one shot

SO902iで撮った個人的な画像日記です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

すなっくらんど

2005-08-29 | グルメ
大学の時、高校の友達のおじさんが働く印刷所で
週1回バイトしてました

仕事も週1でしかなく、時間も3時間ほど
時給は1200円だったので、高い方かな?

池袋に競馬新聞の印刷所があって、
そこで、株価チャートの本を印刷してました
(この印刷所自体がなくなってるかも知れません)

古めかしい巨大な印刷機で、轟音もすさまじく
バイトの後の30分は、耳に影響が出るくらい

仕事は至って簡単で、
その機械から刷り出される紙を折りたたむだけ
トラックに詰め込んでお終い

バイトに、30代後半の中国人「李」さんがいました
日本に長いようで、日常生活に支障なく、日本語が話せるほどでした

でも、発音が難しい単語もあるようで
「そぷらん好き、そぷらん良いね」と言ってきて
何のことを言ってるか、理解できませんでした

よくよく聞いてみると、そぷらんは「ソープランド」の事でした(笑)

しばらくして、16歳の中国少年が加わりました
たしか「りょう」君だったかな?
将来は通訳として働きたいと、ちゃんとした将来の夢を持って
来日した少年でした

でも、最初の半年は、日本語が話せず、
僕とはジェスチャーで、コミュニケーションを取りました

しかし、すぐ日本語をマスターして
普通に会話できるようになりました

彼とは、1年ほど一緒にバイトして、
週1しか会わなかった割には、仲良くなりました

で、彼がとても美味しいチャーハンの店を発見したらしく
バイトの後に、僕を案内してくれました

中国人が認めるぐらいなら、よほど美味しいに違いない
勝手に決めつけて、期待してついていくと...
池袋駅の地下に潜っていく

おいおい、店に行かないで帰るのか?
いや...目的地に着いたらしい
そこは「すなっくらんど」(汗)

駅地下の薄汚い立ち食い食堂街で
色々な店が集まって、低価格で気軽に食べられる
怪しい地帯なんです(汗)

(今は綺麗になって復活したとか?)

入りにくい雰囲気で、びくびくしながら
中程に進んで、りょう君お気に入りのチャーハンを食べる
油っぽいけど、味は普通(汗)

当時はネタとして、友達にこのことを話していたけど
自分が稼いで食べた日本食は、16歳のりょう君にとって、
最高のごちそうだったかもしれません

大学生だった自分は、ガキだったので
そこまで頭が回りませんでした

急に思い出したので、日記にしてみました(笑)
懐かしいな~>すなっくらんど
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「容疑者 室井慎次」 | トップ | オタクとエルメス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL