銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

銅、国際価格が急落 ~中国輸入減で売り膨らむ

2016年10月18日 | 社会・経済

銅の国際価格が急落している。指標となるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物は17日の時間外取引で1トン4680ドル前後と、約1カ月ぶりの安値水準で推移した。中国の輸入減を材料視した投機筋の売りが集中した。

 中国の貿易統計によると、9月の銅輸入量は34万トンで前年同月比約25%減った。昨年2月以来の低水準だ。中国景気の減速による建設需要の停滞に加え「銅の現物取引で利益を得ていた中国のトレーダーの買いが鈍ったのが大幅な輸入減につながった」(LME相場に詳しいオフィスKの多田克己代表取締役)との指摘がある。

 野村証券経済調査部によると、中国の銅と銅合金の輸入量は今年3月には月間50万トンを超えたが、8月は30万トン台まで減った。「中国の実質経済成長率と銅市況は相関したチャートを描く」(野村証券シニアエコノミストの大越龍文氏)という。中国景気の減速が続く限り、投機目的の買いも減って銅相場は低迷するとの見方が多い。

=10/18 日経web

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 銅カソード割増金:6.5%値下... | トップ | <関東故銅> 様子見横ばい... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL