Studio_Rosso1/43模型制作日記

692-0055島根県安来市飯生町605-8Studio_Rosso渡部洋士 Tel 0854-22-1546火水曜定休

ホイールサイズの決定

2016-09-18 13:21:51 | Ford ModelA Hot rod
今日は雨模様になっている山陰です。
私の所ではそう強く降る訳ではないのですが、島根県西部では列車に遅れが出たり運行を見合わせている所も有るらしいのでお出かけの皆さんは気をつけてお出かけ下さい。
さてこの所ストラトス以外の制作は一見進めていない様に見えますが実は検討だけはしておりまして・・・
Ford Model A Hot rodはホイールの大きさを検討中です
タイヤホイールの全体の大きさは既に良いバランスを考えておりますがその中のホイール単体の寸法を決めないとスポーク部分を制作出来ません。
最近の車はタイヤのハイトが低くホイール大きめでタイヤは薄い物が普通になって来ていますね。
今回の製作では時代背景も表現しなくてはなりませんのでこのタイヤのハイトが微妙になってくるのです。
すこし前の古いアメリカ・・・ただしFord Model Aが現役と言うか新車の時代の話しでは無くもう少し時代が下って来てカスタムされる様な時代に流行った物を再現したいと思っていますので車に使う社外部品の時代を検証する事は大変重要な事になります。

前回は車自身の姿勢を決めましたが、その第二弾でホイールとタイヤの大きさのバランスに付いてですね。
ABS樹脂のダミータイヤにマスキングテープで色々な大きさのサークルを切り出しまして貼ってバランスを確認します。
一応落ち着いたのがこのサイズです。
フロントは直径9mm、リアは10mm。
幅はフロントが6,5mm、リアが7.0mmですが作っていたダミータイヤではノーマルのフェンダーから少しはみ出ますがこのフェンダーはスペアタイヤを取付けるスペースが不要になりますから作り直しますので心配は無いはずです。


そうそう一番大切なのが取り付け用のシャフトですが1.0mmの穴でお願いしようかな・・・と思っています。
と言うのもフロント側は固定軸+横置きルーフスプリングにディスクブレーキの組み合わせを考えていますので細い方が都合が良いのです。
まあ細い物は太くするのは難しい事じゃないですしね・・・(まあ反対に太い物を細くする事もブッシュを入れる加工をすれば簡単に変更出来ますが・・・)
そうそう、ホイールはクレーガーでね・・・!
この条件での川崎営業所の方にお願いします・・・(笑)

この横からの写真を見てチョップドトップにしてエンジンを入れたいと思ってしまうのは私だけでしょうか・・・!?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 補助灯の取付け | トップ | 1号車エンジン補器類仮組Ver.1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Ford ModelA Hot rod」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。