銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

〔インサイト〕LME銅、横ばい=中国旧正月で方向感欠く(30日)

2017年01月30日 | 社会・経済

【メルボルン・ロイターES=時事】

欧州時間30日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、ほぼ横ばい。中国が春節(旧正月)に伴う連休に入り、市場が方向感を欠く中、最近付けた8週間ぶり高値を下回っている。  上海先物取引所の銅相場は休場。取引は2月3日に再開する。  

LMEの銅3カ月物相場は0657GMT時点で0.3%安の1トン=5884ドル。前営業日は0.7%高を付けた。  

銅相場は先週、6000ドルに近づいた。今年のLME銅の在庫減少が支援材料となった。26日には一時、昨年11月28日以来の高値となる5981.50ドルを付けた。  

オーストラリア・ニュージーランド銀行は「LME銅の在庫が約2%減の26万3800トンとなったことを受け、銅相場は上昇した」と指摘。「LME銅は年初来でも6万5000トン減少している」と語った。

 [時事通信社] 01月30日 16:47 JST

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「都市鉱山」が燃える リサ... | トップ | 1月30日(月)のつぶやき »

社会・経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL