Studio_Rosso1/43模型制作日記

692-0055島根県安来市飯生町605-8Studio_Rosso渡部洋士 Tel 0854-22-1546火水曜定休

塗装開始Ver.1

2016-10-08 17:10:31 |  Stratos JeansChicago
今日は朝から雨がパラつきまして・・・その後雨はやんだけど雲が厚くどんよりとした天気でした。
日が射さないので畑の作物がちょっと心配なんですが・・・。
来週からは天気が回復しそうな予報が出ていますので期待しましょう(笑)

昨日、ブログで業務連絡をした件ですが無事にお客様からご連絡を頂きまして助かりました。
実はお客様はブログのショーケースの上で写した写真をご覧になられて下のミニカーの在庫確認でご連絡頂いたのでした。

2回メールをお送りしましたがどうもエラーが出てしまって返信が出来ず困っていました。
メールって便利は良いけどこんな時に困ってしまうんですよね〜。
でも今回は偶然が重なっていたんですよ。
このミニカーですがお客様がご覧になったのは今年8月14日のブログの画像だったのですが、少し前に地元の方が買って帰られましてもう在庫が無くなっていたのです。
最初のメールで既にメイクアップにも当店にも在庫が無い事をお伝えする内容のメールががエラーで戻って来た時にこれを購入されたお客様が偶然ご来店になりまして、「運が良かったですね〜もし買われてなかったらもう買えなかった所でした」とお話ししましたら・・・
「ショーケースの下にもう一個有りましたよね〜」と言われて思い出しました。
そう言えば・・・
ダブって注文をかけてしまって在庫がもう一個有りました。
お客様の方が当店の在庫に付いて良く知っていらっしゃるのも恥ずかしい話しですが・・・(滝汗)

今回埼玉のお客様にも無事に商品をお届けする事が出来ました。
このお二人のお客様はお知り合いでもなんでもない方なのですが・・・お二人のお客様に感謝の一言ですね。
有り難うございました。

毎日私のブログをご覧になって頂いているお客様が呼び寄せたご縁という事でしょう、こんなご縁が沢山重なればもっと暮らしやすい良い世の中になるはずですよね。

さて、私もご縁を呼び寄せる為に今日も仕事を始めましょう。
先日新しいフェラーリが来た事で既に運を使い果たしている・・・と良く言われますが・・・(笑)
努力の上に運は来る・・・と思っていますので今日も頑張ります。
さて今日は昨日サフを塗ったのでボディの下地処理からですね。
リアカウルが一番状態がよろしく有りません。
リアスポイラーの前側には大量のス穴が有ります・・・

反対側の同じ位置にもスが散らばっていますね〜
細かな凹みも有ります・・・まあこれらの凹みは全てかなり浅い物なのでポリパテの細かな目の物で埋めれば問題有りません。
そして仕上げはウレタンサフを希釈せずに溶きパテの様に使ってこの凹みを埋めます。

ここはちょっと考えましょう
何処かって!?
リアフェンダーのオーバーフェンダー部分ですがリベットが凹みモールドで再現されていますが・・・実車の写真を見る限りこんなに大胆なリベットは見えないんですよね・・・しかもリベットはこんな穴では無く凸なのです・・・。
今回はここをポリパテで埋めておく事に致しました。

ボディは他の部分にも若干凹みが有りまして気になる部分・・・と言うか全ての凹みはパテを盛っておきました。
メタルの凸の部分は後で削る事が出来ますが凹んだ部分は少し盛っておいてやらなければ整形出来ません。

リアカウルもス穴の部分だけではなく他にも気の付いた部分にパテを盛っています。
気にしだすと全部気になってしまいます・・・(笑)

ドアの部分にも凹みが有ります
ヤスリの傷だったりもしますのでこの時点でこれもまたパテで修正です。
下側中央にゴミが付いていますがこれは凸なので研磨時に一緒に削ればOKでしょう・・・

パテを盛る作業が一段落しましたので、硬化までの時間を使って細かな部品に塗装をします。
まずは黄色、赤。水色などの止まりの悪いカラーの部品に下地になるホワイトを塗ってゆきます。

ホイールは黄色に塗りました・・・
下地にホワイトが塗ってありますから発色が良いですね。
ストラトスと言えばこのホイールですね!

エアクリーナーボックも塗りますよ。
このパーツはキットのエアクリーナーボックスを原型にしてクリアーレジンでキャストした物ですから当然ながら透明な部品なのですが実車はFRPの樹脂で出来ていますから半透明になる様に仕上げたいですね。
塗ったのはクリアーイエローとブラックそしてオレンジを混ぜて調色したもので私は勝手にFRPカラーと言っています(笑)
当然ですがクリアー塗料なので現時点ではグロスになっています。

そしてフラットクリアー仕上げにします、艶具合はお好みなんですが、実車のケースは意外にも艶がない様に見えますし艶がないと内側のキャブの上側が濁って見え難くなりますから丁度感じが良いのです。

他の細かな部品も塗ってゆきました・・・まだまだ全てじゃないですが・・・
ウォッシャータンクの袋は水色(洒落では無く実車がこんな色なんです)、エアホーンはブルー、ドアの内装はブラックに少しグレーを混ぜた色にしています。

そしてパテが硬化した部分からペーパーを当てています。
気になる部分をどんどん研ぎます、サフが無くなってしまっても気にしませんよこのサフは捨てサフの様な感じですから。
今日全て終わらないので明日もこの作業からですね〜
ここではなるべく丁寧にしておかないとね〜仕上げが悪くなってしまいますからね。
ジャンル:
模型
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 塗装準備からサフェーサー塗装 | トップ | ボディ塗装の下処理 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。