マッタリ (´ー`) 子連れ狼が撃つ!

マッタリな、トイガン&ドライブのブログです♪

86&86(初期型)

2017-04-24 00:06:00 | ∟ドライブ
先週の日曜日は仕事が入ってしまい、二週間ぶりのお休みでした。

モチロン、86でドライブ行ってきましたよン♪

前の晩に、アメダスとにらめっこし、降水量と降水確率の少ないところを
選びました。検討した結果、行き先は西伊豆です!

朝、4時半に起床、5時前に出発しました。日が長くなったので、
5時位ですと、もう暗くはないですね。

6時過ぎには沼津に付いたので、コンビニでモーニングコーヒー&
トイレ休憩です♪

朝からのどかでいいですなぁ~

本当なら、

この先に富士山が見えるハズなのですが・・・

富士山と海を背に西伊豆スカイラインを目指します。
やっぱり朝早い時間は道が空いていて走るのも楽です♪
達磨山あたりで、ちらほら車が停まっており、
超望遠のカメラで何かを撮影していると思ったら、

遅咲きの山桜ですかね?(ちょっとガスってて綺麗に撮れない)

(光学最大ズーム)

このような木が

咲いているのだと思われます。

桜を見ながら、

残りのコーヒーと朝ごはんを頂きます♪

中の具は、あさりがたっぷり♪

ここからは、

土肥峠 → 早見峠 → 仁科峠 と伊豆半島を南下していきます。

ぶひぶひ♪

モチロン、法定速度デス。

アチコチで、桜が咲いておりますね~

今年は河津桜、見に来れなかったので
嬉しいですね。

海から、山を走り、川に来ました。

ん~

やっぱり86はボディのラインが綺麗ですね~

お尻のラインは最高です!

目的地に到着。

しかし、

早く到着してしまったみたいで(8時半頃)

駐車場に車停めにいったら、

なんと!

そこで、

バッタリ86に遭遇!

しかも、同じ初期型の個体です。

初期型はルーフから突き出るアンテナが
シャークフィンタイプではなく、磯野波平さんみたいに
ロッドタイプなので、直ぐに分かります。

実は何年もドライブしてきましたが、こうして偶然に
86と遭遇するのは初めてのことです!
当然、ご挨拶させて頂きましたぁ~。
埼玉ご出身で、今は小田原にいらっしゃる方でした。
こちらの温泉にはよく来られるのだそうです。
私と同じで、アチコチと弄っていない、ノーマルの車体
なので、ほのぼのとお話出来ました。
86を試乗して、よかったので、中古の出玉をいくつか
狙っていたのですが、白いカラーは直ぐに買い手が付いて
しまい、このレッドになったそうです。
ホントの初期型で、車体番号は5千番台です。
(私のは3万番台~)

前にお仕事で愛知に行った時にトヨタのディーラーでオフ会?
イベントをやっていたそうで、その時は仕事だったので車が
86ではなかったのですが、そんな状況でも『どうぞどうぞ!』
とイベントにエントリーさせて頂いて、お食事も参加された
皆さんと楽しんだそうです♪
やっぱり、同じ車に乗っていると、こういう連帯感と言うか
親近感があるのですね。

そんな話をしていたら、温泉の営業時間になりましたので、
入りにいきましたよ~

一番風呂です♪

ちゃんとした施設でもなく、ただただ自然に温泉が湧き出てる
だけなのですが、お湯に浸かり、川のせせらぎを聴きながら、
『ボォ~』と何も考えず、自然に身を任せているのがなんとも
心地よいのです。

少し曇ってきたので、外の気温もちょどよく、湯上りの汗かき
もなく、快適でした。また、GW前なので、混んでいないのも
よかったですね。来週からは、GWが始まり、どこ行っても混み
ますからね~

のんびり温泉にはいり、86の話をしながら、いい時間を過ごせました。
駐車場に戻り、お互い帰路に向かいます。
最後に自己紹介して、お名前をお聞きしましたら、なんと!その方も
お名前がTさんでしたぁ~!
月曜のT館長様のぶひぶひナイトクルーズに始まり、初期型86のTさんで
終わる1週間でした。

帰りは撮影することなく、同じ道を走り、こちら方面に向かってくる車や
バイクは何台もいたのですが、進行方向には全く先導車がおらず、
西伊豆スカイラインをぶひぶひ言わせて帰りました~
帰りの高速の渋滞もなく、お昼の1時前には自宅に戻ってドライブのあとの
ビールを頂きましたっ!(これが最高♪)

本日の走行距離、

385km(走行時間8時間、そのうち入浴1時間)でした~
早めの帰宅で、のんびり昼寝もできたので、本当にイイ休日でした。
86に感謝であります。


ではでは~




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨でもぶひぶひ♪

2017-04-21 00:06:00 | ∟ドライブ
さてさて~

今週はじめの月曜日、全国的にお天気は大荒れでしたね。
でも、そんななか、この日は学校がお休みだったので、
ナイトクルーズに行ってきました~

なんと!
今回は、初の86とのランデブーです♪

(しかも、同じ色♪)

しかし、

中身は別物なので、(SC付きで280馬力!)
ノーマルの私が敵う訳がありませ~ん(汗)

T館長様の軽戦闘機を先頭に、SC付きの86に続き、前の2台に付いて
行きましたよ。スッゴイ土砂降りなのに、さすが、86の半分の
重さしかないT館長様のアルトワークスは、安定してますね。
タイヤのネオバも、ウェットでもその性能を発揮しているようです。
SC付き86は、タイヤがツルツルだったようで、滑りそうな中、
VSCが発動しまくりで走られたようです。
 私の方は、同じように走っておりましたが、VSCが発動したのは、
1回だけでしたね。ポテンザでも街よりのアドレナリンは、水はけも
よく、怖い思いもなかったですね。タイヤを純正のミシュランから
替えたのもありますが、やっぱりリアメンバーにカラーを入れ、リアを
リジッドにした影響が大きいと思いますね。リアの安定感とトラクションの
掛かり具合は、以前にはなかった挙動ですから。
 一方、フロントに付けた86用ではないSTIのパーツであるステアリング
ギアボックスのロングボルトは、ステアリングの遊びが少なくなり
よりシャープになり、センターのドッシリ感も出ましたので、タイトな
コーナーが連続するようなところでは扱いが楽になりました。

こんな感じで、3台でほとんど車の居ない大雨の中をぶひぶひしてました~♪

走り終えたあとは、エネルギー補給ですね!






館長様、いつもありがとうございますっ

今回のナイトクルーズ、

走行距離は、214kmでした~

今度はドライな状態でまた走りたいですね。
(う~ん、いつになるんだろう・・・)


ではでは~

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

BROOKS C13 CAMBIUM

2017-04-17 00:06:00 | 自転車
さてさて、

クラシックに見えるようにハニーブラウンのロード用のサドルを
付けておりましたが、通勤用と考えると、急な雨降りにも対応
しなきゃな、と思い、雨に濡れても大丈夫なサドルにしてみました。

『BROOKS』の

『C13 CAMBIUM』です♪

BROOKSのサドル自体は、一枚革でスポンジなどのクッション材が一切ない
使い込むことで自分のお尻にサドルを馴染ます、革サドルでありますが、
こちらのCAMBIUMシリーズは、そういった慣れの期間をかけずに直ぐに
使える、

天然ゴム製のサドルです。

硬化天然ゴムと、繊維構造の薄い層によって強化された
オーガニックコットンキャンバスで作られ、

柔軟性とブルックス伝統の長期使用を可能にしております。

独特の柔軟性、メンテナンスフリー、防水加工のサドルトップは ライダーに
快適さと使いやすさを提供できるように設計されています。
ハンモックのような構造をしてるので、振動と衝撃を吸収しつつ ライディング時の
快適性はまるでレザーサドルの様なパフォーマンスを生みだします。
また、自然な外観と感触は、編み込まれたオーガニックコットン生地によるものです。
加硫処理されたコットンは雨や汚れ等のあらゆるものから完全に守るために
Brooks Numacを用いて防水加工されています。

C13は、重量は259gと既存のCAMBIUMより約150g軽量に仕上げながら、(個体差で私のは267g)

サドルトップのラバー構造はそのままに。 カーボンレールの恩恵で

ハンモックサドルの特徴である座面のしなりを体感しやすく、
長距離ライドによる微振動からライダーを快適に守ってくれることが
できるサドルです。

と、

こんな感じで、ちょっとクラシックな風合いからは離れてしまったのですが、
オーガニックコットンキャンバスが、自然そざいなので、少しは自転車とのバランスが
保たれてはいるのかな・・・

乗り心地も、クッション材が一切無いにも関わらず、サドルの天然ゴム自体が
お尻を乗せるとたわむので、痛くはありません。割と上面がフラットなので、
今まで乗っていたセライタリアのフライトからの乗り換えでも、違和感はなく
使えております♪


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こちらは10周年♪

2017-04-14 00:06:00 | ∟そに子
さてさて、

昨年、もうとっくに10周年だったのですが、

最近、その10周年の記念出版物を入手したので、

あらためまして、

『そに子、10周年おめでとう!』

この10年で巨乳キャラのフィギュア発売種類数、
堂々の日本一であります!
ゲーセンなどのプライズ品を含めても
100体以上モデルアップされております。

その、元となったイラストなどの写真集(イラスト集?)
とでも言えばいいでしょうか・・・

置き場がないので、最近はフィギュア買ってませんが
書籍ならなんとか収納出来ますし、なんにしろ10周年の
記念ですから、ファンとしては買わなければ・・・

今後もぶひぶひ同盟は、そに子を応援し続けます♪

ぶひぶひ~



ん?

