銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

ポルトガル:ILZSGの亜鉛需給予測、2017年は248千tの供給不足継続へ

2016年11月02日 | 社会・経済

2016年10月27日から28日にかけて、ポルトガル・リスボンで国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)が開催され、2016年及び2017年の亜鉛需給予測について協議が行われた。ILZSGは亜鉛需給バランスについて、2016年は349千tの供給不足、2017年には248千tの供給不足になると予測した。

サプライサイドについて、亜鉛鉱山生産量は豪州Century鉱山及びアイルランドLisheen鉱山の閉鎖、インドRampura Agucha鉱山及びペルーAntamina、Iscaycruz鉱山の減産、さらにGlencoreによる減産計画に伴い、2016年は前年比5.6%減の12,467千tになると推定。2017年は、豪州、インド、ペルー、中国、カザフスタン、メキシコ、ロシアの増産、さらにエリトリアBisha鉱山の生産開始により5.9%増の13,201千tになると推定した。亜鉛地金生産量は、2016年はアルゼンチン、豪州、ベルギー、インド、メキシコ、米国での減産が起因し3.2%減の13,219千t、2017年は豪州、インド、メキシコでの増産が影響し、2.9%増の13,599千tと推定した。

デマンドサイドについては、中国の自動車セクターにおける需要の増加が期待され、2016年は前年比0.6%増の13,568千t、2017年は更に2.1%増の13,847千tと予測した。

=11/2 JOGMEC 2016年10月31日 ロンドン ザボロフスキ真幸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポルトガル:ILZSGの鉛需給予... | トップ | 豪:資源コンサルタント企業... »

社会・経済」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事