クリスティーナ個人ブログ

ファッションショー、ファッションレビュー

カスタムウェディングリング - 異なる必要性

2017-01-03 14:37:34 | 日記
カップルが直面する1つの問題がある場合、完璧なカスタムデザインの結婚式のバンドを見つけるために、宝石店から宝石店にそして多くの場合、終わらないより多くの旅行をするため、個々の婚約指輪に合ったカスタム結婚指輪のセットを見つけることですアップは失望した。非常に広い範囲の結婚指輪のデザインを持つ数多くの宝石店があり、新しい感覚 - カスタムケルト結婚指輪を含むカスタム結婚指輪を作成する手段があるという事実です。しかし、そのような宝石商の多くは、完成したときにカスタムデザインのウェディングバンドがどのように見えるかの現実的なサンプルまたはイラストを提供する能力が不足しています。これは、カップルが決定を下すことを困難にします。彼らが考えているデザインは、宝石商の心のものとは大きく異なる可能性があります。


異なることを追求するには、過去数年間、特に結婚指輪を提供するジュエラーの増加をもたらした若くて豊かなカップルの間で、結婚指輪の前例のない需要が見られました。経験豊富でプロのカスタムジュエラーは、通常、結婚式のバンドがどのように完成するかを現実的なプロトタイプを提供するために必要なスキルを持っており、これらはカップルが自分の結婚指輪を選択して決定することを容易にするジュエリーです。多くのプロのカスタムジュエリーはカスタムデザインのウェディングバンドの経験豊富なデザイナーを抱えており、デザイナーの中にはカスタムケルトのウェディングバンドを作るスキルを持っている人もいます。

デザイナーの役割は、特にカップルが探しているものに基づいたコンセプトを開発すること、またはカップルが選択できるオリジナルコンセプト以上を作成することです。残念なことに、宝石商の中には、認定されたコンセプトを、カップルが必要とする完璧な結婚式のバンドに変換することができない場合があります。これは、完璧なカスタムデザインのウェディングバンドが、カップルのデザイナーとカスタムジュエラーの間の優れた相乗効果の結果である理由です。非効率的な職人技は、しばしば問題の歴史を継承する結婚指輪をもたらします。その中には、貧弱な設定による宝石の喪失、または金属の不適切な溶接があります。幸いなことに、「Jewelers of America(JA)Master Jeweler」プログラムの1つの重要な資格認定資格を持つウェディングバンドを作る資格を持つ資格を持つ宝石商もいます。 JA認定宝飾品は「マスタージュエリー」とみなされ、カップルは結婚式バンドの作成や製作を含むジュエリー制作のすべての分野で完全にテストされていることを安心することができます。

カスタムデザインの結婚式のバンドを作るほとんどの宝石商は、カップルの結婚指輪のワックスプロトタイプの時間をテストした方法を使用します。これらのプロトタイプは非常に便利です。なぜなら、結婚式の終了時に結婚指輪がどのように見えるかという考えをカップルに与えることができるからです。しかし、今日、宝石商の中には、3D CAD(Computer Aided Design)技術を導入して、はるかに現実的で正確なデザインを作成する人もいます。カスタムデザインの結婚指輪の驚異的な需要に踏み切れば、明日のカップルが毎回カスタム結婚指輪を欲しがる日が遠くないかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 快適な靴を選ぶ方法 | トップ | ダイヤモンドイヤリング:最... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。