Studio_Rosso1/43模型制作日記

692-0055島根県安来市飯生町605-8Studio_Rosso渡部洋士 Tel 0854-22-1546火水曜定休

1・2号車エンジン補器類仮組Ver.2

2016-09-19 21:37:56 |  Stratos JeansChicago
今日は朝から雨が降っています。
昨夜もず〜っと降っていましたからかなりの降水量になるんじゃないかと心配をしていますがその割に強く無かったらしくアトリエのまわりが水没する事も無く大丈夫そうでした。
数日前から心配していた台風16号は当初は島根県の方を縦断してゆく最悪のコースを取っていましたが南の方にかなり逸れてしまいました。
台風の進路に当たる地方では最大の警戒が必要かもしれませんのでどうか十分お気を付け下さい。
今回の台風はスピードが遅かったのと急角度でカーブしてきましたので進路の予報が難しかった様ですね・・・
私の所は進路に対して台風の中心の左側になりますので風も雨もメチャメチャ・・・なんて事は無いんじゃないかな・・・。
農業をする様になってから天気予報はかなり気にする様になりましたね(笑)

そんな中では有りましたが今朝もオクラとイチジクは雨が小降りの時を見計らって収穫しました。
オクラは昨日収穫していなかったので何とバケツに2杯も・・・イチジクは昨日強めに収穫(少し若い物もと言う意味です)したので本日はバケツ1杯分でした。
早そうに収穫を終わり建物に避難し朝のコーヒーを頂きまして、いつもの制作開始になりますよ。
本日はまたエキゾーストを作らないといけないので昨日の通りに3本のエキゾーストを作りかけています。
ストラトスはV6エンジンなので3本のエキゾーストが2組必要なんですね。
ですから後3本必要になる訳です。
部品だけは最初から予備を含めて5本分作っていたので楽勝です・・・が最初の1本が完成するまではこれで良いのかかなり不安になります。
試作の1本を失敗しますと後の4つの部品はゴミになってしまいますから少々心細い物なんですね。
でも思った様に完成しますと俄然元気になります(笑)
仕事の進みも良いのです。

3本のエキゾーストをハンダ付け・・・
ここまでは同じ作業なので一緒に作業しますがここから先は1本ずつ作業してゆきますので時間がかかります。

1号車は昨日作っていますが手が忘れないうちに2号車の後部バンクのエキゾーストの部品を作っておきましょう。
車載の状態でのエンジンに合わせてエキゾーストを曲げてゆきます、2台目となりますと忘れない限りはスムーズな作業が可能ですね。

取付けますとこんな感じになります。
3in1になった部分は非常に厳しい場所に有りましてこの部分は左右にドライブシャフトも通りますからね・・・

2号車の後部エキゾーストは完成しましたのでここからは1号車の仮組に戻りますよ・・・何だかわかり難くて申し訳有りませんね。
1号車のエキゾーストは前側を作りたいのですが前側を作る為には後側のエキゾーストよりも後側の位置関係を決めておかなければまたやり直しになってしまう可能性が有ります。
なので一番後側に付くサイレンサーを作っておきます
厚さが2.0mmの真鍮板を切って整形致します・・・厚いから結構大変ですがここを手抜きする訳には行きません(笑)

一度エンジンを下ろしまして前側のエキゾーストを手曲げで調整致します・・・
集合部分は後側のバンクのエキゾーストが終わった部分を予定していましてここならばドライブシャフトに干渉する事も無いと思います。

前側から来たエキゾーストと後バンクのエキゾーストをハンダ付けします。
ここをハンダ付けしますと後で分解出来なくなりますが取り付け方法は後でまた考えます・・・何と言うアバウトさでしょう(笑)

次はテールにつく容量の小さなサイレンサーを作っています
上の方の写真で2.0mmの真鍮板から削り出していた物ですね・・・アレをベースに作っています
フライスを使ってマフラーを差し込む為の穴をあけています
穴を開けるのはそんなに難しい事じゃ有りません厚みが2.0mmでサイレンサーの入り口は1.0mm、出口は見た目を重視して1.2mmです。

サイレンサーは入り口側は1.0mmの真鍮線、出口側は外径1.2mmのパイプを使います。
穴の部分は厚みが有ると不自然なので厚みを薄く削っておきます。

車体に取り付けるとこんな感じになります。
実車もこんな感じになっていますので感じはいいかな・・・!

サイレンサーを取り付けましたがこのままでラリーに出れば早々にリタイヤになるでしょう・・・理由は激しい振動によりエキゾーストが折れて脱落してしまうからなのです。
実車通りに補強する為にはサイレンサーの出口付近と入り口付近から車体に向けてステーを延ばさなければなりません。
こんな感じですよね〜
車体側のステー位置の問題で全く同じと言う訳にはゆきませんが雰囲気はこんな感じですね。
拡大写真ではハンダがちょっと固まっていますが・・・後で削っておきます(笑)

ステーを車体側に留める為の穴をあけておきます。
まずは出口側からですね。
ちょっと難しい穴開けになりますが・・・何とかOKですね。

サイレンサーの入り口側のステーも付けましたよ。
如何ですか?良い感じではないかと思いますが・・・

しかし、ここまで来てカウルに干渉してしまえば何もなりませんが何とか干渉も無く収まりましたね〜。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1号車エンジン補器類仮組Ver.1 | トップ | 1/1 Ferrari 348 Zagato必要... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。