伊豆熱川暮らし

東伊豆にある京王熱川マンションの住人グループのまったり日記。

マンション夏期運営のお知らせ

2016-06-29 11:35:59 | マンションからのお知らせ

いよいよ7月。当マンションでも夏期運営が始まりますので、お知らせします。

期間  7月15日(金) ~ 8月31日(水) 48日間

大浴場利用時間  午前 7:00 ~ 9:30

         午後 1:00 ~ 12:00

フロント利用時間  午前 6:00 ~ 午後 12:00

プール利用時間  午前 10:00 ~ 午後 5:00

レストラン 「やま亭」 TEL 0557-23-2841

夏期期間の営業につて。

   毎週 水曜日は定休日ですが、8月4日から8月22日までは休まず営業いたします。

臨時休業日  7月12日(火)・14日(木)・8月23日(火)・8月25日(木)

尚、予約時間は次の通りです。

 朝 前日21:00迄  昼 11:00迄  夜 16:00迄  お任せコースは3日前迄

宜しくお願い致します。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

消防設備点検があります。

2016-06-28 09:45:48 | マンションからのお知らせ

【消防設備点検のお知らせ】

日時: 7月4日(月)・5日(火) 9:30より

 4日、各住戸内に入室させていただきます。

しばらくの間ご迷惑をお掛け致します。

(入室の際、ゴキブリ団子を入れさせていただきます。)

5日(火) 午後1時より消防設備の警報音(ベル)が点検のため鳴ります。予めご了承ください。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊豆の名所 下田港

2016-06-26 12:38:17 | 伊豆においで

河津町から南に隣の町が下田市になります。

下田は縄文時代の遺跡が多くあり、古くから人が住んでいたそうです。

全国的に有名になったのは、1853年:米使マシュー・ペリー浦賀に来航、開国を求め、

翌年下田港にペリー艦隊が入港してからでしょう。

国道135号線で河津町から南下すると、途中の高台から下田方面が見えます。

市街地に入ると、左手に下田港が見えてき、ペリーの頃を彷彿させる「黒船」が運航しています。

昭和8年(1933年)に東京湾汽船(現・東海汽船)の客船が就航すると下田港は観光港として栄え、

翌昭和9年(1934年)には開港80周年を記念して第1回黒船祭が開催された。

黒船祭(くろふねさい)は、静岡県下田市で5月第3土曜日前後の3日間開催される祭です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊豆の名所 2 浄蓮の滝

2016-06-23 11:33:12 | 伊豆においで

前回は天城山隧道をご案内しました。折角ですから「浄蓮の滝」まで足を延ばしてみたら?

浄蓮の滝(じょうれんのたき)は、静岡県伊豆市湯ヶ島にある滝。日本の滝百選の一つ。

かつて滝の付近に「浄蓮寺」という寺院があったことから「浄蓮の滝」という名称がついたと伝わる。

周囲には日本では伊豆半島と熊本県にのみ自生が確認されている「ハイコモチシダ(ジョウレンシダ

とも)」の群生地があり、静岡県指定の天然記念物にもなっている。

無料の駐車場が完備さており、傍らには土産物店が並ぶ。滝は駐車場から谷をかなり降りたところ

にあり、足腰の弱い高齢者には厳しい面がある。滝壺の近くにも土産物店が並ぶ。また、沢に沿って

ワサビ田が広がる光景が見られるが関係者以外立入り禁止となっている。

滝の脇には、演歌歌手・石川さゆりのヒット曲、『天城越え』の歌碑がある。

伝説
女郎蜘蛛の精 - 滝壺にはジョロウグモの化身が棲むとの伝説がある。

「むかし樵夫が、落とした鉈を探しに滝つぼの中に入ると美しい女性と出会う。その女性と姿を

見たことの公言をしない約束をしたが、「滝の主は女郎蜘蛛だ」と村人から聞き、その出来事を話すと

樵夫は深い眠りについた。」

近くに「観光センター」があります。特産のわさびを使った名物などを売っています。(k)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊豆の名所 天城山隧道

2016-06-21 13:16:06 | 伊豆においで

先日は河津町の「河津七滝 風涼渓」というイベントをご紹介しました。

もし河津七滝まで行こうと計画されている方に「天城山隧道」のこともお知らせすべきと思いました。

天城山隧道は(旧天城トンネル)は、天城峠の下で、静岡県伊豆市と、同県賀茂郡河津町を結ぶトンネル。

川端康成の小説『伊豆の踊子』や、松本清張の小説『天城越え』で有名なこのトンネルは、

正式名称を天城山隧道(あまぎさんずいどう)と称し、1904年(明治37年)に完成した。

全長445.5メートル。アーチや側面などすべて切り石で建造され、石造道路トンネルとしては、

日本に現存する最長のものである。(ウィキベディア参照)

1916年(大正5年)には、バス運行が開始されて人・物の交流が盛んになった。

起点 静岡県賀茂郡河津町梨本
終点 静岡県伊豆市湯ヶ島字桐山

2つの市町を結ぶ重要な道路であると共に、2001年6月15日に「天城山隧道」として道路トンネルとしては初めて国の重要文化財に指定された。

現在は国道414号線の分岐道に存在し、車での往来も可能です。前後の道路は舗装されていません。

河津町までお越しの節は是非寄ってみることをお勧めします。(k)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加