伊豆熱川暮らし

東伊豆にある京王熱川マンションの住人グループのまったり日記。

早朝の「けやき公園」

2017-05-21 12:21:40 | 東伊豆を歩く

今朝はマンション脇の「けやき公園」を歩いてきました。

外に出た時はまだ「月」は上空に残っていて、真っ青な空に白い半月がとても

良いコントラストを描いていました。

けやき公園に下る坂道から東の空を見ると、山の際が明るくなってきて、

これから日が昇るぞ!と言わんばかり。

坂道の途中にある「京王熱川マンション テニスコート」はツツジの花が今を盛りと

咲いています。

テニス通の住人によると、2面のコートを有しているリゾートマンションはこの辺りでは珍しいそうです。

今、自治会の同好会の一つに「テニス同好会」があります。会員は高齢者がほとんどですが、

『テニスを始めた!』と古い友人に自慢できるだけでも「若返った」気持ちに成るんだそうです。

さくら広場を散策して帰る頃には、太陽が昇ってきて、まぶしい。

今日も暑くなりそうな予感を感じながら、けやき公園「きぼうの館」の脇を通り、帰路に着きます。

色とりどりに咲く花の名前はわかりませんが、なんとなく写真に収めてきました。

今日は、日曜日とあって、普段お見掛けしないご夫婦や愛犬を散歩に連れ出した年配男性などが

公園を目指してきてすれ違います。明日はまたいつもの静かな朝に戻るでしょう。

(k)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お部屋の「消火器」を取り換えましょう!

2017-05-20 09:16:22 | マンションからのお知らせ

オーナーの皆さんには、中間報告書と同封の資料でもご説明させて頂いておりますが

各部屋の消火器で製造年月日から8年を経過したものを交換するキャンペーンを開催中です。


 

最近「集合住宅」の火災が増えておりますが、

お部屋の消火器、大丈夫ですか?

 消火器は『5年を目安に必ず点検を行って下さい。

         製造年から8年過ぎたものは使用しないで下さい。』

 自治会と管理組合事務所は共同して、新しい消火器を古いものと取り換える(通常、廃棄は有料ですが今回は無料)キャンペーンを展開します。

数を集めるため1本 3,480円(通販サイトで4,000円から5,000円(送料別))となる見込みです。

備えあれば憂いなし! 申込みをお待ちしています。

 古い消火器による事故が5年間で9件(内1人が死亡)発生!

『古い消火器は、レバーを握る際に爆発することが有ります』

★ キャンペーン受付期間  5月15日から6月15日まで。

★ 申込みは事務所まで。支払いは後日事務所へ持参か現金書留で郵送下さい。

★ 当消火器は畜圧式で各部屋用(3型)となっております。

★ 購入先はカインズホームの予定です。



 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東伊豆町稲取漁港

2017-05-19 13:41:17 | 東伊豆を歩く

ここ東伊豆町を表すキーワード、「キンメダイ」「捕鯨」についてお話しましたが、双方に関係する

キーワードとして「稲取漁港」があります。

場所は町の役場に隣接している「浜」です。写真は港に注ぐ小さな川の河口です。

その右を見ると「もやい石」の説明看板があります。写真では右奥に漁船や漁港の一部が見えます。

大きな石(というより岩ですね。)が並べられています。いずれも石の上部脇に20~30センチ程の

穴が開いていて、太いロープが結べる形状になっています。

ここ東伊豆一帯は、大きな石の産地として有名で、江戸城を築城する際も、切り出して送ったとのこと。

稲取駅にも切り出された大きな石のオブジェがありました。

ちなみにこの大石は「道灌まつり」(太田道灌を偲ぶお祭りで熱川地区で開催されている)で

300人が綱で引く時に使われています。(k)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東伊豆町と捕鯨

2017-05-18 08:52:24 | 東伊豆を歩く

東伊豆町の住人になって早くも5年目です。

買い物や食事などで町内を巡る時も、ほとんど寄り道をしませんから、

町史に関係のある名跡なども知る機会がありません。

町役場の建物の前に『キンメダイ』のオブジェがあることは、ご説明済みですが、

『捕鯨』と関連する物を見つけました。

クジラ漁に使われた『砲』です。思ったほど大型ではありませんが『銛(もり)』の実物を見ると、

これを喰らったらクジラもひとたまりもないな!と思いました。

調べてみました。

ゴンドウクジラ(巨頭鯨)は、クジラ類ハクジラ亜目マイルカ科に含まれる小型のクジラの一群。

体長2-5メートル。(イルカ以外の)クジラとしては最も小型で、まれにイルカとされることもある。

頭部は丸く、他のマイルカ科のイルカと違い口吻の突出はほとんどない。歯は各列15本以内と、

クジラ類にしては少ない。

東伊豆町に展示されていた捕鯨砲が小型だったのが頷けましたね!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金目の町東伊豆!

2017-05-16 15:23:14 | 伊豆熱川暮らし

「金目」とは「金目鯛(キンメダイ)」のことです。知らない人は、東伊豆町の特産と

思っている様ですが、そうではありません。

『北海道釧路〜土佐湾の太平洋沿岸、新潟県佐渡、富山湾、東シナ海大陸棚周辺、

九州〜パラオ海嶺。インド-南米北部より北の東太平洋を除く太平洋』と結構ポピュラーなんです。

でも東伊豆に来て食す代表はやはり「金目」です。役場の前に金属で出来た金目鯛の

オブジェがあります。

大きなオブジェ金目は、ハンドル操作で「エラ」「ヒレ」が動く優れ物です。

このオブジェを見れば、この町がいかに金目を愛しているか分かりますよ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加