Ken坊の趣味と日常と仲間のページ

平凡なことを非凡に、非凡なことを平凡に書き綴る、
乱入大歓迎のブログ。

1956. 弾き語り

2017-06-19 | 音楽

昨晩、馴染みのお店で催された
アコースティックライブ「弾き語りの夕べ」?を
賑やかしに行ってきた。



あまりうるさくできない環境なので、
生音、生声での演奏。


トップバッターで演ったのが若いお兄さん達。
聞くと年齢は、上の娘よりも1つ若い!

自分の子供の様な若者と肩を並べて
一緒に音楽をやる時が
とうとうやって来てしまったわ!


自分にもそれだけの年季が入ってきたという事で、
複雑な心境ではあるけれど、
まぁ刺激にはなるわなぁ。


結局かなりうるさくしてしまったけど、
お店、大丈夫だったかなぁ ( ̄▽ ̄;) 反省

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1955. 最近、空を飛ぶ夢をみない | トップ | 1957. あちぃ( ̄▽ ̄) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良いですね! (あおやき)
2017-06-19 18:15:51
息子や娘の年恰好の人達と
音楽をするのは常日頃になったきました。

とっても良い事だと思います。
負けずに!頑張って下さい!
あおやきさん (Ken坊)
2017-06-19 22:10:55
僕がこれまで付き合ってきた若者=体育会系。
音楽系の若者は毛色が違うというか、
雰囲気が体育会系とはまるで違うので、
少し戸惑うところがある、、、、というのが本音かもしれません。
悪い意味ではないんですよ。
違う世界の住人というか。。。まぁ刺激です(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。