銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

〔ロンドン金属〕 非鉄、まちまち=地政学リスク懸念(18日)

2017年04月19日 | 社会・経済

銅直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで34.25ドル安の5620.25ドル、3カ月物は36.50ドル安の5649.00ドル。カーブ取引終値は119.00ドル安の5573.00ドル。  

連休明けの非鉄相場はまちまち。前日発表された中国の1~3月期国内総生産(GDP)は2期連続で加速したが、北朝鮮やシリアをめぐる地政学リスクへの懸念が重しとなり、さえない展開が続いた。また、メイ英政権が総選挙実施を発表したことも英政治の先行き不透明感を高め、売りを誘った。  

銅が3営業日続落し、1月上旬以来約3カ月ぶりの安値。ニッケルの直物は4営業日続落し、3カ月物は反落した。鉛も反落。一方、アルミは7営業日ぶりに反発し、スズも反発。亜鉛は直物が6営業日ぶりに反発し、3カ月物が続伸した。  

アッセンド・マーケッツのアナリスト、マイク・ヴァン・ダルケン氏は「中国発のニュースはまだら模様だ」と指摘。「在庫の確保が増えるという期待感は後退した。しかし、中国の1~3月期国内総生産(GDP)は前向きな内容だった。不動産市場に関しては投資家が規制強化の行方を注視しており、まだ精査が必要だ」と述べた。  

▽アルミ=直物は25.50ドル高の1915.25ドル、3カ月物は26.75ドル高の1929.00ドル。カーブ取引終値は18.00ドル安の1892.00ドルだった。  

▽ニッケル=直物は152.50ドル安の9540.00ドル、3カ月物は162.50ドル安の9590.00ドル。カーブ取引終値は440.00ドル安の9310.00ドル。

▽鉛、その他=鉛の直物は71.00ドル安の2184.75ドル、3カ月物は68.50ドル安の2185.00ドル。カーブ取引終値は134.00ドル安の2105.00ドル。  亜鉛の直物は19.25ドル高の2580.50ドル、3カ月物は13.00ドル高の2598.00ドル。カーブ取引終値は99.00ドル安の2525.00ドル。  スズは直物が145.00ドル高の1万9882.50ドル、3カ月物は150.00ドル高の1万9837.50ドル。カーブ取引終値は130.00ドル安の1万9475.00ドル。

=ロイター(ロンドン時事) [時事通信社] 04月19日 07:39 JST

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4/19 海外銅相場 | トップ | 〔NY非鉄〕 銅、反落(1... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL