銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

〔ロンドン金属〕 銅、反発=ニッケルは3日続落(10日)

2017年03月13日 | 社会・経済

銅直物はロンドン金属取引所(LME)の公式値ベースで60.25ドル高の5714.25ドル、3カ月物は57.50ドル高の5728.50ドル。カーブ取引終値は42.00ドル高の5732.00ドル。  

非鉄相場はニッケルを除いて反発。前日に急落した反動で買い戻しが優勢になった。米利上げへの警戒感とドル高基調の継続が引き続き相場の上値を抑えたが、米雇用統計発表後のドル下落を眺め、買いが入る場面もあった。

ニッケルは3日続落したが、銅は7営業日ぶりに反発。アルミや鉛、亜鉛、スズも小反発した。  

オアンダのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は銅相場について「ドル高と中国発の若干懸念すべきニュースが相場を圧迫している。需給がらみの話題も弱気な雰囲気を醸成している」と指摘した上で、「近いうちに5400~5500ドル台に下げても驚かない」と述べた。  

▽アルミ=直物は37.50ドル高の1884.25ドル、3カ月物は42.00ドル高の1897.25ドル。カーブ取引終値は12.00ドル高の1880.00ドルだった。  

▽ニッケル=直物は50.00ドル安の1万0025.00ドル、3カ月物は40.00ドル安の1万0065.00ドル。カーブ取引終値は260.00ドル安の9890.00ドル。  

▽鉛、その他=鉛の直物は31.00ドル高の2257.50ドル、3カ月物は34.00ドル高の2262.50ドル。カーブ取引終値は12.00ドル高の2262.50ドル。亜鉛の直物は42.00ドル高の2697.25ドル、3カ月物は47.75ドル高の2712.50ドル。カーブ取引終値は24.00ドル高の2705.00ドル。  スズは直物が75.00ドル高の1万9287.50ドル、3カ月物は75.00ドル高の1万9287.50ドル。カーブ取引終値は95.00ドル高の1万9350.00ドル。

=ロイター(ロンドン時事) [時事通信社] 03月11日 08:38 JST

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3/13 海外銅相場 | トップ | 〔NY非鉄〕 銅、反発(1... »

社会・経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL