スクール日記

スクール活動をコーチが輪番で日記にしています。幼児→6年生の順でお願いします。父兄・中学部活動も書き込みOK!

12月18日(日) 加古川交流戦

2016年12月20日 | Weblog

寒気がゆるみ温かい日差しのもと、伊丹RSさん、西神戸RSさんにお越しいただき、交流戦に臨みました。

年末のお忙しい中お越しくださった両スクールの皆様、また早朝の寒いうちから駐車場の案内等していただいた父母会の皆様、ありがとうございました。

 さて、今回の交流戦に1年生は6人全員で臨みました。対する伊丹RSさんは県大会優勝、西神戸RSさんもベスト4の強豪です。県大会では初戦で伊丹RSさんと対戦、体格も良く組織立ったプレーがきちんと出来ていた伊丹RSさんを相手に、いつもの実力が全く発揮できないまま敗れました。試合後は涙、涙の子どもたちでしたが、県大会後は子どもたちの話を聞く姿勢が変わったように思います。とは言ってもまだ6歳7歳の子どもなので、長時間の集中は難しいですが・・そこは少しずつ成長してくれればと思っています。

 今回の交流戦では、県大会後の成長を披露する場と思っていたのですが、思っている以上の成長が見えたように思います。果敢なタックルで眉尻を腫らしても心折れず最終戦でもどんどん相手に向かっていったゆうた君、目立たない部分でもチームが優位にボールを運べるような動きで常に仲間を助けてくれたりんたろう君(りんたろう君はゆうた君が眉尻を腫らしたあともずっと付き添ってくれました)、倒れても猛然と立ち上がり初トライを決めたこうた君、その初トライに力を貸してくれ、自らもトライを量産したりょうた君、苦手な体の大きい相手にもしっかりタックルにいけたじゅんめい君、体格をいかした突進で、トライを防ぐビッグタックルを決めたこうのすけ君。

みなそれぞれに成長の度合い、部分は違えど、仲間を思い、チームの為に体を張り、なんとかボールをつなごうとする姿に、胸が熱くなりました。

入部から日の浅い子どもたちにオフサイドの反則が多く、試合中の立ち位置、プレーへの参加位置、さらには立ち位置での役割などをしっかり教えられていない、という反省はあります。どう伝えれば子供たちの心に染みるのか、子供たちにとって理解しやすいのか、いつも考えていますがうまくできていません。子供たちの成長を見守ると同時に、日々驕らず謙虚に勉強し(幸いにも周りには経験豊富な先輩がたくさんいらっしゃいますので!)、共に成長していかねばならないと思っています。

次週は2年生コーチお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月17日(土)クリスマス会&忘... | トップ | 2016年12月25日今年最終の練習日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む