ふるさとの山歩き、樹木、カメラ、家庭菜園の日記

山歩き・歴史の散歩・樹木観察・デジタル一眼レフ・家庭菜園などの活動記録です。

バックパッカー to BANGKOK(4)

2017年04月20日 | 旅行

  平成29年4月13日(木)、センセープ運河の運河ボートで、旧市街の北地区に行く。行程を立てるとき、いつも参考にしているのが下川裕治さんの本。このルートは「週末アジアでちょっと幸せ」に紹介されていた。BTSの戦勝記念塔駅から4つ目の駅「チットロム」から北に600~700m歩いた船着場「プラトゥーナーム」から「パンファー・リラート」まで乗る。途中、チットロム駅から歩いて2分のところにある、バンコク最強のパワースポット「エーラーワンの祠(ほこら)」に寄る。
 

 運河ボートの船賃は12Bのはずだが、なぜか無料だった。タイの正月(13~16日)の初日だからだろうか

 運河の水は汚く、両岸にバンコクの裏側を垣間見た。
   

パー
ンファー・リラート近くを観光をする。
①ラーマ3世記念公園
     
②ワット・スラケート(丘の上に建つ黄金の大仏塔で有名な王室寺院)
  
    
  ずーと歩いて回っていたが、このペースだと有名な観光名所に行けなくなると、トゥクトゥクで移動(100B)する。
  

③サオ・チン・チャー(大ブランコ)
  

④ワット・スタット(ラーマ1世建立の王室寺院)
    

ター・チャンの船着場から、渡し船でチャオプラヤー川対岸のトンブリ―に渡る(4B)。
 
➄ワット・アルン(三大寺院のひとつ)
    

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バックパッカー to BANGKOK... | トップ | バックパッカー to BANGKOK... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。