銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

住友商事、ブラジル鉱山で減資

2017年03月08日 | 社会・経済

住友商事 ブラジル鉄鋼大手ウジミナスが70%、住商が30%出資する鉱山運営会社、ミネラソン・ウジミナス(MUSA、ムーザ)の資本金を10億レアル(約360億円)減らす案に合意したと6日発表した。ウジミナスは資金繰りが苦しく、減資で7億レアルの現金を得る。住商も3億レアルを引き取る。減資の実行時期は未定。ムーザの資本金は19.8億レアルに減る。

 住商は1月、「減資はムーザの利益にならない」としてウジミナス側の減資案を拒否した。ムーザの資金繰りを改めて精査した結果、減資をしてもムーザの経営には問題がないと判断した。ウジミナスは新日鉄住金の持ち分法適用会社。資源安やブラジル経済低迷で経営が悪化していた。

=3/6 日経web

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国、生産能力削減の対象拡... | トップ | フィリピンの鉱山論争激化 ... »

社会・経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL