銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

2017年、中国の鉛亜鉛産業が抱える課題―12th SMM LEAD & ZINC SUMMIT参加報告―

2017年06月09日 | 社会・経済

はじめに

2017年5月19~20日、中国・昆明にて12th SMM LEAD & ZINC SUMMITが開催された。SMM(Shanhai Metals Market)主催の本カンファレンスには、中国の鉱業・製錬企業、トレーダー、需要家等約500名が参加した。

亜鉛価格は、2016年1月に1,400US$/tを下回る安値を付けて以降、右肩上がりに上昇し、2017年2月には3,000US$/tに迫る高値をつけたものの、2017年5月は概ね2,600US$/t前後で推移している。今回のカンファレンスで注目されたことは、主に「中国経済の成長鈍化」、「中国の産業改革及び環境規制の強化」、「鉛亜鉛鉱石供給動向」についてであった。本稿ではカンファレンスの各発表を紹介しながら、中国の鉛亜鉛産業が直面している課題について考察する。

1.中国経済の動向と鉛亜鉛需要の先行き

2.中国における過剰生産能力淘汰問題

3.中国における環境規制強化の進展について

4.中国の鉛亜鉛需給展望

http://mric.jogmec.go.jp/public/current/17_13.html?from=m

=6/9 JOGMEC カレント・トピックス No.17_13 2017年

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『非鉄金属市況と需給動向』... | トップ | 6月9日(金)のつぶやき »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL