銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

「銅」需要、今後10年で9倍に EV普及で大幅増の見通し

2017年06月15日 | 社会・経済

国際銅協会(ICA、ニューヨーク)は、電気自動車(EV)の急速な普及によって、銅の需要が2027年に174万トン(17年見通し比約9倍)に増加するとの見通しを発表した。生産に大量の銅を必要とするEVの世界の普及台数が27年に2700万台まで増加するとし、銅需要を押し上げると分析している。EVについては中国やインドで普及のための法制度導入が相次いでいる。

EVは電気モーター内の巻き線や各種の配線に銅を大量に使用する。ICAによると内燃機関の自動車では約23キログラム、ハイブリッド車(HV)では約40キログラム、プラグインハイブリッド車(PHV)は約60キログラムを使用。

EVでは約83キログラム、ハイブリッド式のバスでは約89キログラム、バッテリー駆動のバスでは約224キロ―369キログラムの銅が必要で、最大で1台当たり長さ6キロメートルに達するとしている。

EVの使用に必要な通常の充電器にも約0・7キログラム、急速充電器では最大8キログラムが必要で、周辺インフラの整備でも銅使用量が増加する見通しだ。

EVについては世界最大の自動車市場である中国が完成車メーカーに対して一定量の販売量を割り当てる制度の導入をする予定。

インドでも、30年までに同国内で販売する自動車をすべてEVなどにする方針とされる。

=6/15 日刊工業

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <中国動向と非鉄金属市場>... | トップ | 金属マンガン15%安~ 中国の... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL