銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

〔ロンドン金属〕 銅、続伸=供給不安続く(21日)

2017年02月22日 | 社会・経済

銅直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで32.00ドル高の6033.50ドル、3カ月物は38.75ドル高の6045.25ドル。カーブ取引終値は10.00ドル安の6060.00ドル。  

非鉄相場はおおむね底堅く推移した。銅は直物、3カ月物がともに続伸。チリの鉱山のストライキや、インドネシア当局と米鉱業大手フリーポート・マクモランの操業許可更新をめぐる対立が続く中、供給不足への懸念から堅調な値動きが続いた。

ニッケルは前日に2カ月ぶりの高値を付けたが、この日は小反落。アルミは底堅く、鉛や亜鉛は小幅続伸。スズは反発した。  

ソシエテ・ジェネラルのアナリスト、ロビン・バー氏は「チリとインドネシアの供給不安が残っているが、全体的には落ち着いている。トランプ政権の経済政策と中国需要への期待感が相場を支えている」と指摘。銅については「(チリの)ストの影響で相場が支えられているが、この問題は数週間のうちに片付くだろう」と述べた。  

▽アルミ=直物は横ばいの1877.75ドル、3カ月物は2.25ドル高の1889.75ドル。カーブ取引終値は14.00ドル安の1886.00ドルだった。  

▽ニッケル=直物は25.00ドル安の1万1017.50ドル、3カ月物は30.00ドル安の1万1062.50ドル。カーブ取引終値は295.00ドル安の1万0855.00ドル。  

▽鉛、その他=鉛の直物は8.75ドル高の2283.50ドル、3カ月物は5.00ドル高の2287.50ドル。カーブ取引終値は45.00ドル安の2265.00ドル。亜鉛の直物は24.25ドル高の2884.50ドル、3カ月物は25.75ドル高の2880.25ドル。カーブ取引終値は9.00ドル安の2875.00ドル。  スズは直物が155.00ドル高の1万9887.50ドル、3カ月物は165.00ドル高の1万9877.50ドル。カーブ取引終値は100.00ドル安の1万9800.00ドル。

=ロイター(ロンドン時事) [時事通信社] 02月22日 06:58 JST

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2/22 海外銅相場 | トップ | 〔NY非鉄〕 銅、反発(2... »

社会・経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL