銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

銅や亜鉛、国際価格上昇~ 中国で需要増観測

2017年07月27日 | 社会・経済

非鉄金属の国際相場が上昇している。銅は指標となるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物が日本時間26日夕方の時間外取引で、1トン6300ドル前後。直近安値をつけた5月上旬に比べ15%上昇した。亜鉛も6月上旬の安値に比べ15%高い。

 最大消費国である中国で銅の需要の増加観測が高まっている。現地の報道によると、中国政府は18年末から一部の銅スクラップに対して輸入の規制を設ける見通し。「スクラップの流通が減少した分、銅地金の需要が高まる」(つくし資源コンサルの渡辺美和代表取締役)との観測が台頭。投機筋の買いが入った。

 中国の景気回復を示す経済統計の発表が相次いでいるのも銅や亜鉛の買い材料になった。主要通貨に対してドル安が進み、ドル建てで取引される非鉄金属の割安感が出たのも影響した。

 国内の取引価格も上昇した。JX金属は26日、銅の建値を4万円引き上げて1トン74万円とした。三井金属も同日、亜鉛の建値を1万8000円上げ同36万7000円にした。

=7/27 日経web

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〔NY非鉄〕 銅、5日続伸... | トップ | LME銅:年初来高値を更新~需... »

社会・経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL