銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

銅の国際価格、6カ月ぶり高値~米経済指標の改善で

2016年11月08日 | 社会・経済

銅の国際価格が反発している。指標となるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物は日本時間7日の時間外取引で1トン5050ドル前後。直近の底値だった10月21日の終値に比べ415ドル(9%)前後高く、今年4月下旬以来、約6カ月ぶりに5000ドル台に乗せた。米国の経済指標の改善やペルーの一部の銅鉱山での輸送停滞が買い材料になった。

 米国では4日発表された雇用統計で賃金上昇の伸び率が7年ぶりの高さになったほか、中国でも9月末の都市部失業率が政府見通しを下回った。「堅調な米国の経済指標や中国景気に対する極端な悲観論が後退し、買いが入りやすい」(住友商事グローバルリサーチの本間隆行・経済部長)との声が聞かれた。

=11/8 日経web

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〔NY非鉄〕 銅、11日続... | トップ | UACJ、中国銅管製造から撤退 »

社会・経済」カテゴリの最新記事