Studio_Rosso1/43模型制作日記

692-0055島根県安来市飯生町605-8Studio_Rosso渡部洋士 Tel 0854-22-1546火水曜定休

最終組み立てVer.11

2016-11-05 21:40:00 |  Stratos JeansChicago

The person who hopes for the English version click this, please.

今日も良い天気でしたね。
山陰は一日中ず〜っと良い天気でして適度な気温でした。
しかし明日から雨らしいので本日もいつもの様に畑仕事から始まります。
からし菜/水菜/高菜の苗を畑に植えました。

でも今日は九州福岡からO様が製作の打ち合わせにお越になる予定ですので早めに製作を開始致しましょう。
昨日制作したストラトスのストップウォッチですが一番上の部分にストップとスタートをコントロールするボタンがついていますのでそれを何とか再現したいので厚みが0.6〜0.7mm程しか無い部分に0.4mmの穴を開けなくてはなりません。
その上に穴を開ける面は球面なのです・・・普通はこんな部分にには穴を開けられません・・・不可能なんです。
今回はフライスを使って穴をあけてみる事にいたしました。
キリは0.4mmです・・・なかなかスリリングですね、しかし今回は1本のキリを折る事も無く6個のストップウォッチに穴を開ける事が出来ました。
下の画像ではドリルやチャックが回っているのがわかりますよね、やらせでは無く本当に開けているのです。

ストップウォッチらしく時計の側面は丸く削られているのも見えます。
この曲面にキリを当てるのですから滑らない訳が有りません、一つならまだしもこれを6回繰り返すのはなかなか神経を使います。

もう少し拡大して見ましょう。
これの方が良く見えるかもしれません
如何ですか?
きちんと中心に穴が開いているのがご理解頂けると思います。

穴の部分にインセクトピンで作ったボタンを取り付けました。
本来ならこのボタンの右側にもう一つ小さなボタンが有るのですがさすがにそれは難しいですね。
バランスから言えばこれくらいの方が良いかと思います。
まだストップウォッチは完成はしません、この続きは明日残り4つのボタンを付けてからデカールを貼りましてストップウォッチを完成させて取り付けたいと思います。

次はメターリングですね、つまりダッシュボードを作りたいのです。
タコメーターの物が一番大きくて内径が2.2mm外径が2.6mm程です。
素材は真鍮の丸棒から挽き物で3台分で3個作ります。

コチラは補助メーターのリングです
内径は1.2mmで外径が1.6mm程になります。
小さな物なので突っ切りバイトによって切断しますがバリが残りますからナイフとペーパーで綺麗に仕上げます。
小さいのでかなり手間がかかりますね。

続いてメーターリングの塗装ですね。
ダッシュボードはフラットブラックですのでリングは同じブラックでもセミグロスで仕上げています
細かな事ですが質感を替えて塗る事は大事な事ですね。

明日は双方とも取り付けが出来ます、コクピットが完成しますと完成が近くなります。

ジャンル:
模型
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安来青年経営者協議会60周年... | トップ | 最終組立てVer.12 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Stratos JeansChicago」カテゴリの最新記事