銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

〔ロンドン金属〕 銅、反落=米利上げ後のドル高で(15日)

2017年06月16日 | 社会・経済

銅直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで47.75ドル安の5636.50ドル、3カ月物は50.00ドル安の5666.00ドル。カーブ取引は5661.00~5662.00ドルの気配値で引けた。  

非鉄相場はまちまち。米追加利上げを受けたドル高進行で割高感が強まり、銅とアルミはともに反落した。一方、ニッケルと鉛、亜鉛は続伸。スズは直物が4日続伸、3カ月物は3日ぶりに反落した。  

IGグループのアナリスト、クリス・ボーチャンプ氏は「中国のデータにこれといった良い点がない状況で、銅は上昇の勢いを取り戻すのに苦労している。中国から次の方向性を示唆する材料が出るのを待っている」と指摘した上で、「ここで持ちこたえれば反発もあり得る」と話した。  

▽アルミ=直物は22.50ドル安の1863.75ドル、3カ月物は20.75ドル安の1874.75ドル。カーブ取引終値は10.50ドル安の1872.00ドルだった。  

▽ニッケル=直物は15.00ドル高の8827.50ドル、3カ月物は12.50ドル高の8882.50ドル。カーブ取引終値は90.00ドル安の8850.00ドル。  

▽鉛、その他=鉛の直物は24.25ドル高の2078.25ドル、3カ月物は15.50ドル高の2094.50ドル。カーブ取引終値は13.00ドル高の2092.00ドル。  亜鉛の直物は23.00ドル高の2494.50ドル、3カ月物は22.00ドル高の2513.50ドル。カーブ取引終値は11.00ドル高の2505.00ドル。スズは直物が102.50ドル高の1万9497.50ドル、3カ月物は50.00ドル安の1万9225.00ドル。カーブ取引終値は275.00ドル高の1万9500.00ドル。

=ロイター(ロンドン時事) [時事通信社] 06月16日 07:02 JST

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6/16 海外銅相場 | トップ | 〔NY非鉄〕 銅は続落(1... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL