銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

はんだ生産、6年ぶり増

2017年05月19日 | 社会・経済

経済産業省がこのほど発表した生産動態統計確報によると、2016年度(16年4月~17年3月)のはんだ生産は前年度比5・3%増の1万5123トン、販売は3・1%増の1万5547トン。エレクトロニクス向けの実需は低調ながらも、在庫調整進展が功を奏し、国内生産は6年ぶりに増加した。

年度ベースのはんだ生産は、12年度以来の1万5000トンを回復した。下半期(16年10月~17年3月)が前年同期比8・1%増と大幅に上向いた。特に年度末の3月は前年11・1%増の1418トンで、単月では12年11月以来の高水準だった。

メーカー在庫は1年間を通じて20・2%減少し、3月末在庫は1377トン。これを販売量で割って算出した在庫回転率は前月比0・07ポイント減の0・96カ月となり、7年ぶりに1カ月を下回った。13年のピーク時と比べると約3分の1に圧縮したことになる。

錫を主原料とする導電材料のはんだは、海外ヘセットメーカーの実装拠点シフトが一巡した上に、電子機器・基板の軽薄短小化により使用量が減り、デジタル家電需要に活気がまだあった07年度に比べて5割近く減少した。14~15年から円安による一部国内回帰もあって底打ち気配が出ているが、まだ低水準と言える。

=5/19 日刊産業

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銅建値 66万円 (-2万... | トップ | 銅スクラップ:伸銅向け10%... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL