IPO・新興市場株日記

IPOの上場承認・初値分析・セカンダリーまで徹底分析。株価予想ブログは必見。

IPO初値予想

2016-12-31 | IPO初値予想
 
          公募(想定)   予想     注目度    初値
2/24 はてな    800円  2200円 3.5 3025円
3/02 バリューゴルフ 1280円 3000円 3.5 3215円
3/03 中本パックス 1470円 1400円 2.5 1480円
3/04 ヨシムラ・フード・ホールディングス880円 1600円 3.5 1320円
3/09 ブラス 4370円 4500円 3 4650円
3/11 フィット 1890円 1800円 2.5 1741円
3/14 LITALICO 1000円 1300円 3.5 1880円
3/15 富士ソフトサービスビューロ 890円 950円 2.5 1010円
3/15 ユー・エム・シー・エレクトロニクス 3100円 2800円 2.5 2480円
3/15 富山第一銀行 470円 500円 2.5 500円
3/16 昭栄薬品 1350円 1400円 3 2001円
3/17 アカツキ 1930円 1850円 3 1775円
3/18 ヒロセ通商 830円 1000円 3 830円
3/18 アイドママーケティングコミュニケーション 1440円 1500円 3
3/18 フェニックスバイオ 2400円 2700円 3 1230円
3/18 グローバルグループ 2000円 2000円 3 3200円
3/18 アグレ都市デザイン1730円 2000円 2.5 3505円
3/18 イワキ 2000円 2000円 2.5 2050円
3/22 チエル 810円 900円 3 2151円
3/24 ベネフィットジャパン 1980円 2700円 3.5 3310円
3/24 ウイルプラスホールディングス1880円 1880円 2.5 1729円
3/31 エボラブルアジア 1800円 2600円 3.5 2670円
3/31 PR TIMES 1340円 1500円 3 2130円
4/05 ハイアス・アンド・カンパニー 950円 2200円 3.5 2750円
4/08 丸八ホールディングス 680円 700円 2.5 757円
4/15 エディア 1630円 5000円 3.5 3165円
4/19 グローバルウェイ 2960円 11000円 4 14000円
4/21 ジャパンミート 1010円 1050円 3 1040円
6/15 ホープ 1400円 3500円 3.5
6/15 アトラエ 5400円 14000円 4
6/16 農業総合研究所 1010円 1500円〜3500円 3.5
6/17 やまみ 1690円 1750円 3
6/21AWSホールディングス 2400円 5000円〜10000円 4
6/21 ストライク 2940円 5000円〜12000円 4
6/22 ジェイリース 3100円 3500円〜5500円 3
6/23 バーチャレクス・コンサルティング 1030円 1500円〜3000円 3.5
6/27 キャリア 1850円 2500円〜7000円 4
6/28 ベガコーポレーション 1440円 1800円〜4000円 3.5
6/29 ソラスト 1270円 1200円〜2000円 3
6/29 コメダホールディングス 1960円 1800円〜2500円 3
7/01 セラク 1360円 1800円〜3000円 3.5




当選銘柄・・・ラサールロジポート投資法人、フェニックスバイオ、ベネフィットジャパン、エディア、スターアジア不動産投資法人、タカラレーベン・インフラ投資法人


 
↓ネットショッピング
アマゾン
amazon


ヤフー


楽天




↓以下、管理人が使っているIPO獲得目的に使っている証券会社・銀行。
<IPO目的>
マネックス証券

SBI証券

楽天

カブコム
カブドットコム証券
コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

IPO分析(やまみ)

2016-05-31 | IPO分析
【事業内容】
 当社は、豆腐及びその関連製品である厚揚げ、油揚げ等の製造、販売を行う豆腐等製造販売事業を主たる事業としております。大豆、フィルム、トレイ、副資材(にがり等)を仕入れ、本社工場及び関西工場の各ラインにおいて、様々なサイズの豆腐、厚揚げ、油揚げ等を製造し、小売業、卸売業に対して製品を販売しております。
 製品の販売地域は、九州地方から東海地方までの広域に渡りますが、特に広島県三原市に本社工場があることから中国地方での販売量が多く、また平成24年8月に滋賀県甲賀市に設置した関西工場が稼動したことから、関西地方での販売量が増加しております。
 当社事業の特長といたしましては、①機械化により作業員の手の触れる部分の限定、一部ラインの完全自動化及び機械による加熱冷却殺菌等により、衛生面で高いレベルの製品製造が可能であること、②短時間で大量生産が可能なラインを導入することにより個当たりの製造単価を引き下げ、価格競争力のある製品製造を行っていることが挙げられます。消費者ニーズに応えるため多様な製品を幅広く製造しております。即食・簡便で、調理するための使い勝手の良さを追求した「切れてる豆腐」や「刻み揚げ」等の新製品の販売を開始いたしました。

 

【業績等】
     売上高  営業利益 経常利益 純利益
2014.6  7,748  357  348  293
2015.6  9,084  430  419  349
2016.6  9,558 1,138 1,126  710
3Q    7,123  844  845  597
    EPS  BPS  配当
2016.6 149.38  552.85  - 

PER:9.4
PBR:3.1
配当利回り:
公募時吸い上げ資金:20.8億(OA含む)
公募時時価:106億

上場時発行済み株数 6,280,000株
公開株数 1,230,500株(公募720,000株、売り出し350,000株、オーバーアロットメント160,500株)


【株主構成】
(株)YMコーポレーション 特別利害関係者など 2,402,000 43.20
山名 徹 常務取締役、代表取締役社長の血族 1,200,000 21.58
山名 清 代表取締役社長 1,109,600 19.96
山名 睦子 専務取締役、代表取締役の配偶者 709,600 12.76
従業員持ち株会 特別利害関係者など 48,800 0.88
山名 昭典 代表取締役社長の血族 40,000 0.72
城本 浩司 常務取締役 20,000 0.36
池田 隆幸 常務取締役 20,000 0.36
土橋 一仁 取締役 8,000 0.14
林 辰男 取締役

 本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、貸株人である株式会社YMコーポレーション、売出人である山名清、山名睦子、並びに当社株主である山名徹、山名昭典、城本浩司、池田隆幸、土橋一仁、林辰男は、主幹事会社に対して、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後90日目の平成28年9月14日(水)までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、東京証券取引所における初値が形成された後に主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)等は行わない旨を合意しております。
 また、当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の発行、当社普通株式に転換若しくは交換される有価証券の発行又は当社普通株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行(ただし、本募集、株式分割、ストックオプションとしての新株予約権の発行及びオーバーアロットメントによる売出しに関連し、平成28年5月13日(金)開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資等を除く。)等を行わない旨を合意しております。
 なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間中であってもその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除できる権限を有しております。


【私見】
 豆腐の製造販売ということで業種妙味はなく、成長性も大きくはないので人気になる可能性は低いと思います。PERは適度なので、下値不安はないものの上値もないと考えます。VCやSOがないので売り要素はないものの、吸収金額もやや大きめで、時価総額から同業の篠崎屋程度で公募やや上が妥当と評価します。

仮条件上限:1690円
初値予想:1750円
ブック申し込み度・・・中立
セカンダリー期待度・・・中立
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

IPO分析(アトラエ)

2016-05-30 | IPO分析
【事業内容】
(1)成功報酬型求人メディアGreen
 当社の主力サービスである成功報酬型求人メディアGreenは、ビッグデータ解析等のテクノロジーを駆使することによって、求職者と求人企業の最適なマッチングを実現するプラットフォームです。Greenに登録している求職者のうち、アクティブユーザー数は15,443人、またGreenに掲載されている求人数は7,057求人です。
①成功報酬型のビジネスモデル
 当社は、求人メディアとしては業界に先駆けて成功報酬型の料金体系を導入しました。従来の広告型求人メディアの多くは、採用の成否に関わらず、求人広告の掲載と同時に広告掲載料金が発生します。一方、Greenは、新規登録時に初期設定費としてシステム利用料や掲載記事作成料が必要となるものの、その後は求人広告の掲載期間や掲載求人数の制限がなく、採用が成功し、求職者が実際に入社した段階で成功報酬が発生する、いわゆる成功報酬型の料金体系を採用しています。
 Greenを利用する企業は、広告掲載料金が掛け捨てになるリスクを取る必要がないため、従来の広告型求人メディアには掲載しづらく人材紹介会社に依頼する以外に採用する方法がなかった専門分野に特化した求人や期間限定の求人等であっても、積極的に求人広告を掲載することが可能です。またそれにより表に出てこなかった魅力ある求人情報が掲載されるようになり、さらに優秀な人材が集まり、それがまた優良な企業の利用を促すという好循環が生まれていると考えます。
 また、成功報酬型というビジネスモデルのため、多くの企業が採用ニーズの強弱に関わらず、能動的に継続的な求人の掲載を行うことができ、従来の広告型求人メディア運営企業のように多数の営業人員を抱える必要がないことも大きな特徴です。さらに少数ながらも中途採用に関するノウハウを熟知したアドバイザーが求人企業に対して主にオンラインでサポートを行う体制も構築しております。

3.従来の人材紹介会社のように求職者と求人企業を仲介するアドバイザーを多数雇用する必要が無いことから、従来の人材紹介会社と比較して安価な成功報酬を実現することが可能となります。成功報酬は年収や職種に関わらず定額制の料金モデルを採用しています。

4.従来の広告型求人メディアは、不特定多数の求職者の中から人材を採用できる点に利点がありますが、広告掲載料金が掛け捨てになるリスクがあるため、専門分野に特化した人材よりも、一般的な職種を希望する求職者を広く募集することに適していると考えています。

5.従来の広告型求人メディアは、求人広告の掲載料を収益源とするため、求人広告を掲載する企業を獲得するために、多数の営業人員を抱える傾向にあります。

②ビッグデータの活用
 成功報酬型というビジネスモデルの特性上、求職者と求人企業の採用プロセスに関するあらゆるデータを保有しています。どのような職務経歴、専門能力、経験年数の求職者が、どのような業種、職種、規模、社風の企業にアプローチを行ったか、書類選考を通過したか、何次面接まで進んだか、内定もしくは入社まで至ったか、といった求人企業の採用活動または求職者の転職活動に関するあらゆるデータが蓄積されています。
 この蓄積されたデータを解析することによって、転職を考える求職者には最適化された求人情報を、採用を考える求人企業には最適化された求職者情報を届けられるレコメンドシステムを実現しており、書類選考通過率の向上に努めております。このマッチングのテクノロジーに磨きをかけ、継続的にデータを蓄積することによって、従来、人材紹介会社のアドバイザーがアナログかつクローズドに仲介していた求職者と求人企業のマッチングを、より低価格かつ効率的に実現していきます。

③IT・Web業界をターゲットとした求人メディア
 当社の主力サービスであるGreenは、IT・Web業界において採用ニーズの高いエンジニアやWebデザイナー等が多く登録する求人メディアです。またGreenを利用して採用を行った求人企業のうち、約9割がIT・Web業界に属しています(平成27年9月期)。

7.レコメンドシステムとは、求職者がGreenを利用して求人企業を検索する際に、Greenの解析システムが求職者のプロフィールデータからより入社確率の高い求人企業を提示する機能です。求人企業が求職者を検索する際も同様に、求人企業への入社確率の高い求職者を提示することが可能です。また、Green独自の機能として「気になる/会いたい」機能があります。求職者から求人企業へまたは求人企業から求職者へ「気になる/会いたい」を送信することで、気軽に面談希望の意思を伝えることができます。求職者及び求人企業の心理負担を下げた「気になる/会いたい」機能の導入が、書類選考通過率向上の一つの要因であると考えています。

8.当社の管理指標の1つに「書類選考通過率」があります。書類選考通過率は「書類選考に通過する件数÷書類選考に応募する件数」を意味します。当社の書類選考通過率の推移は、平成22年9月期が6.24%、平成23年9月期が9.65%、平成24年9月期が10.11%、平成25年9月期が13.00%、平成26年9月期が18.55%、平成27年9月期が26.09%となっています(「書類選考に通過する件数の1年間の総数」÷「書類選考に応募する件数の1年間の総数」にて算出)。

(2)新規事業
 長期に渡り成長し続ける組織であるために、複数の事業を収益化させ、発展・拡大させていくことが極めて重要だと考えています。開始しているサービスはタレントマイニングサービス「TalentBase」及びビジネスパーソン同士を結び付けるスマートフォンアプリ「yenta」です。
 TalentBaseは、ビジネスパーソンのプロフィールデータやソーシャルメディア上のアクションデータ等を保有するデータベースです。データベースを解析することにより、個人ユーザーの能力、志向、人間関係等を抽出することが可能となります。TalentBaseのデータベースは、今後展開する複数の新規サービスの基盤になるものと考えております。
 TalentBaseは、転職の意向が顕在化していない転職潜在層への採用アプローチを可能とし、求人企業のダイレクトリクルーティングを支援する人材採用ツールとして使用することが可能です。TalentBaseの保有する解析技術がTalentBaseへ登録した個人ユーザーのソーシャルメディア上のビッグデータを収集・解析することで、求人企業は、175万人のデータベースの中から、求人企業が求める人材を効率的に探し出すことが可能となります。TalentBaseは、求人企業(有料会員)からの月額利用料を収益として計上しております。
 また、TalentBaseが保有するデータベース及び解析アルゴリズムを活用し、ビジネスパーソンに出会いの機会を提供するスマートフォンアプリyentaを平成28年1月にリリースしております。yentaは、完全審査制のもと、ビジネスパーソン同士の様々な目的(採用、転職、情報交換、情報収集、人脈形成、営業活動等)での出会いを実現するスマートフォンアプリです。yentaは、現在無料で提供しておりますが、今後一部の個人ユーザーに対する有料課金を検討しております。
 

【業績等】
     売上高 営業利益 経常利益 純利益
2014.9  563  88 88 57
2015.9  837   94 94 64
2016.9 1,266  341 322 216
2Q   571  151 148 99
EPS BPS 配当
2016.9 181.22 - 0

PER:29.8
PBR:.
配当利回り:
公募時吸い上げ資金:13.9億(OA含む)
公募時時価:68億

上場時発行済み株数 1,259,000株 (別に潜在株式132,000株)
公開株数 257,600株(公募95,000株、売り出し129,000株、オーバーアロットメント33,600株)


【株主構成】
(株)ラウレア 代表取締役の資産管理会社 380,000 29.32
新居 佳英 代表取締役 340,000 26.23
鎌田 和彦 特別利害関係者など 270,000 20.83
菊川 暁 特別利害関係者など 108,000 8.33
平井 誠人 特別利害関係者など 57,000 4.40
広末 紀之 特別利害関係者など 30,000 2.31
羽根 正哲 監査役 30,000 2.31
岡 利幸 取締役 12,000 0.93
梅村 芳延 取締役 12,000 0.93
井戸本 知通 従業員 12,000 0.93
森田 孝一 従業員 12,000 0.93


 本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人である新居佳英、鎌田和彦、廣末紀之及び平井誠人並びに当社の株主である株式会社ラウレア、菊川暁、羽根正哲、平井大策、渡邊昌資及び大沼健哉は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む)後90日目(平成28年9月12日)までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること及び売却価格が本募集等における発行価格又は売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う株式会社東京証券取引所取引での売却等を除く。)を行わない旨を合意しております。
 また、当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしに、当社普通株式の発行、当社普通株式に転換もしくは交換される有価証券の発行又は当社普通株式を取得もしくは受領する権利を付与された有価証券の発行等(ただし、本募集、グリーンシューオプション、株式分割及びストックオプションにかかわる発行等を除く。)を行わない旨合意しております。ロックアップ期間終了後には上記取引が可能となりますが、当該取引が行われた場合には、当社普通株式の市場価格に影響が及ぶ可能性があります。
 なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間中であっても、その裁量で当該合意の内容を全部若しくは一部につき解除できる権限を有しております。


【私見】
 求人サイトということで参入障壁が高いというわけではありませんが、業績も伸びており短期では成長性は高いと感じます。一番の魅力は需給と単価で、VCも存在せず、売り要素はSOのみで、同時上場ではあるものの、空白期間明けのIPO第一弾ということで高い初値が付く可能性は高いと思います。セカンダリーのイメージとしては、グローバルウェイのようにワンチャンスはあるものの、長くは続かないのではないかと考えています。


仮条件上限:5400円
初値予想:14000円
ブック申し込み度・・・強気
セカンダリー期待度・・・中立〜やや強気
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

IPO分析(ホープ)

2016-05-28 | IPO分析
【事業内容】
(1)財源確保支援サービス
 自治体が有するホームページや広報紙等の広告枠を仕入れ、民間企業に販売するDSサービス、及び自治体が住民向けに発行する子育て情報冊子等のデザイン・制作業務を当社が行い、自治体に寄贈するMCサービスを行っております。なお、財源確保支援サービスは現在当社の主たるサービスであり、売上高の大半を占めております。
 。庁咫淵妊奪疋好據璽后縫機璽咼
 自治体が有するホームページ、広報紙、公務員に配られる給与明細、各種封筒等の配布物等、様々な媒体の広告枠を入札により仕入れ民間企業に販売するサービスであり、自治体の自主財源確保の手段の一つとして、既存の遊休スペースの有効活用を支援するという特徴があります。自治体広告市場は、自治体の財政状況が厳しさを増す中で、自治体資産に民間事業者の広告を掲載することで新たな財源を確保し、また、情報発信を通じて市民サービスの向上や地域経済の活性化など、二次的な効果を期待して立ち上がったものと言われております。平成16年度に横浜市が全国に先駆けて広告事業の専門組織を立ち上げ、全市的に広告事業を展開し、また、平成17年に国の「行政効率化推進計画」に、効率化のための取り組みとして「国の広報印刷物への広告掲載」が追加され、これにより自治体の広告事業への取り組みが拡がりました
 同サービスでは、当社が広告枠を一括で仕入れ民間企業への販売を行うため、自治体は事務作業・コスト負担の削減、安定した財源確保が可能となります。また、広告主に対しては、企業ごとのターゲットエリア、ターゲット層にマッチした媒体への広告掲載を提案することで、広告効果という付加価値を提供しております。

◆。唯叩淵瓮妊アクリエーション)サービス
 住民向けに自治体が発行する子育て情報冊子等について、当社が広告主を募集し、制作した当該情報冊子等を自治体に寄贈するサービスであります。自治体が自費制作する場合、費用の関係からページ数や色数等デザインに制限を受けてしまい、また、事務作業や事務コストの負担の関係から発行できない自治体もあります。同サービスでは、当社がデザイン・制作を無償で行うため、自治体は事務作業やコストの大幅な削減が可能となる他、デザイン性の高い情報冊子等の提供が可能となります。また、広告主に対しては、企業のサービス内容、ターゲットエリアやターゲット層にマッチした媒体への広告掲載を提案することで、広告効果という付加価値を提供しております。なお、現在の主な取扱媒体は、子育てに関する情報を集約した「子育て情報冊子」ですが、介護関連分野や住宅関連分野への展開も進めております。

(2)営業活動支援サービス
 財源確保支援サービスでの自治体との取引実績・ノウハウ等を活用して、事業会社(委託者)の商品・サービスについて自治体への営業・提案の代行を行う「営業代行サービス」、及び自治体に対し商品やサービスのニーズ等に関する調査を行う「マーケティングリサーチサービス」を行っております。
  ̄超搬綛團機璽咼
 自治体に対し、事業会社の商品やサービスに関する営業・提案を行っております。また、提案業務の一環として、業務提携先であるBIJIN&Co.蠅開発したシステム「クラウドキャスティング」の利用提案を行っております。

◆.沺璽吋謄ングリサーチサービス
 自治体に対し、事業会社の商品やサービスのニーズ等に関する調査を行っております。事例としては、市役所内の業務環境改善の一環としてコーヒーメーカーの設置に関する調査やWi-Fi環境の整備状況に関する調査等が挙げられます。

(3)情報プラットフォームサービス
 自治体が発行する広報紙を含め様々な紙媒体の情報メディアを発行自治体との協定に基づき電子メディア化しスマートフォン対応アプリ「i広報紙」に掲載するサービス、及び発信情報を住民目線で再編集し、同アプリで閲覧できるサービス(地域住民向け自治体コンテンツのキュレーションサービス)を行っております。なお、キュレーションサービスは「子ども(子育て)」「イベント」「福祉(介護)」「仕事」といったテーマごとの切り口で自治体情報を横断的に閲覧できるサービスです。現在、自治体による広報紙等の掲載、ユーザーによるダウンロードや情報の閲覧といったサービスは無料で提供しており、アプリ内に掲示される広告により収入を得ております。平成28年4月現在、380の自治体がi広報紙を導入しており、DL数も12万に達しております。

【業績等】
    売上高  営業利益 経常利益 純利益
2014.6 635 -32 -30 -34
2015.6 1,142   56 71 47
2016.6 1,591 146 147 91
3Q   1,087   45 49 24
 EPS BPS 配当
2016.6  76.14   -   0

上場時発行済み株数 1,344,000株 (別に潜在株式47,000株)
公開株数 308,700株(公募110,000株、売り出し158,500株、オーバーアロットメント40,200株)

PER:18.3
PBR:.
配当利回り:
公募時吸い上げ資金:4.3億(OA含む)
公募時時価:19億

【株主構成】
時津 孝康 代表取締役社長 338,000 26.38
(株)E.T. 役員らが議決権の過半数を所有する会社 338,000 26.38
グロービス4号ファンド投組 ベンチャーキャピタル(ファンド) 147,000 11.47
久家 昌起 取締役 110,000 8.58
Globis Fund IV ベンチャーキャピタル(ファンド) 84,000 6.55
森 新平 取締役 52,000 4.05
中村 望 特別利害関係者など 44,000 3.43
岸 哲也 特別利害関係者など 30,000 2.34
岸 政代 特別利害関係者など 30,000 2.34
佐銀ベンチャーキャピタル投組 ベンチャーキャピタル(ファンド) 23,000 1.79
佃 秀一郎 特別利害関係者など 20,000 1.56

 本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である時津孝康、売出人である久家昌起、岸哲也、岸政代、森新平及び中村望、当社株主である株式会社E.T.、グロービス4号ファンド投資事業有限責任組合、Globis Fund IV, L.P.、佃秀一郎、和出憲一郎、時津守、時津由記子、廣田商事株式会社、大島研介、齋藤陽子及び星隈文子は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後90日目の平成28年9月12日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、東証又は福証における初値が形成された後に主幹事会社を通して行う東証又は福証での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。なお、ロックアップ対象株式は、上記株主の所有する当社株式のうち983,100株であります。
 また、当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の発行、当社普通株式に転換若しくは交換される有価証券の発行または当社普通株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行(ただし、本募集、株式分割、ストックオプションとしての新株予約権の発行及びオーバーアロットメントによる売出しに関連し、平成28年5月13日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資等を除く。)等を行わない旨合意しております。
 なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間中であってもその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除できる権限を有しております。


【私見】
 自治体に特化したIT関連としての特徴があり一定の評価は出来ますが、成長力を考えると大きくはないと感じます。PERも高くはないので上値は十分あると思いますが、需給が全てだと思います。空白期間明けのIPOということで通常より高い初値が付く可能性があり、目玉IPOのアトラエと同時上場ではあるので初値に関しては連れ高する可能性は高いでしょう。しかし、筆頭VCが1.5倍でロックが切れることから高すぎる初値には注意が必要でしょう。


