銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

〔インサイト〕 LME銅、1カ月ぶり安値圏=中国の弱い貿易統計(14日)

2016年10月14日 | 社会・経済

【メルボルン・ロイターES=時事】

欧州時間14日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅先物相場は小幅上昇したが、依然として1カ月ぶり安値付近にとどまっている。

13日に発表された中国の貿易統計が弱い内容だったことが尾を引いている。  ただ、14日に発表された中国の9月の卸売物価指数(PPI)は5年ぶりに上昇。また、消費者物価指数(CPI)も上昇し、貿易統計を受けた懸念が若干和らいだ。  

LME銅3カ月物は0716GMT時点で0.1%高の1トン=4717.50ドル。前日は2.1%下落した。  

上海先物取引所の銅相場は1.3%安の3万7370元。

= [時事通信社]10月14日 16:54 JST

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 供給過剰は終わらない 中国... | トップ | 10月14日(金)のつぶやき »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL