銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

非鉄地金が全面安 国内価格、中国輸入減で ~三菱マテは鉛建値下げ

2016年10月19日 | 社会・経済

非鉄の国際相場軟調を映し、国内の地金価格も全面安の展開となっている。指標となるロンドン金属取引所(LME)の銅や鉛、アルミの国際相場が軟調に推移。三菱マテリアルは18日、鉛の建値を5千円引き下げ1トン26万5千円に改定した。

 東京市場の銅現物商社出し値(置き場渡し)は前日比1円安の1キロ512円中心。直近高値の10月初旬に比べ約10円安い。ニッケルも前日比20円安の1210円中心。アルミは前日比1円安の221円(中心値)で前週の高値に比べ3円下がった。

 中国の輸入減が内外の非鉄市況の下押し要因だ。中国の貿易統計によると9月の銅輸入が34万トンと1年8カ月ぶりの低水準を記録。輸入減を材料に投機筋の売りが前週から膨らんだ。アルミ3カ月先物も中国のアルミ製品の増産予想や高値警戒感からファンド勢の売りが優勢となった。

=10/19 日経web

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LMEニッケル上昇、銅も高... | トップ | 東京の銅スクラップ反落、中... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL