銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

主要非鉄地金国内消費:軒並み増、ニッケル2桁伸び続く

2016年10月18日 | 社会・経済

経済産業省が17日発表した非鉄金属等需給動態統計によると、8月は電気銅、電気鉛、亜鉛、ニッケルのいずれも国内消費量が前年同月比で増えた。特殊鋼向けの消費が旺盛なニッケルは、4カ月連続の2桁増。銅、鉛、亜鉛は前年比ほぼ横ばいか、若干増の推移が続く。

ニッケルの8月国内消費は前年同月比21・6%増3956トンで7カ月連続の前年比プラス。エネルギー用途の高ニッケル鋼向けの消費増、特金スクラップの発生減を受けた地金需要の増加傾向などが言われる。内数の特殊鋼向けは24・5%増の3430トン、3カ月連続の2桁増だった。

電気銅の8月国内消費は4・6%増の6万1408トンで、主力の電線向けは2・9%増の3万7640トン、伸銅品向けは12・6%増の2万3078トン。伸銅品向けが4月まで1年半ほど続いたマイナス基調を脱し、回復を鮮明にしている。

亜鉛は3・2%増の2万7341トンで4カ月連続プラス。自動車用途を主とする亜鉛めっき鋼板向けは3・2%減の1万4010トンにとどまったが、構造材の溶融めっき材を主とする「その他のめっき」向けが6・3%増の4244トン、伸銅品向けが9・7%増の3176トンなど。

電気鉛は6・4%増の1万5030トンで、主力の蓄電池向けは6・8%増の1万3594トン。僚品の再生鉛は18・1%増の3883トンで、内数の蓄電池向けは9・2%増の3536トンだった。

   

   

=10/18 日刊産業

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <関東故銅> 様子見横ばい... | トップ | モンゴル首相「財政赤字、G... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL