深夜高速

もう一度、手をつないで歩いていきたいな…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

心機一転

2006-04-15 13:52:39 | Weblog
ブログの引越しをします。
こちらです。

http://fegao.exblog.jp/

リンクの貼り方がわかりません。。。

よろしければ、引越し先にも遊びにいらしてくださいね。
お待ちしております。

   クローバー


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同じ空の下なのに

2006-04-13 22:28:32 | 毎日のこと
私がこうやってなんでもない夜を過ごしている時、どれほどの涙がこぼれているのだろうか…。
同じ夜なのに。同じ空の下なのに。
私が旦那に殴られて、蹴られて、髪を引っ張りまわされていたあの夜、どれだけの、ただただ平凡な時が流れていたのだろうか。
一人きりで、産まれてきたことを恨みながら過ごしていた。
みんな、見渡す限り誰もがみんな、あんなに幸せそうなのに。
どうして私はこんなに寂しい思いを抱えていなければいけないの?
どうして私の家庭はうまくいかないの?
どうすればよかったの?何がいけなかったの?
せめて答えがほしい。
私はどんなふうに生きていけばいいの?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

違い

2006-04-06 10:03:06 | 毎日のこと
あの頃も、今も旦那の帰りは遅い。多少、早めには帰ってくるけれど。
同じように「仕事忙しいの?」と尋ねる私。
「うん、今とても忙しい。でも、期待しててね。今月の給料いーーっぱいあると思うよーーー」と、笑顔で答える旦那。
そういえば、あの頃は「遅いのは遅いけど、ほとんど待ち時間だから給料はかわらないよ」と言ってた。
今となってみれば当たり前だよね。仕事が終わってからも帰宅せずに、車から女に携帯かけてるような人に時給があるわけないよ。

帰宅してからも、疲れ果ててる私に「横になってていいよ」と、洗濯物を取り込んで、明日分を干してくれた。かけてくれる言葉も優しい。
旦那は変わろうとしてくれてる。そう思う。
なのに、いつまでも安心できずに「違い」ばかりを見つけようとしている私。
大丈夫だよね。もう、一人ぼっちにならないよね?夜中に階段に座って泣いたりしなくていいよね。そんな夜がとても怖い。

今日のお弁当は、「オムライス弁当」にしたよ。
びっくりするかな?喜んでくれるかな?そんな事を考えながら、旦那のお弁当を作る。そんな夜中のひと時が今は一番幸せ。ずっと、ずっとこんな優しい夜だったらいいのにな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誤解

2006-04-02 23:13:26 | 毎日のこと
今、仕事の面でかなり落ち込み中。やめてしまいたいくらい。
旦那も、この事は知っている。だから、昨夜も疲れ果てて、お風呂も入らずにうたた寝している私に「そのまま2階で寝たら?明日の朝の家事は全部してあげるから」と言ってくれたんだと思ってた。
でも、結局そのままリビングで寝てしまった私。朝、早起きして食器洗いと、洗濯そして、朝食も作ってくれた。ありがたいなぁと思いつつも、私のテンションはそのまま。
頭の中は仕事の事でいっぱいだった。

「仕事もうやめたいなぁ」とポツリとつぶやいた。
そしたら旦那が「あぁだからそんな態度なの?」

え?わかってるんじゃなかったの?
私はてっきり分かってるものだと思ってた。旦那は、朝早くから起きるのめんどくさーと思って、機嫌悪いんだと思っていたらしい。
機嫌悪いんじゃなくて、元気がでないんですけど。

別居が解消してから、言葉は多くかけ合ってきたつもりだし実際、会話も増えたと思う。今回の事も話してたつもりだった。それでもこんな風にすれ違う。
以前は、どのくらいお互いに誤解してたのかな?

機嫌が悪いのと、元気がないのとでは大違いだよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誰か教えて

2006-04-02 22:52:19 | 毎日のこと
先日、友達と話してて数ヶ月前の話しになった。
旦那が家を飛び出し、私が私でなくなっていた頃。
その頃、別居直後の私なんか居なくなってしまえばいいのに期を過ぎて、根拠のない空元気期に突入していたので、さも、今回のことなんて何でもなかった風に話した事は、自分でもよく覚えている。
その時私は、確かに言った「別に、離婚してもいいんだよ。でも、離婚する時は慰謝料をもらってから別れる。だから旦那の方から離婚を切り出してくるのを待っている。離婚には応じるから慰謝料を払えと言うつもりだ」と。
その言葉を聞いた時、友達は「この人、嫌い。友達じゃない」と思ったそうだ。
ちなみに、この友達は独身。

私の考え方は、おかしいですか?
別れたいと思っているなら「お金」の事をだすなんて汚い。ってことみたい。
私だったら、身近な人が、私と同じような状況になったとしたら…。
「そんな男なら5億ぐらい請求してやれ。何がなんでも苦しめろ!」とか言ってしまうと思う。
おかしいのかなぁ…。
100歩譲って、その考え方がおかしいとしよう。
でも、人の気持ちなんて「言葉」だけでは伝えられてない事の方が多い。だって、言葉なんて、ただの音だもの。音にならない気持ちの方が真実だったりする。
もちろん、そうでない時もあるし、受け止める側になった時は「言葉」だけで判断した方が楽ではある。
でも、人の気持ちは複雑だから。
実際あの時、本当に離婚していいなんて思っていなかった。これっぽっちも。
家もいやだ。私の事も嫌いだ。子どもの事もいやだ。なんて暴言を平気で吐いている旦那と離婚するなんて、とても簡単なことだもの。本当にしてもいいと思っているなら、してるよ。いつ帰るかもわからないような旦那を待たないよ。
ただ、待ってる理由を探していたんだと思う。
離婚しないのは慰謝料を請求するため。という理由がほしかった。
だって、あんなヒドイ状況の中、それでも離婚できない女なんて、惨めじゃないの。。。
そして、もうひとつ。離婚してくれって言ってるけど慰謝料を払ってまで、そこまで本気じゃないよね。
そんな思いだった。それは、最後の最後の砦だった。それを了承されてしまえば、もう出せるものは何もなかったのだから。

あの時は、そんな状況だった。
お金の事なんて出して汚いと思ったかもしれない。
それが常識的な考え方なのかもしれない。でも、私は貰ったお金で自由な暮らしを手に入れようと思っていたわけではない。
私がここにいることの理由が欲しかっただけだ。

私は、嫌われるほどの言葉を使ってしまったのだろうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トラック

2006-03-28 23:00:15 | 毎日のこと
この前の日曜日に、公園に行って外食した帰り道、旦那がめずらしく「このまま帰っていいの?」と聞いてきた。
これは、「このまま帰らずに、どこか寄ってみない?」というお誘いなんだけど、ストレートに「どこか寄ってから帰る?」とは言わない。のか、言えないのかは知らないけれど。
でも、この言葉聞いたのとってもとっても久しぶり。
せっかくなので、「ドライブに行きたい」と言ってみたら、「食べ過ぎて苦しいから、遠くは無理だけど、どこに行きたいの?」と。
おーーー。ドライブに連れて行ってくれるなんてすっごいすっごい久しぶり。嬉しかったけれど、予想してなかったので、行き先なんて思いうかばず…。
そしたら、
旦「本屋というドライブなんていかが?」
私「えーーー。本屋ーー。」
旦「いやなん?」
私「ねぇねぇ、○○くん(←旦那の名前)のトラック見に行こうよ」
旦「えー、トラックー?会社の人が居たら恥ずかしいじゃん。」
私「そうなの?じゃぁ本屋でいいよ…(←不服)」
旦「昼間だったらよかったのに」

ドライブなんて誘っといて、結局、本屋に行きたかっただけかよっ。…と、多少グレたりした。

そして、今日。仕事から帰宅して…。疲れたねーとか、寒かったねーとか仕事のこととか話していると…。
旦「あ、そうそう。今度の日曜日、時間あったら、みんなでトラック見に行く?」
私「あ、マーカー(先日買ったランプのこと)付いたの?」
旦「いや、それはまだなんだけど、コンポも綺麗に付けてもらったし、今日、トラックの中もちょっと掃除したから。後は、掃除機かけるだけだから」
私「わぁ~嬉しいー。すっごい楽しみーー」

この前の私の言葉、覚えてくれてたんだなーって嬉しくなりました。
でも、この前の日曜日は、人がいるかもしれなくてダメだったのに、次の日曜日は大丈夫なわけ?そこ気にしちゃダメなとこなワケ?

ま、いっか。
今から旦那の弁当作ってきまーす。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ドロドロだった。

2006-03-27 16:53:54 | 毎日のこと

旦那が、「もうこんな家いやだー」と飛び出し、そしたら女の影がちらついていて、本当なら「二度と戻ってくんな」と追い出さねばならないとこなのに、泣いてすがって離婚できず(私が)、現在に至る。
再構築中とはいうものの、旦那の真意は未だつかめず。
態度も言葉使いも変わってきたけど、まだ私との距離を保ってるというか、パーソナルスペースに入れてもらえてない感じがするし。
そんな状態。
頑張ろうとは思ってる。笑顔は絶やさないようにとか、言葉足らずにならないようにとか。
でも、今朝の記事のように、同時に仕返しすることも考えている。
優しくしてあげたら、その見返りを求めている。なんせ、優しくして「あげてる」ものだから。
自分の非を認め、相手を憎まず、もう一度やり直したいとは思っていない。
ドロドロだな、私の心の中は。
今すぐの事だけじゃない。いつか、例えば旦那が体調を崩したりして、立場が逆転したその時は、突き放すように一人ぼっちにしてやりたいとか、どうしようもない暗闇で彷徨う苦しみを味あわせるためには、今は我慢の時だとか。そんな事考えているんです。
こんな根っからの性悪女な部分が心の大半を占めている。
やっぱり許してなんかいないのです。自分のことも。旦那のことは特に。
イヤだけど、書いておきます。本当のことだから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕返し

2006-03-27 12:13:31 | 毎日のこと
とても良い天気なので、いーーーっぱい洗濯をしました。
自分の物と、子ども達のもの。そして、裏切ってるんだか、真面目になったんだか、わからない旦那の物。
あー、すっきりした。

昨日、旦那が仕事のトラックにつけるランプ?(私は車に乗らないので、わからないのですが…)が、欲しいと言い出して、1つ300円のモノが6個欲しいから1800円ちょーだいっ。とのこと。
こっちは、公園疑惑で悶々としてるのに、こいつは、こんなかよっ。
けっ、くれてやるよ。ランプでも、ポンプでも好きなもの買いやがれ。

なーんか腹が立つので、洗い立ての旦那のパンツを踏んずけてやってりした。
土足で。
あれ、これって結構すっきりするかもー。
踏みすぎたので、再度洗濯。

さて、ちょっとお出かけしてきます。
気分転換しなくちゃね。では、行ってきまーす。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公園

2006-03-26 23:05:50 | 毎日のこと
朝食を作っていると、
旦「おなか痛いなら、今日はやめとく?」
私「今、薬飲んだから大丈夫」
私が朝食を作っているのを見て
旦「お弁当持っていく?」
私「あっちでも食べる所あるんでしょう?」
旦「うん。多分。でも、詳しく見てないから値段とかわからないよ」
私「昨日はそこで食べなかったの?」
旦「仕事の途中にちょっと寄っただけだから」
私「男の人が二人で公園に?」
旦「うん。家族で遊びにこれそうだねーって話しながら少し歩いた」
私「その人も家族がいるの?」
旦「男の子が二人。もう中学生くらいだけど」

わからない。やっぱり現場を見てみよう。

助手席の角度、私の定位置からズレてなかった。
ガソリンも減ってない。そういえば、財布のお金も減ってなかった。
行く道もずーーっと何かと話しかけてきて、機嫌はいい。
子どもにも優しい。
理解できない。はかりしれんな、この男。

そんなこんなで公園に到着。
まさしく家族で遊ぶ公園でした。あちらもこちらも子どもだらけ。
でも、何組かカップルの姿も発見。山の上の公園なので、山道散策をされていました。昨日は、旦那もあのカップルみたいに女と手をつないで歩いたのかなぁ?
公園内の詳しい場所まではわからないみたいな感じだったけど、閉園時間とか、ソリの持込みは禁止とか、そういう細かい事は知っていたりして。
私が「よくそんな事知ってるね」
って言ったら「そ、そ、その辺に書いてあったよ。ほらほら、ここ」って、そんなに慌てふためいて看板探さなくてもいいよ。

結局、本当に男と来たのか、女とだったのかは現場からはわかりませんでした。
でも、もし女と来たとしたら、その場所に家族を連れて来ようとする、旦那の神経がわからない。
分からない人とは、距離をおくこと。そうしよう。

帰り道、公園のすぐ横の工場を指差して、「ここに配送に来たんだよ」と、旦那。
ここに来たなら、「このすぐ横に公園があるんですよー。家族で来るにはいい所ですよ。ちょっと見てみます?」って、見たとしても、あまりおかしくないかなー…。
公園に男同士で来るわけないだろ!という思いを、女と来た次の日に家族誘わないよね。と打ち消したい私。
もう、本当の事言ってよ。
…といっても、もう疑ってるけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

機嫌

2006-03-26 22:34:11 | 毎日のこと
昨日、20時頃、とっても上機嫌で帰宅した旦那。サッカーの試合のため、道路が渋滞してたから遅くなったらしい。
「おなかすいたー!」と、すぐに食卓へ。私と子ども達も食事中だったので、一緒に食べ始める。
食べ始めてすぐ旦那が
「あ、そうそう、今日ね、いい公園教えてもらったんだけど、明日行ってみない?」と。
「公園?やったー!!いくいくー!」と喜ぶ子ども達。
私「公園?」
旦「うん、今日いつも釣りに一緒に行く人と…あーなってこーなって(←仕事の内容の事で意味がわからなかった)で、○○に行く便があったから時間が合ったら待ち合わせようってことになって、行ってみたら居たから、そこからツーマンでトラックに乗って、最後の配送先に着いたらその人がこの近くに公園があるから行ってみませんか?っていうから行ってみた」
私「ふーん」
旦「1時間100円でソリが借りられて、芝すべりとかできるみたいだったよ」
私「食べ物とかは?」
旦「うどんとか、のぼりがあったから食べる所もあると思う。行ってみたら、うわぁ~って思うと思うよ」


男が二人で公園なんか行くか?
今、旦那は携帯がないけど、こんなふうにすれば待ち合わせる事もできるのか…。
裏切ろうと思えば、どんなふうにだってできるんだよね。
泣けてきた。久しぶりに布団の中で泣いた。
どこまで、こんなことをされなければいけないのかと思うと、情けなくて。
それでも、離婚にふみだせない自分が惨めで。

泣いて泣いて、泣いたら、明日は絶対に公園に行ってやると心に決めた。
どんなつもりで家族を誘ったのか知らないけれど。
受けてたってやる。ざまみろ。

朝。おなかの痛みで目が覚めた。本当だったらこのまま寝ていたい。
でも、起き上がった。そして、台所に向かった。家族の朝食を作るために。
何がなんでも行く。公園に行ってやる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加