銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

LMEアルミ、一時3週間ぶり安値-中国製錬業者の生産増加で

2016年10月20日 | 社会・経済

19日のロンドン金属取引所(LME)のアルミニウム相場は一時、3週間ぶりの安値に下落。中国の供給業者の生産が増加した一方で、同国の工業生産の伸びは市場予想を下回った。

 この日発表の政府のデータによると、9月の中国アルミ製錬業者の生産は275万トンと、1年3カ月ぶりの高水準となった。同国の9月の工業生産は前年同月比6.1%増と、アナリストの予想中央値(6.4%増)を下回る伸び。

 LMEのアルミ相場は一時前日比1.3%安の1トン=1620ドルと、9月26日以来の安値を付けた後、1631.50ドルで終了した。

 LMEでスズは一時2%高。銅とニッケルは下落したが、鉛と亜鉛は上昇した。

 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物12月限は値下がりした。

原題: Aluminum Falls to Three-Week Low as China Churns Out More Metal(抜粋)

=bloomberg  10月20日 07:29 JST

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〔NY非鉄〕 銅、7日続落... | トップ | 中国動向と非鉄金属市場(2... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL