Studio_Rosso1/43模型制作日記

692-0055島根県安来市飯生町605-8Studio_Rosso渡部洋士 Tel 0854-22-1546火水曜定休

メーターパネルの取り付け

2017-06-16 21:28:33 | OM Superba 1927
The person who hopes for the English version click this, please.

本日の山陰は午前中厚い雲に覆われて曇りの天気でした、山沿いでは朝方結構雨が降ったらしい・・・。
アトリエの周りだけは道路が若干濡れていましたが、さてどれだけ降ったのかな?って感じでした。
午後からは天気が回復して来まして日は当たりますが気温はさほど上がらず過ごしやすかったですね。

今日も最初の仕事は畑仕事からですね。
オクラの残りを30本ほど植えてから花オクラ、そして唐辛子の苗を植えて夏野菜の植え付けを完了しました。
後は雨が降るまでず〜っと水やりですね。
そう思ったのも束の間です
隣の畑のおじさんが黒豆の苗が余ったんだけど植えないか・・・と(笑)
おじさんの甘い誘惑ですね。

本日はメイクアップから新製品が届きました
1/43のスカイラインGTR RBN32ですね。
いつもながらなかなかの出来です。

どなたの注文だったかな・・・
ポルシェ962のホワイトが入荷?


そして本日の話題は「日本は広いな〜、そして世界はもっと広い・・・有る所には有るんですね」というお話です。
先日国内のショップさんにキットを3個注文したのですが・・・
初めてのショップですし・・・それもインターネットのショップですので何か少し怪しい感じだったのです。
値段が異常に安い・・・これは詐欺か?って思っていました

まさかGPファクトリーの日野サムライが3個も有るなんて信じられますか?
カートに入れた時点で3個カートに入れることができました・・・ので3個は有ると表示されている事になります。
そして他の在庫を見てみますとプランXのフェラーリ512Sピニンファリーナが1個だけあります。
如何にも・・・という感じだったのですが代引きも出来ると書いてありますのでちょっと試してみました。
そして数日前に届きました

やっぱり本当の通販サイトだったんですね
しかし、80個ほどしか作られなかった日野サムライのキットが20年以上経過した今、3個もショップさん在庫がある事自体が信じられないですね。
しかも3つで送料と代引き手数料を含めて17000円いかなかったのです。
有難や!有難や!

そして
もう一つ
アネシーのフェラーリ412Pが3つも一度に入手できるとは・・・
このキットですが私が1/43を始めた頃には5万円以上していましてなかなか入手できなかったものです。
このキットは330P4と412Pの2種類のボディと数種類のデカール違いのキットがありましてこの412Pは今回入手した、ものはA~Cまで一度に手に入れることができました。
今回Cだけはどうしてもと言われて友人の元に嫁いで行きましたので写真は2個しかないのですが・・・
いや〜今でも有るところには有りましてチャンスがあれば入手できることもある・・・これもまたご縁かもしれませんね。

またアネシーコレクションが増えました(笑)
キットの内容につきましては日野サムライは以前ご紹介していますので割愛させていただき、その他のキットにつきましては後日ご紹介させていただきます。

さて本日の仕事です
メーターパネルの写真は正しいかそうでないかはわかりませんがこれだけしか有りません。
ここから読み取れるのは真ん中にマグネトーが有ってメーターはホワイトの文字盤のものが3つだけ。
電気関係のスイッチは付いていません。
何やらオイルポンプか?というものは2つ左右に付いていますね。
そして中央下側からリアのブレーキの効くハンドブレーキのレバーが付いていますね。
メッキらしくボディカラーでは無さそうに見えますね。

マグネトーは色々な形状のものがありますが写真が不鮮明で詳細な形状はわかりませんが中央に黒いレバーが出ていてこれでエンジンの点火時期を調整するようになっているようです
とりあえずマグネトーを作ってみました、今はレバーは金属色ですが最終的にはブラックで塗装をする予定です。

昨日制作したメーターパネルの裏側にアニメセルを切ったものを貼り付けました
これがメーターのガラスになるのです、中央の穴はマグネトーが覗くので穴のままですね。

ホワイトメーターは作り置きをしておいた自作デカールのホワイトメーターをカットして貼り付けます
ここで気をつけなければならないのはアニメセルの裏側に表側から見えるようにデカールを貼るわけですから糊のないデカールの表側に木工ボンドを足してから貼り付けておきました。

表側から見ますとこんな風にメーターが見えます
アニメセルがガラスのように見えますから感じがいいですね。

メーターリングを旋盤で挽いて作りました
メーターパネルの穴に綺麗に収まるようにしたいので、まずは旋盤で外径を押さえておきます。
そして中央に穴を開けまして輪切りにします。
そうそう、書いていませんでしたが素材は真鍮素材にして見ました。
というのもカラー写真がないので色がわからないのです・・・ただダッシュボードが洋白なのでここは質感を変えておいた方が感じがいいと思ったのです。

メーターリングを取り付けて見ました
案の定素材が違いますので色が変わっていますからなかなか引き立つように思います。

次はなんだかわからない部品を作ります
オイルポンプ?ライトスイッチ?
ライトくらいしか電気系のスイッチは存在しないと思いますので・・・まあ写真から同じような感じに見えるように作っておきました。

メーターパネルを取り付けて見ました
雰囲気はなかなかかな!?

明日はステアリングシャフトを作って見ましょうかね・・・これがまた結構複雑なものなんですよ(笑)
『ミニカー・模型』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダッシュボード作り直し | トップ | ステアリングシャフトの制作 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。