住職日記

光善寺の住職ken-shinが、光善寺での日ぐらしや思いを気ままに綴ります。

押し迫ってまいりました。

2012-12-31 21:07:41 | 日記
もう数時間で2012年も終わりです。
いつものように1日が過ぎるだけといえばそれまでですが、やはり特別なものがあります。
もう数時間で終わる2012年を振り返ってみると、やり残したことや、やり足りなかったことばかりで悔いが残ります。
おそらく来年の今頃も同じような思いになっているのでしょうが、結局、それでいいのかもしれません。お念仏の教えを広めるということは、やってもやってもきりがないからです。

それでも気持ちを新たにして、2013年に向かいたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

念願のメリシャカを見た

2012-12-23 00:52:15 | 日記
念願のメリシャカというイベントに行ってきました。
メリシャカとはメリークリスマスに対しての言葉です。
ライブやトークなど、盛りだくさんの内容でした。会場は満員で、どうも普段仏教のご縁の薄い若い方々がたくさんしているようでした。毎年この時期に開催されていて、一度見てみたいイベントでした。
見た感想。
これだけの人を集めるのは正直すごい。ネットをはじめ、全国にいるスタッフが熱い思いを持って取り組んでいるからだろうなあと思います。そして、特に若い方の目を仏教に向けるというコンテンツ。
若いスタッフの熱というだけではなく、仏法を伝える方法をじっくり考え、実践しているのがこのイベントだと思いました。

この刺激を受け、私が考えている仏法を伝える方法も、少しずつ形にしていこうと考えています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神楽で考えた

2012-12-20 01:49:42 | 日記
今日はある勉強会の忘年会が浜田駅前の「神楽」でありました。
私は初めて行ったのですが、店名のごとく店内は神楽一色です。従業員のHさんが益田市の某神楽団に所属しておられるそうで、神楽が大好き!っていう思いが詰まったレイアウトでした。
そして、また神楽について熱く語るHさん。
全てにおいて神楽が大好きオーラが出ていました。神楽が好きって言う熱い思いが行動に変わっているのでしょう。
総じて神楽に入れ込んでいる方々は熱い人が多い。そしてその熱い思いを行動に移してらっしゃる方が多いと感じます。

私ももっと、

阿弥陀さま大好き!
お念仏大好き!
ご法義最高!

という思いを出していって、それを教化活動に移していくということが必要なのかなあと考えました。
そういう思いから、新たなる私の行動や、お寺づくりというものが見えてくるのかもしれません。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

住職は入院患者

2012-12-17 17:49:34 | 日記
先日あるお坊さんの友人にだいたい2年ぶりに会いました。
「久しぶりだね~。元気だった?」
と聞くと、彼は明るく
「いやあ、去年ガンになっちゃって、手術したんだよ~」
とあたかも風邪をひいちゃったよ~くらいな感じで言いました。突然でびっくりして、大丈夫?と問うと、取りあえずは取ったから大丈夫とのこと。
ホッとした後、彼が言いました。
「坊さんとして無常を話してたんだけど、結局一番気づいてなかったのは俺なんだよね」
坊さんが一番気づいてないかもね~、と彼と話して別れました。

「住職は入院患者」
ということばを聞いたことがあります。
ほっておかれたら一番仏法から遠ざかってる私であるからから、お寺に住まわせていただいているのかな、そんなことを思いました。
そうでない方ももちろんいらっしゃると思いますが、私は入院患者かなと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人も子どももお寺に来るには…

2012-12-08 20:55:52 | 日記


今日の午後からは、江津組仏教婦人会連盟主催の若婦人会研修会と、子ども成道会が開催されました。
なるべく若い方にご縁に遇っていただくために、親子連れで参加できるよう子どものつどいを併修しました。

大人と子供の開会式の後、大人と子どもと別れて活動を開始しました。
大人は本堂でお聴聞。江津組の浄妙寺嘉戸慎吾先生から「仏教と笑顔」と題してお話をいただきました。
その間子どもは別室に移動してケーキ作りです。クリームを塗ったり果物をのせたりしてデコレーションします。
そして休憩時間に子どもたちが作ったケーキをみんなでいただきました。







次は、江津組内のお寺の坊守さんを講師にみんなそろって消しゴム版画づくりをしました。
オリジナルの消しゴム版画が出来て喜んでいました。





人数は少なかったですが、子ども達も若い方たちも仏さまのご縁に遇えた、よい会だったと思います。
どの年代もお寺を身近に感じていただける、そんな会を試行錯誤しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加