N'DANKA N'DANKA

こずえの遊び日記

晩 秋 函 館 旅  2の4

2014-10-31 | Weblog
大沼湖畔遊歩道の木々も紅葉してました 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩 秋 函 館 旅  2の3

2014-10-31 | Weblog
大沼湖畔遊歩道には、名曲‘千の風になって’の訳詩 作曲した新井満氏の別荘が、大沼にあり、ここで作られた曲だそうです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩 秋 函 館 旅  2の2

2014-10-31 | Weblog
函館駅からバスで40分程で、大沼国定公園に到着 大沼国定公園は、駒ヶ岳の噴火によって、川だったのが堰き止められ、大沼、小沼、ジュンサイ沼が広がる総面積 9083ヘクタールの公園です 126の島々が浮かび、新日本三景の静岡県の美保の松原と九州の那馬渓と並び、選ばれている景勝地です 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩 秋 函 館 旅  2の1

2014-10-31 | Weblog
北海道に入り、木古内〔きこない〕駅から約30分程で、通常の予定時間は14時58分 函館駅へ到着 これから、ツアーのバスに乗り、目的地へ出発
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩 秋 函 館 旅  1の11

2014-10-30 | Weblog
スーパー白鳥の座席には、チケットホルダーがありました 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩 秋 函 館 旅  1の10

2014-10-30 | Weblog
吉岡定点を通過 吉岡海底駅は、2006年8月28日に長期休止となり、2014年3月15日に竜飛海底駅と同じく廃止となり、吉岡定点となりました 通常の北海道入口は14時12分到着予定なので、青函トンネルは本州から北海道入口まで、約30分かかります  青函トンネルの後も、14時16分 第一湯の里トンネル 14時16分 第二湯の里トンネル 14時17分 第一重内トンネル 14時17分 第二重内トンネル 14時19分 第一森越トンネル 14時19分 第二森越トンネル 14時19分 第三森越トンネル 14時19分 第四森越トンネルと沢山のトンネルを抜け、北海道の木古内〔きこない〕駅に通常では、14時20分に到着 同じ車両に乗っていたツアー参加のオバ様は、寝ていて残念がっていました 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩 秋 函 館 旅  1の9

2014-10-30 | Weblog
青函トンネル内での電光文字はこんなイラスト 最深部付近には、通常13時59分頃に通過だそうです 津軽海峡の約100mの下の地中を穿って設けられ、全長 53.85kmの1988年開業以来 交通機関用トンネル世界最長です 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩 秋 函 館 旅  1の8

2014-10-30 | Weblog
竜飛海底には、通常は13時52分に通過みたいですが、少し遅れてますね~ 竜飛と言えば、津軽海峡冬景色の歌の歌詞に竜飛岬という言葉あったな 2013年11月10日の休止まで、竜飛海底駅として、見学を行う列車の駅としてあったが、2014年3月15日に廃止され、竜飛定点となりました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩 秋 函 館 旅  1の7

2014-10-30 | Weblog
10個目の青函トンネルには、13時50分 トンネル入る前に汽笛が鳴るそうですが、トンネル名と電光文字を撮るのに必死で、聞えなかったな~ 青函トンネルに入ったら、文字がスライドするので、上手く撮れなかった 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

晩 秋 函 館 旅  1の6

2014-10-30 | Weblog
座席の時間は、本州入口13時43分とありましたが、行く途中、5分程、待ち合わせ列車の遅れがあり、少しだけ遅れていましたが、新青森 青森 蟹田駅を過ぎると、青函トンネルまで10個のトンネルがあるそうです 写真は、1つめの大平トンネル 13時42分 大平トンネル 13時43分 津軽トンネル 13時48分 大川平トンネル 13時49分 第一今別トンネル 13時49分 第二今別トンネル  13時49分 第一浜名トンネル 13時50分 第二浜名トンネル 13時50分 第三浜名トンネル 13時50分 第四浜名トンネルで9個のトンネルを抜けました 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加