録画人間の末路 -

人は記録をしながらじゃないと生きていけない

Kaveri向けFluid Motion設定まとめ

2014-12-28 22:28:48 | 意味なしレビュー
まだまだ検証が十分でないせいか、やるたびに新しい発見のあるFluid Motion。Bluesky Frame Rate Converterの開発者であれうBlueSkyのホームページさんでは24fpsだけでなく、30fpsにおいても中間フレームが作成できることが掲載されていますが、現状の報告ではもっぱら単体RADEONのみでKaveriでの報告はありませんでした。が、こちらでいろいろ調べてみたところ、Kaveriでも30pで中間フレームを生成しての60p化に成功しました。そのやり方を踏まえ、もう一度DxVA Checkerを利用してのフィルタ有効方法についてまとめてみたいと思います。

・一番右下、"終了"の隣にある▲をクリックしてメニューを呼び出し、"ビデオアクセラレーション設定"を選択
・"全ての設定"にチェック
・"CmMode_FrameRateConv"にチェックを入れ、値を"1"にする
・"CmSupp_FrameRateConv"にもチェックを入れ、値を"2"にする。これは選択できないのでキーボードから直接入力する
・適用して終了

前回はやらなくても構わない、と書いたCmSupp_FrameRateConvにも重要な意味があったのです。正直30p→60pのFluid Motionにどれだけ需要があるかは疑問ですが、もちろんこの状態でも24p→60pは可能ですのでせっかくですからやっておいた方がいいでしょう。
『コンピューター機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CSでの4K放送データ報告 | トップ | 今年は何もしませんでした »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。