銅相場情報kozuka

~銅相場に関する情報をピックアップ ~

新債券王・ガンドラック氏、近い将来の相場変動を警戒 「米株の売る権利に投資」

2017年08月09日 | 社会・経済

【NQNニューヨーク=古江敦子】米市場で「新債券王」の異名を持つ米ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック最高経営責任者(CEO)は8日、米CNBCテレビに出演し、近い将来に金利の急上昇をきっかけに金融市場の変動性が高まると述べた。「(運用を)リスク回避の方向に切り替えていくべきだ」と指摘、最近になってS&P500種株価指数のプットオプション(売る権利)を買ったという。

 ガンドラック氏は「S&P500は12月までに少なくとも3%下げるだろう」と予想し、それに伴って変動性指数(VIX、通称・恐怖指数)が上昇するとみている。VIXは足元で10を下回る歴史的な低さにあるが、株価が下がれば「VIXは10台にとどまらず、20台に乗る」という。ガンドラック氏はVIXそのものにも投資していると明かした。

 ガンドラック氏によると、銅先物価格を金先物価格で割った値と米10年物国債利回りには相関性があるという。この値は、銅価格の上昇で過去1年で最も高い水準にあり「債券利回りが上昇する兆しで、市場の変動性の起爆剤になる」と主張した。

 7日のブルームバーグ通信のインタビューでは、運用資金をハイ・イールド(低格付け)債や新興国債から引き揚げたことを明らかにしていた。

=8/8 日経web

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国の資源銘柄全体の上昇基... | トップ | チリ:国内投資、銅中心に10... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL