO(検索エンジンへの最適化:Search Engine Optimization)等を中心として集客拡大を図っております。また、自社による集客を補完するため、会員等の各種ユーザーを抱えるパートナー企業との提携による買取斡旋等も行っております(提携型)。近年においては、テレビCM等を中心としたマス広告等も展開し、当社の認知度向上及び宅配買取の更なる利用者拡大を図っております。

(2)商品販売について
(ネット専業リユース事業)
 ネット専業リユース事業のリユース品販売においては、当社主力販路であるヤフー株式会社が提供するインターネットオークション「ヤフオク!」をはじめとして、当社が運営する「ブランディアオークション」、楽天市場(株式会社楽天)、eBay等のオークション・ECサイト等の複数チャネルに同時出品を行っております。
 当社が買い取ったリユース品は買取の過程で全てデータベース化され、個品管理番号が付与されております。これら商品は、買取後、写真撮影・コンディションに関する詳細情報等の説明文作成・採寸(以上をまとめて以下、「出品作業」という)を実施した上で、各販売サイトに出品されます。出品商品は、自社システム(DeCoシステム=DefactostandardCoreSystem)において、各販売サイトの運営事業者より提供されるAPI(Application Programming Interface)等を活用したシステム連携を図ることにより、各販売サイトへの常時約20~30万点の同時出品及び当該管理等を行っております。
 
(その他事業)
 その他事業は、外部業者に対する卸販売を行っております。当該事業における取扱商品は、貴金属製品のうち金地金等または宝石自体の価値のみを評価する商品(販売価格は重量及び取引時の貴金属相場にて算定される商品)を中心として、ファッション商品のうち著しく状態が悪い等により事業者へのバルク販売を行う商品、リユース業者間市場における流通価格がオークション等の価格と比較して高額である商品等であります。これら商品については、事業者から提示される価格(主として市場価格等を考慮して算定)により販売しております。

(3)事業運営の特徴について
 当社の事業運営においては、買取件数で約28万件、販売出荷件数で約50万件(平成27年9月期実績)のリユース品の取り扱いが生じております。これらへの対応として各種業務処理が必要となり、当該業務量は当社の業容拡大に伴い拡大傾向にあります。当社は、当該業務拡大への対応として、DeCoシステムによる省力化・効率化・仕組み化を推進しており、当社事業及びオペレーションにおける特徴等は以下のとおりであります。
①取扱ブランドの拡大
 当社事業においては、ファッションブランドは約7,200ブランド(平成28年6月末日現在)のリユース商品を取り扱っております。
 従来、リユース業界において多く取り扱われる中古ブランド品は、ルイヴィトン、エルメス、シャネル等のリユース品としての流通価格が1万円以上となる「ハイブランド」が中心でありました。これらの商品については、後述のセカンドブランドに比べ高額かつ商品数が少なく商品あたりの粗利単価が高いこと、型番や商品名などから商品特定が可能であるためリユース品として一定程度の取引相場が形成され価格が安定していること等を背景として、同業界においては店舗形態における属人的な鑑定及び査定スキルによる事業運営が主流とされておりました。
②拡大する業務処理に対応した業務オペレーションの構築
 当社は、本社兼倉庫(物流センターを含み、延べ床面積13,200㎡)一拠点に買取・販売のオペレーションを集約することで、買取・販売にかかる各種業務を効率的に処理する体制を構築しております。
③真贋鑑定及び買取査定(値付け)の仕組み化
 ブランド、ファッションのリユース品を取り扱う上では、コピー商品・模倣品等(以下、「コピー商品」という)の不正商品の排除にかかる対応が必要であり、商品がコピー商品であるか否かを判別(以下、「真贋鑑定」という)をする必要があります。また、買取価格の算定においては、商品知識に加えてリユース市場の流通価格に関するノウハウが必要となります。これら2つの要素は、一定のスキルを要する人員を確保することが必要でありますが、当社においてはシステム化及びデータベース活用等により、当該業務の仕組み化を行っております。
鑑定作業可能者を制限しており、社内における研修体制を整備することにより、一定の研修修了者でなければ真贋鑑定を完了することができない仕組みを構築しております。
④商品価格データベースの構築
 当社が取り扱ったリユース商品は、全て商品IDが付与され、各種コンディション・評価・販売サイト・販売価格等の情報をデータベース化し蓄積しております(平成28年6月末時点:約960万件)。
⑤販売価格決定・変更の自動化
 販売価格(各販売サイトへの出品価格)は、当該商品の買取価格に基づきDeCoシステムが自動算出しており、また、出品後においては、時間経過や商品閲覧者数の状況等を考慮し、システムが一定のロジックにより自動的に調整・変更を実施することにより、適正と思われる価格による早期販売及び長期滞留在庫の抑制に努めております。

 

【業績等】
     売上高  営業利益 経常利益 純利益
2014.9 6,387  170  166  100
2015.9 8,622  195  201  143
2016.9 9,851  330  302  194
3Q   7,310  296  296  196
EPS  BPS   配当
2016.9 58.20  686.86  -

上場時発行済み株数 4,347,500株 (別に潜在株式167,500株)
公開株数 1,265,000株(公募1,100,000株、オーバーアロットメント165,000株)

PER:28.0
PBR:2.4
配当利回り:
公募時吸い上げ資金:20.6億(OA含む)
公募時時価:71億

【株主構成】
BEENOS(株) 親会社 2,607,500 69.91
尾嶋 崇遠 代表取締役社長 410,000 10.99
伊藤忠商事(株) 資本業務提携先 350,000 9.38
植松 勇人 取締役 80,000 2.14
石田 和也 従業員 72,500 1.94
岸上 弘幸 従業員 40,000 1.07
丸尾 隆 取締役 40,000 1.07
金子 俊一郎 従業員 23,000 0.62
和出 憲一郎 取締役 18,750 0.50
伊藤 純一 従業員 18,000 0.48
遠藤 夏海 従業員 18,000 0.48

 本募集に関連して、当社の株主かつ貸株人であるBEENOS株式会社、当社の株主かつ当社取締役の尾嶋崇遠及び丸尾隆、当社の株主かつ当社従業員の石田和也、早川朋宏及び神宮洋介、並びに当社の株主である竹内更太郎は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む)後90日目(平成28年11月28日)までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること及び売却価格が本募集等における発行価格又は売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う株式会社東京証券取引所取引での売却等を除く。)を行わない旨を合意しております。
 当社の第2回(ア)新株予約権を保有する当社取締役の尾嶋崇遠、植松勇人及び当社従業員合計6名は、主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社新株予約権及び新株予約権の行使により取得した株式の売却等(ただし、新株予約権行使により取得した当社普通株式の売却価格が本募集等における発行価格又は売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う株式会社東京証券取引所取引での売却等を除く。)を行わない旨を合意しております。
 また、当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしに、当社普通株式の発行、当社普通株式に転換若しくは交換される有価証券の発行又は当社普通株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行等(ただし、本募集、グリーンシューオプション、株式分割及びストックオプションにかかわる発行等を除く。)を行わない旨合意しております。
 なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間中であっても、その裁量で当該合意の内容を全部若しくは一部につき解除できる権限を有しております。


【私見】
 業種としてはネットに特化したリユース事業ということで同業種も多く真新しさは感じません。業績は伸びていることは評価出来ますが、PERからも妥当で大きな上積みはないと感じまます。需給面では、VCは存在しないものの親子上場で、吸収金額も適度にあることから時価総額からも限界があると思います。唯一の利点は、久々のIPOということで初値段階のみやや人気になるかと思います。


仮条件上限:1630円
初値予想:2700円
ブック申し込み度・・・やや強気
セカンダリー期待度・・・中立
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(串カツ田中)