まてよ・・・

と、

言うことは

2007年3月5日、
『ミリブロ』からスタートした、私、子連れのブログも
もう10年経った、と言うことでありますね~♪
ありがとうございます。皆様に支えられてなんとか続けて
居られますよ~

ブログを始めてから、ネット上だけでなく、実際にお会いして
仲良くさせて頂くお仲間も増えましたし、まだお会いした事の
ない方もいらっしゃるのですが、離れていても、気持ちでは
繋がっていると思いますので、そんな皆様に心から感謝致します。

すっかり忘れてたわわ・・・

最初はWAのガバのカスタムがメインでしたが、
シューティングにお誘い頂いて、シューティングにも目覚めましたし、
夢のレースガン製作のため、あじゃさん、てるぱ大臣さん、モデル工房Sさん
はじめ、多くの方のお力を頂きました。
井浦先生との出会いが、エングレーブという、銃器だけではない芸術
としてのGUNの楽しさへ昇華させて頂きましたし、T館長様のボクスターに
乗せて頂いてなければ、今でも私は86には乗っていないでしょう。
全ての方との出会いが、新しい刺激や発見に繋がり、趣味という枠組みを
越えて、私の人生を豊かにして下さいました。
本当にありがとうございます!
至らないワタクシですが、今後ともよろしくお願い致します。





コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

86ドライブシャフト インボード オーバーホール

2017-04-10 00:06:00 | ∟86
さてさて、

2017年4月6日、86は5周年を迎えました。
(パチパチっ)

うちの86も、先日走行距離4万kmを超えました~♪

購入当初から、『半年で5000km(一年で1万km)』を
目標にしてきて、車検までの3年は、週末のドライブだけの使用で
よくもまぁ、一年で1万kmを達成して来たと思いますよ。
だって、日曜日しかお休みないので、大体、月に4~5回しか乗らない
って事ですからね。しかも、雨の日は乗らないし・・・

でも、朝早くにドライブに出発すると、だいたい300~400kmは
乗ってましたから、それくらいの回数でもキロ数行ったのでしょうね。

昨年から、夜間学校が始まり、めっきりドライブに行く回数も減ってしまった
のですが、それとは逆に、今は通勤で86を使っているので、反対に
キロ数は伸びているのかな・・・?
そんな感じで、ドライブには行ってないのに、4万km達成です。
車自体はほとんどノーマルで弄ってないのですが、その分、メンテナンスには
お金をかけたいと思っておりますよ。なので、油脂系に気を使っております。

本日の横浜のお天気は生憎の雨模様だったので、ドライブには行けず、
そんな時は愛車のメンテナンスですかね♪

今回は、こちらのオーバーホールを行いました。

そうです、ドライブシャフトです。
サーキット走行などで酷使されいてる86のドライブシャフトのインボード
(デフ側)は、摩耗がひどくなると最悪、

内部のケージがこんな事態に!

こうなる前に、今まで開けたことのなかったドライブシャフトをバラします。

ブーツの根元が滲んでいるのは、何かが漏れているのか
それともこの日のお天気の雨のせいなのか。

ブーツを御開帳♪

左側、


右側、

もっと液状化したグリスを想像してましたが、思ったより
粘度はありました。が、しかし、グリスが分離?して白っぽくつぶつぶ状に
なっていたり、塊になっているところがありました。

初期のA型ですが、B型への移行前の個体なので、初期モデルよりは粘度のある
グリスだったのでしょうかね?初期モデルは最安で200万を切るグレードも
あったので、こういった見えないところでコストダウンの影響があったのかも
しれません。

気になるインナーの状態はどうでしょうか?

フレーキングと呼ばれるキズ(剥離)は、

うっすらとかしか確認出来ません。
しかし、前進側の方が擦れた跡が大きいのでインナーの左右を入れ替えて頂き
寿命をさらに伸ばして頂きます。
通常の市街地の走行、週一の峠のドライブ4万kmの86のドライブシャフトの
インボードはこんな感じの状態、という事になりますかね?

ちなみに、サーキット走行などで、キズ(剥離)がひどくなると

こんな風にはっきりとキズになったり、

ケース内側もえぐれたようになってしまいます。
ここまで来ると、ベアリングの限界です。

ケース、インナー、ケージ、ベアリングを洗浄して頂いたあと、

メーカー純正の安いグリスではなく、ワコーズのグリスを注入♪

ベアリングを組み込んでも、

落ちてきたりしませんよ~!
さすが、モリブデンたっぷりのワコーズの高性能なグリスですね。

安心しました。フレーキングの状態も薄いですし、左右の入れ替えと
高粘度のグリスで、これからも安心してコーナーをぶひぶひ、もとい、
ぶいぶい言わせられますね(笑)

ではでは~
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加