自由気ままに・そば打ち日記

西日本のそば打ちグループ、公民館そば打ち講座、そば打ち段位認定会等での活動状況、その他そばに関する話題を紹介

備前焼まつり & 蕎麦

2016-10-16 22:55:49 | そば打ち
  ↓↓↓ クリックをお願いしま~す♪♪♪ (ブログランキングに参加しています)
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへにほんブログ村

本日のブログランキング順位

午前8時に自宅を出発し、鴨方ICから山陽道を走行し和気ICを降り、374号線を伊部市街方向に向かい、備前署手前の無料駐車場に車を止め、「備前焼まつり」の会場まで徒歩で向かった。JR赤穂線伊部駅の「備前焼まつり」のメイン会場には、「備前焼まつり」のエアロアーチがあり、沢山のお客さんが備前焼を品定めしていた。


備前焼本通りの両側には、備前焼が所狭しと展示されており、有名な陶芸作家のお店に入ると、手の届かない何十万の値札を眺めるだけである。折角「備前焼まつり」に来たので、手頃な値段の冷酒徳利があったので1個購入した。


暫く備前焼を眺めながら歩いていると、手打ちそばの幟が見えたので細い路地を進むと、窯元の器で新蕎麦をどうぞと書かれたポスターが貼ってあった。手打ちそばの販売はNPO法人「備前三たて会」が行っており、場所は一陽窯の店舗の奥にある建屋を使用し、1階の部屋でそば打ちを行っており、2階が厨房と客室となっている。


NPO法人「備前三たて会」の清水さんとは、何年振りかにお会いしたので暫くお話をし、11時開店とのことなので再び備前焼本通りを散策し、10時30分頃に手打ちそば出店場所に帰ったところ、20名以上のお客さんが列を成しており、慌てて最後尾に並んだ。順番が来て案内された客室は、階段が一人がやっと通れる狭さであるが、客室は30名程が席に付けるようになっている。メニューは“おろしそば”一品のみなので、2枚を注文して渡された番号札は、23番、24番であったが、10分ほどで運ばれてきた。備前焼の大皿に綺麗な新そばが盛られ、大根おろし、カイワレ、揚げそばがトッピングされており、美味しく頂いた。





  ↓↓↓ ブログランキングに参加しています。クリックをお願いしま~す♪♪♪
にほんブログ村 グルメブログ そば・うどんへにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笠岡市中央公民館手打ちそば(... | トップ | 今日の昼そば »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む