Ken坊の趣味と日常と仲間のページ

平凡なことを非凡に、非凡なことを平凡に書き綴る、
乱入大歓迎のブログ。

1954. 博多みやげ。

2017-06-17 | 旅行

博多出張の時に買ってきたセルフ土産。

ひとつめは”鶴乃子”


死んだKen坊のオヤジ、実は福岡出身。
(炭坑節の三池郡)

なので、子供の頃の夏休みには
毎年九州へ行っていたKen坊。
そこで良く食べたのが鶴乃子なのだ。


「これは本当の鶴の卵から作っとっとよ」
と、小学生のKen坊は
バアチャンにダマされたもんである。
思い出の味ね ♪


そして、もうひとつのお土産はこれ。


お約束です ( ̄▽ ̄)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1953. カラフル | トップ | 1955. 最近、空を飛ぶ夢をみない »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よかねぇ~ (むーみん)
2017-06-18 00:15:16
にわかせんぺいは、ウチも好いとぉよ。

美味しかもんね♪
むーみんさん (Ken坊)
2017-06-18 00:23:47
どこの人にもなれるむーみんさん。
さすがは妖精ですね ( ̄▽ ̄)b

しばらく見ないうちに、にわか煎餅も鶴乃子も
進化をしていました。
パッケージがプラスチック化されたり、
煎餅の顔にバラエティができてたり・・
でも味も意匠も、やっぱり伝統的なのが
よかもんごとあるち思いました(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。