仮条件上限:1400円
初値予想:3500円
ブック申し込み度・・・強気
セカンダリー期待度・・・中立
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(セラク)

2016-05-26 | 上場承認
7/01 セラク 6199 サービス業 マザ SMBC日興証券
事業内容:ソリューションサービスおよびオンサイトサービス(ITインフラ事業、スマートソリューション事業、WEBマーケティングコミュニケーション事業)、農業IoTソリューションサービス
公開株数合計:814,000 (11億)
公募株数:406,000 売出株数:408,000
発行済み株数⇒3,254,000 (44億)
ブックビルディング6/16〜6/22
引受証券会社 SMBC日興証券 大和証券 みずほ証券 岡三証券 エース証券 マネックス証券 SBI証券
想定価格:1360円 予想レンジ1800円〜3000円 期待度3.5
特徴はないが、IT関連で需給も良いので適度な初値にはなるでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(コメダホールディングス)

2016-05-26 | 上場承認
6/29 コメダホールディングス 3543 卸売業 東証 大和証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
事業内容:珈琲所コメダ珈琲店チェーン等を運営する子会社の経営管理及びそれに付帯又は関連する業務等
公開株数合計:26,700,000 (523億)
公募株数:0 売出株数:26,700,000
発行済み株数:⇒43,800,000 (858億)
ブックビルディング6/13〜6/17
引受証券会社:大和証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 みずほ証券 SMBC日興証券 SBI証券 マネックス証券
想定価格:1960円 予想レンジ1800円〜2500円 期待度3
業績は伸びてますが、規模が大きいだけに上値には限界があるでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(ベガコーポレーション)

2016-05-24 | 上場承認
6/28 ベガコーポレーション  3542 小売業 マザ 野村證券
事業内容:家具・インテリア等のインターネット通信販売事業、越境市場をターゲットとしたグローバルECサイトの運営等
公開株数合計:840,000(12億)
公募株数:410,000 売出株数:430,000
発行済み株数:5,152,900(74億)
ブックビルディング6/10〜6/16
引受証券会社:野村證券 大和証券 SBI証券 みずほ証券 いちよし証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 東洋証券 丸三証券
想定価格:1440円 予想レンジ1800円〜4000円 期待度3.5
長期では微妙だが、上場が注目されていた企業で人気になりそうな銘柄です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(キャリア)

2016-05-23 | 上場承認
6/27 キャリア 6198 サービス業 マザ SMBC日興証券
事業内容:高齢化社会型人材サービス(シニア人材の活用コンサルティング・派遣・紹介及び介護施設等への看護師や介護士の派遣・紹介)
公開株数合計:495,000 (9.1億)
公募株数:150,000 売出株数:345,000
発行済み株数⇒2,150,000 (40億)
ブックビルディング6/10〜6/16
引受証券会社 SMBC日興証券 みずほ証券 大和証券 SBI証券 岩井コスモ証券 エース証券 マネックス証券
想定価格:1850円 予想レンジ2500円〜7000円 期待度4
業種妙味があり、業績も伸びており人気化しそうな銘柄です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(ソラスト)

2016-05-21 | 上場承認
6/29 ソラスト 6197 サービス業 東証 SMBC日興証券
事業内容:医療関連受託事業、介護・保育事業等
公開株数合計:9,835,000 (125億)
公募株数:0 売出株数:9,835,000
発行済み株数:28,270,200 (359億)
ブックビルディング6/14〜6/20
引受証券会社: SMBC日興証券 野村證券 みずほ証券 大和証券 いちよし証券 岩井コスモ証券 SBI証券 マネックス証券
想定価格:1270円 予想レンジ1200円〜2000円 期待度3
大型案件ではあるが、介護・医療・保育というテーマ株なので大きな崩れはないでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(バーチャレクス・コンサルティング)

