銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

〔ロンドン金属〕 銅、続伸=供給不安で(8日)

2017年02月09日 | 社会・経済

銅直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで63.00ドル高の5864.50ドル、3カ月物は63.00ドル高の5878.50ドル。カーブ取引終値は100.00ドル高の5895.00ドル。  

非鉄相場はおおむね堅調。スズは4営業日続落したが、銅は続伸。チリやインドネシアの鉱山でストなどの影響で減産に追い込まれるとの見通しが発表され、買いが集まった。アルミは小反発し、ニッケルと鉛は3日続伸。亜鉛も続伸した。  

ファスト・マーケッツのアナリスト、ウィリアム・アダムズ氏は「値固めの期間の後、非鉄相場は多少締まり始めたようだ。鉱山でのストの可能性が高まったというニュースが好感され、銅は上伸した」とした上で、「非鉄の取引に関係する(ドルなどの)通貨は依然として各種の発言やイベント、ニュースにかなり影響されやすい状態なので、サプライズで相場が振れる可能性がある」と指摘した。  

▽アルミ=直物は12.25ドル高の1820.75ドル、3カ月物は16.75ドル高の1840.25ドル。カーブ取引終値は最後に値が付いた3日終値比13.50ドル高の1848.50ドルだった。

▽ニッケル=直物は52.50ドル高の1万0437.50ドル、3カ月物は55.00ドル高の1万0487.50ドル。カーブ取引終値は最後に値が付いた6日終値比50.00ドル高の1万0500.00ドル。  

▽鉛、その他=鉛の直物は51.25ドル高の2379.25ドル、3カ月物は51.50ドル高の2374.00ドル。カーブ取引終値は44.00ドル高の2389.00ドル。  亜鉛の直物は51.00ドル高の2825.25ドル、3カ月物は48.00ドル高の2823.00ドル。カーブ取引終値は53.00ドル高の2848.00ドル。  スズは直物が5.00ドル安の1万8757.50ドル、3カ月物は10.00ドル安の1万8755.00ドル。カーブ取引終値は95.00ドル高の1万9025.00ドル。

=ロイター(ロンドン時事) [時事通信社] 02月09日 07:18 JST

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2/9 海外銅相場 | トップ | 〔NY非鉄〕 銅は反発=チ... »

社会・経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL