Ken坊の趣味と日常と仲間のページ

平凡なことを非凡に、非凡なことを平凡に書き綴る、
乱入大歓迎のブログ。

2964. せーや

2016-12-24 | 日記

自分達が若かった頃、
クリスマスは恋人達の
特別なイベントみたいな日だった。


高級レストランやホテルを予約したりして、
特別感を演出するのに、大そうな
時間とお金と労力を費やした、
なんていう
思い出をお持ちの方も多いのでは?


最近の若い人達の間では、クリスマスを

男女の特別なイベント扱いする風潮は
以前ほどで無くなったそうな。
本来は宗教行事だもんねぇ。


にしてもだ・・・・

妙齢の娘が2人そろって

家にいるクリスマスイブってどうなんだろう?

娘2号、やり甲斐を見つけるの図。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2693. 居合 稽古納め | トップ | 2965. 大掃除 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良い事じゃないですか! (あおやき)
2016-12-24 23:48:45
娘さんと一緒のクリスマス、
素晴らしい事じゃないですか!
今と同じ時なんて二度と来ないわけですから、
早々嫁いじゃった私からすると羨ましいですよ!

あ、今日お宅の近くのケーキ屋さんに
予約のケーキ取りに行ったら…すっごい!人でした^^;
あおやきさん (Ken坊)
2016-12-25 19:09:08
メリークリスマスです (^O^)/
自分は、娘達を手元に置いておきたいと
あまり思わないタイプなのですが・・
家の居心地が良いわけでも無さそうなのに、
なぜかいますね (笑)

あのお店、そんなに繁盛しているのかー (^◇^)

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。