銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

〔ロンドン金属〕 銅、4日ぶり反落=利食い売り(28日)

2017年07月31日 | 社会・経済

銅直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで42.25ドル安の6282.50ドル、3カ月物は41.50ドル安の6313.50ドル。カーブ取引終値は5.00ドル安の6325.00ドル。  

非鉄相場はニッケルなどを除いて反落。ドル安や中国経済への期待感の高まりを受けて銅を中心に上昇基調が続いている中、利益確定の売りや週末の持ち高調整の売りが優勢になった。  

銅とアルミは4日ぶりに反落し、鉛は6営業日ぶりに反落、亜鉛は反落。スズは直物が3日ぶりに反落したが、3カ月物が8営業日続伸した。  

アッセンド・マーケッツのアナリスト、ヘンリー・クロフト氏は銅相場について「銅の上昇は英株式市場に上場する鉱業大手の株価を押し上げている」と指摘した上で、「次の問題はこれがいつまで続くかだ。来週はこれが売りに転じるか、それとも中国の指標を受けて一段高となるか、興味深いところだ」と述べた。  

ニッケルは4日続伸。亜鉛の在庫不足が一服して上値が重くなってきたため、投資家がニッケルに目を向けているもようだ。  

▽アルミ=直物は31.25ドル安の1891.50ドル、3カ月物は31.00ドル安の1912.75ドル。カーブ取引終値は31.00ドル安の1907.00ドルだった。  

▽ニッケル=直物は75.00ドル高の1万0177.50ドル、3カ月物は62.50ドル高の1万0212.50ドル。カーブ取引終値は70.00ドル高の1万0200.00ドル。

▽鉛、その他=鉛の直物は15.75ドル安の2280.50ドル、3カ月物は18.50ドル安の2304.50ドル。カーブ取引終値は12.00ドル高の2320.00ドル。  亜鉛の直物は42.50ドル安の2765.75ドル、3カ月物は42.50ドル安の2768.00ドル。カーブ取引終値は25.00ドル安の2776.00ドル。  スズは直物が40.00ドル安の2万0812.50ドル、3カ月物は35.00ドル高の2万0662.50ドル。カーブ取引終値は55.00ドル安の2万0600.00ドル。

=ロイター(ロンドン時事) [時事通信社] 07月29日 08:41 JST

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7/31 海外銅相場 | トップ | 〔NY非鉄〕 銅、7日ぶり... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL