銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

〔インサイト〕LME銅、下落=値固め局面(28日)

2017年06月28日 | 社会・経済

【メルボルン・ロイターES=時事】

欧州時間28日朝のロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、前日付けた3カ月ぶり高値付近から下落。

ドル安を追い風にした最近の上昇から、値固めの局面に入っている。供給面での引き締まりが相場を下支えた。  

LME銅3カ月物は0557GMT時点で、0.1%安の1トン=5851.50ドル。前日は5868ドルと2カ月半ぶりの高値を付けた。  

キングダム・フューチャーズはリポートで、取引所の在庫が減少しており、ユーロ建ての銅先物は、期近の価格が期先に対して上昇していると指摘。

こうした状況は、供給が細っている兆候だとした上で「銅相場は当面、5500~6000ドルのレンジにとどまるように見えるが、今後の需要の積み上がりと供給の細りを考えると、7~9月期にはレンジの上限が試される可能性もある」とみている。  

上海先物取引所の銅先物は0.5%高の4万6790元(6881ドル)。

 [時事通信社]  06月28日 17:01 JST

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青銅合金地金=6月入札:名古... | トップ | 6月28日(水)のつぶやき »

社会・経済」カテゴリの最新記事