住職日記

光善寺の住職ken-shinが、光善寺での日ぐらしや思いを気ままに綴ります。

痛みを知る

2013-07-31 09:58:51 | 日記
このたびの豪雨で山陰地方もたくさんの方が被害にあわれました。
心より見舞申し上げます。
島根!ということで、たくさんの方からお見舞をいただいたのですが、私が住んでいるところはそうでもありませんでした。
それよりも、いち早くお見舞の連絡をいただいたのが、南三陸と南相馬に住んでおられる方でした。
痛みを知っておられる方は、人に対しても優しいのだなと思いました。

人の痛みを知るって、なかなかできないですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分の立ち位置

2013-07-23 00:39:21 | 日記
今日は山陰教区少年連盟の理事会がありました。
明日は山陰教区青年布教使研修会。
明後日は江津組の三役会と青年布教使有志による全国大会の反省会。
その次の日は波積地区の行事に参加。
もちろんその間には光善寺の法務や寺務もあります。
自分のキャパシティはいっぱいなのですが、なんとか皆さんに助けられながらやっています。
マンガ「宇宙兄弟」に、宇宙飛行士としての必要な能力は、たくさんのタスクを同時に処理する能力である、みたいなことが出てきましたが、自分の立ち位置を見失うことなく、取り組んでいるつもりです。そこがまた大事かなと。
40代ですから、全てのことを肥やしにしたいと思ってます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

刺激を受ける

2013-07-21 23:47:17 | 日記
今日は打ち合わせのため、広島で木下明水さんという方にお会いしてきました。
この木下さん、現在は熊本県八代市の浄土真宗のお寺の副住職をされているのですが、帰山されるまでは芸能界でお笑いや俳優、放送作家、ラジオDJなどマルチな活動をされていた方です。そして、帰山されてからは仏法に染まる毎日。お聴聞や教学(浄土真宗の学問)を積まれ、阿弥陀さま大好き!な方です。
来る10月に、山陰教区で木下先生を迎えて45歳までの青年布教使さんの研修会をします。布教使が何を考え、どう行動し、何を大切にするのかをみんなで話しながら考えようというものです。
木下さんの貴重な経験を通して、私たちが刺激を受けられればと思っています。
そして木下さんから受ける刺激とは、阿弥陀さまのはたらきを伝えるということを、伝統を革新の両面から考えることができることに通じるのではと今から楽しみしているのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つながり

2013-07-17 06:25:40 | 日記
昨日は大田市のM寺さまにお取り次ぎにお参りしました。
このM寺さまは、光善寺の3代前の住職(曾祖父)と4代前の住職(高祖父)が生まれたお寺です。このお2人は伯父と甥、つまり、私個人のルーツということです。お取り次ぎが終わってからご住職とM寺さまのことをいろいろ話していただき、あらためて繋がりというものを感じました。
ありきたりなことを言うと、このM寺さまがなければ私は存在しなかったというわけで、まさにいのちの元といっても過言ではありません。
それぞれのご住職方が、それぞれの時代にあがいて下さったおかげが今あるのです。
私の存在やあがきが未来につながっていると思うと、俄然またやる気が出てきました。

画像はM寺さまの客殿から見える風景です。風が爽やかでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宣教会法座・ふだん着法話会をお勤めしました。

2013-07-15 09:51:20 | 日記
去る13日、宣教会法座とふだん着法話会をお勤めしました。
午後、大田市西楽寺小笠原一道師をご講師に宣教会法座のおつとめ。15名の方のお参りでした。
身振り手ぶりの熱いお話でした。




夜は、宇和島市徳正寺徳平亜紀師をお迎えしてのふだん着法話会。4名のお参りでした。徳平先生はパワーポイントを使ったご法話で、楽しくお聴聞いたしました。




次回のご法座は盆法座で、9月2日の午後1時30分からです。どうぞお参りください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加