2016-05-19 | 上場承認
6/23 バーチャレクス・コンサルティング 6193 サービス業 マザ 野村證券
事業内容:CRMプロセスの導入・構築に係るコンサルティング、システムソリューション提供及びコールセンター等の運営受託業務
公開株数合計:1,084,000 (11億)
公募株数:120,000 売出株数:964,000
発行済み株数:2,865,000 (29億)
ブックビルディング6/06〜6/10
引受証券会社: 野村證券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 SMBC日興証券 SBI証券 マネックス証券 岡三証券
想定価格:1030円 予想レンジ1500円〜3000円 期待度3.5
似たような業種があるので大化けは期待できませんが、需給は良いので初値段階では適度な人気となるでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(ストライク)

2016-05-19 | 上場承認
6/21 ストライク 6196 サービス業 マザ SMBC日興証券
事業内容:M&A(株式譲渡・事業譲渡・合併等の組織再編・資本提携等)の仲介業務及びこれに付随する業務
公開株数合計:227,500 (6.7億)
公募株数:166,000 売出株数:61,500
発行済み株数:2,938,000 (86億)
ブックビルディング6/06〜06/10
引受証券会社:SMBC日興証券 SBI証券 岡三証券 丸三証券 極東証券 エース証券
想定価格:2940円 予想レンジ5000円〜12000円 期待度4
業種妙味があり、需給も良いので初値・セカンダリー共に注目したい銘柄です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(ジェイリース)

2016-05-18 | 上場承認
6/22 ジェイリース(株)7187 その他金融業 マザ みずほ証券
事業内容:家賃債務保証事業
公開株数合計:285,000 (8.8億)
公募株数:150,000 売出株数:135,000
発行済み株数:1,000,000 (31億)
ブックビルディング6/06〜6/10
引受証券会社:みずほ証券 野村證券 岩井コスモ証券 岡三証券 SBI証券 むさし証券 エイチ・エス証券
想定価格:3100円 予想レンジ3500円〜5500円 期待度3
需給は良いが、同業種もあるので初値後はそれほど人気にならないでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(AWSホールディングス )

2016-05-18 | 上場承認
6/21AWSホールディングス 3937 情報・通信業 マザ SBI証券
事業内容:フィリピン子会社を活用したシステムソリューションの提供及び医療情報システムのソフトウェア商品の開発・販売等
公開株数合計:110,000 (2.6億)
公募株数:110,000 売出株数:0
発行済み株数:1,330,160 (32億)
ブックビルディング 6/02〜6/08
引受証券会社:SBI証券 SMBC日興証券 大和証券 エイチ・エス証券 東洋証券 日本アジア証券
想定価格:2400円 予想レンジ5000円〜10000円 期待度4
グローバルで需給も良く初値段階で跳ねそうな銘柄です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(やまみ)

2016-05-14 | 上場承認
6/17 やまみ 2820 食料品 JQS みずほ証券
事業内容:豆腐、厚揚げ、油揚げ等の製造、販売
公開株数合計:1,070,000 (18億)
公募株数:720,000 売出株数:350,000
発行済み株数:6,280,000 (106億)
ブックビルディング5/31〜6/06
引受証券会社 みずほ証券 野村證券 SMBC日興証券 ひろぎんウツミ屋証券
想定価格:1690円 予想レンジ1600円〜2500円 期待度3
需給は良いが、事業の成長性から人気化する可能性は低いでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上場承認(農業総合研究所)

2016-05-14 | 上場承認
6/16 農業総合研究所 3541 卸売業 マザ 大和証券
事業内容:生産者及び農産物直売所と連携し、スーパー等の直売所コーナーで委託販売を行うための物流・情報・決済のプラットフォームを提供する農家の直売所事業
公開株数合計:370,000 (3.7億)
公募株数:270,000 売出株数:100,000
発行済み株数:2,040,000(21億)
ブックビルディング6/01〜6/07
引受証券会社 大和証券 野村證券 みずほ証券 SMBC日興証券 SBI証券
想定価格:1010円 予想レンジ1500円〜3500円 期待度3.5
業績から成長性には限界はあると思いますが、事業の新規性から初値段階では人気化するでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加