銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

〔インサイト〕 LME銅、反落=中国の需要回復への期待は根強い(2日)

2016年11月02日 | 社会・経済

【シドニー・ロイターES=時事】

欧州時間2日朝方のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は反落した。  ただ、1日に発表された10月の中国の製造業PMI(購買担当者景気指数)が51.2と2014年7月以来の高水準となったことで、同国からの金属需要が回復するとの期待は根強い。  

ナショナル・オーストラリア銀行のアナリスト、エイミー・リー氏は「LME銅は、1日の中国PMIを受けた大幅上昇から反落したが、大きなものではない」と指摘。「中国経済が良好に推移し、金属需要が下支えられるという期待は依然として大きい」と語った。  

LME銅3カ月物は0700GMT時点で0.9%安の1トン=4871ドル。前日は4922ドルと、8月初旬以来の高値まで上昇した。  

上海先物取引所の銅相場は0.1%安の3万8570元。

 [時事通信社] 11月02日 17:04 JST

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豪:Glencore、Mt Isa鉱山の... | トップ | 11月2日(水)のつぶやき »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL