Studio_Rosso1/43模型制作日記

692-0055島根県安来市飯生町605-8Studio_Rosso渡部洋士 Tel 0854-22-1546火水曜定休

少々ストップします

2017-08-09 20:38:33 | Maserati A6 GCS
The person who hopes for the English version click this, please.

定休日2日目です。
本日の午前中は曇りでしたのでオクラとトマト、そしてキュウリの収穫をしてからブルーベリーの収穫をして昼食時間になりました。
ここまでは実に順調に予定をこなせましたが午後3時頃から雨が降って来ましてブルーバリーの収穫が残ってしまいました。
もう1/3程だったのですが・・・
仕方が有りませんね〜。
この続きは雨が止んだタイミングで行なう事にします。


さて本題ですがタイトルを見られてちょっとびっくりされた方もいらっしゃるかもしれませんが少しマセラティの制作を止めておきます。
そんなに長い期間では有りませんが・・・
と言うのもコクピット内の画像が無くてフランスのモデルアート111のクロージャーさんに友人を介して写真を頂ける様に頼んでいました。
数枚の写真を送って頂けたのですがセンタートンネルとフロアの写真が無くて色がよくわからないのです。
写真などすぐにメール添付で送れるだろうと考えるのは日本人貴方ですね(笑)
今のフランスはバカンスのシーズンなのでクロージャーさんも当然バカンス中・・・
多分地中海沿岸の方に遊びに行っておられるのでは・・・
写真はとうぜんPCの中に入っているのでしょうけれど・・・デスクトップの中ならちょっと直ぐにはメール添付出来ないかもしれないのです。
それでも何枚かは送って頂いておりましてリアのバルクヘッドはブラック、シートはもう少し赤みが強いブラウンである事がわかりました。
(下の写真は同型車のもので現在制作中の個体ではありません)

センタートンネルの部分がブラックらしい・・・と言うのはわかるのですがミッションが降ろされているらしくセンタートンネルのパーツが外されているみたいでよくわからないのです。
そこで記憶で良いから教えてもらってくれと再交渉しておりますのでその返事が返ってくるまで少々制作をストップします。

ここまで一生懸命作っていい加減なカラーで進めるのも残念ですし、後で事実が分かって僕自身ががっかりするのも有りますし大枚をはたいて下さるお客様に対して申し訳が無いからです。
色々努力してわからない事も有るかもしれませんが・・・お客様には私の最大限の努力を持ってお許し頂きましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピラニアモデルのミニとの比較 | トップ | MINIピックアップ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Maserati A6 GCS」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。