2016-08-11 | 上場承認
9/14 串カツ田中 3547 小売業 マザ 大和証券
事業内容:串カツ居酒屋「串カツ田中」の直営及びFC運営事業
公開株数合計:362,500 (13億)
公募株数:250,000 売出株数:112,500
発行済み株数⇒1,450,000(52億)
ブックビルディング8/30~9/05
引受証券会社 大和証券 SBI証券 みずほ証券 いちよし証券 SMBCフレンド証券 SMBC日興証券 丸三証券 マネックス証券 岩井コスモ証券
想定価格:3610円 予想レンジ4000円~5000円 期待度3
鳥貴族に似たようなイメージですが、初値よりも緩やかに伸びる可能性も。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(カナミックネットワーク)

2016-08-11 | 上場承認
9/14 カナミックネットワーク 3939 情報・通信業 マザ 野村證券
事業内容:医療・介護分野に特化したクラウドサービス事業及びそれに付随するサービス
公開株数合計:220,000(6.1億)
公募株数:54,000 売出株数:166,000
発行済み株数⇒1,154,000(32億)
ブックビルディング8/29~9/02
引受証券会社 野村證券 みずほ証券 SBI証券 岩井コスモ証券 東海東京証券 いちよし証券 岡三証券
想定価格:2760円 予想レンジ3500円~6500円 期待度3.5
ネット関連で需給が良い点は良いのですが、同業種も多く中期では厳しいでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(デジタルアイデンティティ)

2016-08-11 | 上場承認
9/14 デジタルアイデンティティ 6533 サービス業 マザ みずほ証券
事業内容:運用型広告、SEOコンサルティング、クリエイティブサービスを主要サービスとするデジタルマーケティング事業、アプリの企画・開発・運営を行うライフテクノロジー事業
公開株数合計:360,500(5.6億)
公募株数:130,000 売出株数:230,500 (32億)
行済み株数⇒2,069,200
ブックビルディング8/29~9/02
引受証券会社:みずほ証券 SBI証券 SMBC日興証券 マネックス証券 岡三証券 いちよし証券 エース証券
想定価格:1540円 予想レンジ2000円~3500円 期待度3.5
小型のネット関連として初値では適度な人気になるとは思いますが、同業種も多く中期では妙味はないでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(ベイカレント・コンサルティング)

2016-07-28 | 上場承認
09/02 ベイカレント・コンサルティング 6532 サービス業 マザ 野村證券
事業内容:1. 戦略・ビジネスコンサルティング、2. IT コンサルティング、3. システムインテグレーション、を主たるサービスとした総合コンサルティングファーム
公開株数合計:11,730,400 (276億)
公募株数:50,000 売出株数:11,680,400
発行済み株数:⇒15,470,000 (365億)
ブックビルディング8/16~8/22
引受証券会社 野村證券 SMBC日興証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 SBI証券
想定価格:2360円 予想レンジ2000円~3000円 期待度2.5
利益規模と伸びは凄いのですが、吸上げ規模が大きく苦戦するような気はします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(デファクトスタンダード)

2016-07-28 | 上場承認
8/31 デファクトスタンダード 3545 小売業 マザ 大和証券
事業内容:ブランド・ファッションに特化した自社運営サイト「ブランディア」及び他社提携のECサイトを通じた宅配買取、販売
公開株数合計:1,100,000 (17.9億)
公募株数:1,100,000 売出株数;0
発行済み株数⇒4,347,500 (71億)
ブックビルディング8/16~8/22
引受証券会社:大和証券、SMBC日興証券、エース証券、藍澤證券、いちよし証券、岩井コスモ証券、SBI証券、極東証券
想定価格:1630円 予想レンジ1700円~3000円 期待度3
リユース事業ということで業種の新規性はなく、規模も適度にあり、親子上場ということでそれほど人気にならないでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加